H E A D  L I N E    -    まとめちゃんねる    2chnavi    まとめの杜    ブーンアンテナ  
ス ポ ン サ ー ド リ ン ク
--/--/-- --:--(--)   スポンサー広告   コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/03/14 17:51(月)   ニュー速VIP   コメント(9)

 さぁ漆黒の闇に差す一縷の希望に火を灯そうではないかスレ



【次記事】
コッペパン 
マミ「終焉のティロ・フィナーレ」 マミ「終焉のティロ・フィナーレ」 感じるパン速報

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:18:13.77 ID:LENJAqYd0


ドカーン!

マミ「やった!魔女を倒したわよQB!」

QB「うん、けど今のはなんだい?」

マミ「なにが?」

QB「なにか叫んでたじゃないか」

マミ「あぁ、あれは必殺技の名前よ」

QB「え?」

マミ「え?」









5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:20:31.40 ID:bFyt22MvO


期待

でもマミさんをいじめないであげて




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:22:37.06 ID:G19rMaRn0


ほんと技名叫んだの
マミさんだけだったなw
いってええええwww




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:22:52.77 ID:LENJAqYd0


QB「技名……?」

マミ「えぇ…だって普通魔法少女って言ったらそれぐらいするでしょ?」

QB(おかしいな…技名を叫ぶ魔法少女なんて今まで会ったことがないよ。前代未聞だよ、マミ)

マミ「変かしら…?」

QB「いや、それで君のモチベーションが上がるのなら僕は良いと思うよ」

マミ「そうよね!やっぱり技名は必要よね!」






11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:24:11.39 ID:5TFBSwrkO


ほら厨二病の時期なんで…あ先輩でしたか




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:27:22.38 ID:LENJAqYd0


マミ「実は昨日からずっと考えてたの。ほら、ノート見て」

QB「すごいね、なんだいこの文字の羅列は」

マミ「私が考えた必殺技集よ。授業中や休み時間にこそこそ書いてたの」

QB「そうなんだ、君は意外と暇なんだね」

マミ「他にはこんな候補もあったのよ」

マミ「サザンクロス・レインボー!」

ドカーン!

QB「さっきのフィロ・フィナーレと変わらないじゃないか」

マミ「フィロじゃなくてティロよ。ティロ・フィナーレ」





17 名前: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 []:2011/03/06(日) 23:29:29.62 ID:dvCn+i8q0


>>16
くそ!思わす家族の前で吹いちまったじゃねぇか!





18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:30:36.04 ID:LENJAqYd0


マミ「あとはこんあのもあるわよ」

マミ「アルティメット・ヘブンズドア!」

ドカーン!

マミ「デッド・オブ・パラダイス!」

ドカーン!

マミ「ブラッディマリー!」

ドカーン!

マミ「マミ・スペシャル!」

ドカーン!

QB「もう分かったよマミ、君のネーミングセンスには脱帽させられたよ」

マミ「ふふ、ありがとうQB」





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:35:34.48 ID:LENJAqYd0


マミ宅

マミ「ふぅ…今日もお疲れ様、私。ご褒美に紅茶とケーキよ♪」

QB「相変わらずケーキと紅茶が好きなんだね、君は」

マミ「だって乙女の栄養源ですもの♪」

QB「そうか…それで体力が回復するのならいいんだ」

QB「ところでマミ、ちょっと話があるんだけどいいかな?」

マミ「なにかしら?」

QB「実は新たに魔法少女候補の子を見つけたんだよ。それも二人も」

マミ「!?」





22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:38:56.90 ID:LENJAqYd0


QB「しかもそれは君と同じ中学に通っているんだ」

マミ「ほ、本当なのQB!?」

QB「あぁ、間違いないよ」

マミ「……それで、どうするつもり?」

QB「もちろん契約して魔法少女になってもらうつもりだよ」

マミ「そう……」

QB「とにかく明日接触するつもりだ。君も手伝ってくれるかい?」

マミ「えぇ、分かったわ」





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:40:45.87 ID:qI6oT9EI0


QBがむかつかない




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:44:54.06 ID:61v2amyO0


>>23
QBがムカつかないなんてことはあり得ない。たとえどんな状況だってな。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:43:01.11 ID:LENJAqYd0


翌日

まどか「今日も良い天気だねー」

さやか「帰りはどこよって行く?」





マミ「あの子たちが?」

QB「そうだよ」

マミ「……」

QB「とりあえず放課後になったら彼女たちに接触しよう。マミはそれまで普通に過ごしていてくれ」

マミ「分かったわ」





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:45:13.03 ID:LENJAqYd0


授業中

マミ「……」

マミ(新しい魔法少女…彼女たちが……)

マミ(もしこの事実を彼女たちが知ったらどう思うんでしょうね……)

マミ(とにかく、放課後まで待つしかないわ…)

マミ(今は新しい必殺技開発に専念しましょう)





28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:49:24.13 ID:LENJAqYd0


放課後

マミ(よし、放課後になったし早速…)

「あっ、巴さーん」

マミ「!?」

「巴さんって、放課後ヒマ?」

マミ「ぇっ…ぁ…ぇと……」

マミ(ク、クラスメイトに話しかけられた…今までそんなことなかったのに…!?)

マミ(まさか遊びのお誘い!?)

「ねぇ、ヒマなの?」

マミ「ぇっと…ヒマなような……ヒマじゃないような…」

「じゃあヒマなんだね」

マミ「…ぅ、うん」ドキドキ

「なら私の代わりに掃除やってきてよ」

マミ「……え?」





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:51:27.59 ID:WHgzuaEo0


( ^ω^)…




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:53:02.07 ID:LENJAqYd0


QB(大変だマミ!予想外のことが起きたよ!)

ほむら「まちなさい!」

QB(とにかく助けにきてくれ!マミ!)

ほむら「覚悟して、もう逃がさないわよ!」

QB(マミ?どうしたんだい!返事をしてくれマミ!!)

ほむら「はっ!」

ドカーン!

QB「うわっ!?」

ほむら「もうここまでのようね」

QB「うぅ……」

QB(一体どうしたんだ…マミになにが……)





36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:57:02.87 ID:LENJAqYd0


マミ「……」サッサッ

マミ「……」

マミ「ディアボロ…アタック……」ブツブツ

マミ「ディアボロ…クラッシュ……」ブツブツ

マミ「うーん…いまいちね」

マミ「……」サッサッ

マミ「先生、掃除終わりました」

「はい、ご苦労様。もう帰っていいよ」

マミ「さようなら」

マミ「……あっ、QB」





37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:57:08.21 ID:9LXe5fsk0


マミさんいじめんな




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/06(日) 23:59:14.41 ID:LENJAqYd0


ほむら「ここまでのようね」

QB「くぅ…っ」

QB(こうなったら……)

QB(助けてくれまどか!)

まどか「そこでなにをしてるの!?」

QB「まどか!来るの早いね!」

ほむら「!?」

まどか「ほむらちゃん、一体なにを…」

さやか「なにこれ、どうなってるの?」





39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:02:39.20 ID:Q6j3PQkR0


まどか「だめだよほむらちゃん、こんなことしちゃ…」

ほむら「あなたには関係ないわ、そこをどきなさい」

まどか「っ……」

さやか「にげるよまどか!」グイッ

まどか「さやかちゃん!」

さやか「早く!」

まどか「う、うん」ダダダッ

ほむら「くっ、逃がさな…」

ほむら「!?」

ほむら(しまった、使い魔がこんなところに!)






41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:05:47.53 ID:Q6j3PQkR0


まどか「はぁ、はぁ…」

さやか「なんとか逃げ切れたね。ていうかなんなのアイツ」

まどか「分からない……それより、ここはどこ?」

さやか「あれ?なにこの変な空間……」

使い魔「きぃー!」

まどか「!?」

さやか「な、なにこれ!!」

QB「こいつらは使い魔だ」

さやか「うわ、喋った!?」

QB「こいつらを倒せるのは魔法少女しかいない。さぁ、僕と契約を」

マミ「それには及ばないわ」





42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:08:41.32 ID:Q6j3PQkR0


さやか「だれ!?」

QB「マミ…ようやく来てくれたんだね」

QB(なんてタイミングだ……)

マミ「ごめんねQB、ちょっと野暮用があって」

マミ「でも私が来たからにはもう大丈夫よ!さぁ、二人は私の後ろに下がって!」

まどか「は、はい!」

マミ「いくわよ使い魔、覚悟しなさい!」

マミ「メタモルフォーゼ!」





52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:22:58.84 ID:IBJ6lRu10


メタモルフォーゼwwwwwwwwwくっそwwwwwwww



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:16:04.90 ID:Q6j3PQkR0


さやか「うわ、まぶしい光が!!」

マミ「光の使者、魔法少女マミ!」

まどか「変身した!?」

使い魔「きぃー」

マミ「すぐに終わらせてあげるわ、使い魔!」

マミ「出てきて!エターナルスナイパー!」

さやか「銃がでた!?」

マミ「これで終わりにしてあげる」

マミ「エクストリーム・ファイナルブレイカー!!」

ドカーン!!

まどか「す、すごい…」

マミ「ふぅ、一件落着っと」





48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:19:01.98 ID:Q6j3PQkR0


QB「結局昨日の技と同じだったね」

マミ「違うわQB、気合が違うの」

まどか「あ、あの…」

マミ「ごめんなさい、自己紹介が遅れたわね」

マミ「私は巴マミ。人類の平和を守る愛の戦士、魔法少女マミよ」

さやか「ま、魔法少女……?」

マミ「詳しいことは私の家で話すわ。着いてきて」





53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:24:55.90 ID:Q6j3PQkR0


マミ宅

まどか「魔法少女…ほんとうにいるんだ」

マミ「えぇ、あなた達もさっきの戦闘を見たでしょ?」

さやか「そ、そうですけど……」

マミ「あれがこの世の真実よ。この世界は魔女という恐ろしい怪物に狙われているの」

まどか「さっきの怪物が魔女なんですか?」

マミ「いいえ、あれは使い魔。ザコ戦闘員みたいなものよ」

マミ「あの使い魔を操ってる魔女がどこかにいるはずよ」

まどか「そんな…私たちの知らないところでそんなことが起きているなんて……」

マミ「世界って残酷よね…でも、だからこそ美しいんだわ」

さやか「は?」





54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:26:15.04 ID:luuRKzoo0


は?




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:30:23.49 ID:Q6j3PQkR0


まどか「そ、そういえばこの白い生き物は何なんですか?」

QB「僕の名前はQB」

マミ「私はこのQBと契約して魔法少女になったの」

まどか「契約?」

QB「そうだよ。僕と契約して魔法少女になればどんな願いも一つだけ叶えられるんだよ」

さやか「ほんとに!?」

マミ「その代わりに魔法少女になって戦う使命を背負わなきゃいけないの」

まどか「戦うって…さっきのマミさんみたいにですか?」

マミ「ええ、そうよ」





63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:37:38.80 ID:Q6j3PQkR0


マミ「魔女との戦いは常に死と隣り合わせの危険な舞踏会なの。下手したら死んでしまうこともあるわ」

マミ「だから契約は慎重にね」

QB「僕としては早く契約してくれると嬉しいんだけどね」

まどか「……」

さやか「……」

マミ「こわい?」

まどか「え?」

マミ「そうよね、気持は分かるわ。私もこのデスゲームに初めて参加したときは体が震えて動けなかった」

マミ「けど返り血を浴び、魔女たちが次々と倒れていくうちに……だんだんと恐怖を感じなくなってしまったわ」

マミ「その時、『あぁ・・・これがモノ殺すことなんだ』って理解したの」

まどか「はぁ…」

マミ「あの日以来、私は感情を失ってしまった」

さやか「感情がないんですか?」

マミ「えぇ、ないわ」






64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:39:58.57 ID:y1DRe9En0


邪気眼www




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:40:01.31 ID:xg9bysDi0


マミさん完全に厨二病じゃねーかwww




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:44:19.06 ID:Q6j3PQkR0


まどか「そんな…マミさん、そんなの悲しすぎますよ」

マミ「だから、できればあなた達には血で染まった茨の道を歩んで欲しくないの」

QB(マミ…よけいなことを言わないでくれるかな)

マミ「闘うのは…業を背負うのは私一人でいい」

まどか「で、でも一人で戦うなんて危険すぎますよ!」

QB「その通りだまどか!マミ、君一人じゃ荷が重過ぎるだろ?」

マミ「そんなことない!私は一人でも…」

QB「でも、これからの戦いには…」

マミ「そんなことないって言ってるでしょ!!」

さやか「あ、怒った」





69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/07(月) 00:46:29.13 ID:jAPtVuux0


志貴まで…。ネタ混ぜすぎ。もっとやれ




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:50:04.02 ID:Q6j3PQkR0


マミ「……とにかく、あなた達一般人には関係のないことなの。もう帰りなさい」

さやか(マミさんが私たちをつれてきたんじゃ…)

まどか「でも…私…」

マミ「鹿目さん?」

まどか「私…マミさんを一人にさせることなんてできません!」

マミ「!?」ドキッ

まどか「だって、マミさんはずっと一人で私たちのために戦って……それでこれからもずっと一人なんて……」

まどか「そんなのダメですよ!悲しすぎます!」

QB「えらいまどか!よく言った!」





73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:53:54.36 ID:Q6j3PQkR0


まどか「だから…私もマミさんと一緒に…」

マミ「……」ブルブル

まどか「マミさん…?」

マミ(あわ…あわわっ……)

マミ(なにこの子……かわいい…!?)ドキドキ

まどか「あの、マミさん…?」

マミ「あ、ごめんなさい。ちょっとインターフェースと通信していて…」

まどか「?」

さやか「よし、まどかもやるのなら私もやるよ!魔法少女!」





76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 00:58:21.05 ID:Q6j3PQkR0


マミ「だ、ダメよ…二人に危険なことなんて……」

まどか「私、マミさんをひとりにさせたくないんです!」

マミ「!?」ドキッ

まどか「お願いです、私も仲間に入れてください!」

さやか「ください!」

QB「やれやれ、ここまで頼まれちゃったらしかたないねマミ」

QB「さぁ二人とも、とりあえず僕に願いを…」

マミ「まってQB」

QB「え?」

マミ「この件はまだ保留にしておいてちょうだい」





78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:02:45.53 ID:XpRZ4qKa0


マミが痛々しくて見てられないwww




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:05:49.88 ID:Q6j3PQkR0


まどか「ど、どうしてですか?」

QB「そうだよマミ、二人はマミのことを想って……」

マミ「あなた達はまだ魔法少女のなんたるかを理解してないわ」

マミ「それをせずに契約するなんて認めるわけにはいかない」

QB「なに勝手なことを言ってるんだマミ!」

マミ「とりあえず、しばらくは私の仕事に付き合ってみない?」

まどか「え?」

マミ「戦場の風を肌で直に感じるの。そうすればこの闘いの心理が見えてくるわ」

さやか「体験入学みたいなものですか?」

マミ「そうよ、その方があなたちにも良いと思うわ」

まどか「分かりました、マミさんがそう言うのなら」

マミ「ありがとう、鹿目さん」

QB(やれやれ……)





84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:11:57.93 ID:dPkYs7bb0


いい仕上がり具合のマミさんwww




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:12:08.00 ID:Q6j3PQkR0




QB「まったく、いったい何を考えているんだマミ」

QB「せっかく心強い仲間ができるところだったのに」

マミ「QB、私は弱くなってしまったわ」

QB「え?」

マミ「愛を知ってしまった私は…弱くなったの。もう昔の私には戻れない」

QB「いつも思ってることなんだけど、君は変だよ。まったく思考が読めない」

マミ「QB、もうちょっと待ってちょうだい。今は時期が早いわ」

QB「はぁ…わかったよ」

マミ「もう寝たほうがいいわよQB。今日は疲れたでしょ?」

QB「マミは寝ないのかい?」

マミ「私は宿題があるから」

QB「そうか、分かったよ。おやすみ」





87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:18:40.32 ID:Q6j3PQkR0


マミ「はぁ…」

マミ(――鹿目まどか、さっきからあの子の顔が頭から離れない)

マミ(こんな感覚は初めて。これが恋だというの?)

マミ(あぁ、なんてことなの。後輩の、しかも同性の子に恋心を抱くなんて)

マミ(禁じられた果実――わたしはその一口目をかじろうとしている)

マミ(まどかさん、あなたはこんな私のことをどう想うのかしら?)

マミ(私は――)

マミ(……よし、今日の秘密日記はここまでにしましょう)

マミ(あとは二人を驚かせる新必殺技を考えないと)

マミ(流石に今までと同じじゃつまらないわよね……)

マミ「うーん……」





89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:20:28.40 ID:dPkYs7bb0


秘密日記wwwww




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:24:12.08 ID:Q6j3PQkR0


翌日

まどか「おまたせしました、マミさん」

さやか「おまたせ!」

マミ「遅かったわね、二人とも。さて、死線を潜る準備はできたかしら?」

まどか「あのぅ……マミさん」

マミ「なに?」

まどか「目の隈すごいですよ。大丈夫ですか?」

マミ「えぇ、昨日の深夜も魔女と闘っていたから」

さやか「深夜にですか!?」

QB(初耳だよ)

マミ「まぁ大したことなかったわ、二秒で倒せたし」

まどか「すごいなー、マミさんすごいなー」





92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:24:38.41 ID:cSM7CGdt0


痛すぎてこんなのに付き合わされるQBにちょっと同情しかけるわwww




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:31:07.34 ID:sxbJwBx00


ミサワ化しとるwww




97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:33:44.07 ID:Q6j3PQkR0


マミ「ところで、ちゃんと準備はしてきた?」

さやか「はい、私はバット持ってきました。武器になると思って」

マミ「はぁ…まぁいいわ」

まどか「私は…こんなの考えてきました。コスチュームです」

さやか「ぷっ…あははは!なにそれ!」

まどか「え?変かな…」

さやか「変だって。ねー、マミさん」

マミ「美樹さん、笑ってる場合じゃないわよ」

さやか「え?」

マミ「私たちはもうこの世と冥界の狭間に立っているの。それを自覚しなさい」

さやか「は、はぁ…?」

マミ「鹿目さん。あなたが考えた魔神装甲、とても素敵よ」

まどか「あ、ありがとうございます」





99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:37:16.93 ID:OZiAjK1T0


魔神装甲wwwwwwwwwwwwwww




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:41:09.58 ID:lwYLwlJV0


こんなのマミさんじゃない




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:43:11.26 ID:Q6j3PQkR0


マミ「さて――それじゃあ狩りを始めましょうか」

まどか「あの、マミさん。一つ聞きたいことがあるんですけど」

マミ「なに?」

まどか「ほむらちゃんのことです。ほむらちゃんも魔法少女なんですか?」

マミ「ほむら?」

QB「そういえばマミには説明がまだだったね。この街にはもう一人魔法少女がいたんだ。それも僕を狙ってくる魔法少女がね」

さやか「なんでQBを狙うの?」

QB「おそらくこれ以上魔法少女が増えるのを阻止して、手柄を横取りするつもりだよ」

マミ「そう…そんな子が」

QB「もし彼女が現れたら気をつけるんだよ。彼女は強い」

マミ「けど、この街で二番目に…ね」

QB「え?」

マミ「この街で一番強いのは私よ、だから心配しないで」

まどか「まみさんかっこいー!」

QB(やれやれ……)





105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:48:24.67 ID:Q6j3PQkR0


廃ビル

さやか「ここに魔女がいるんですか?」

マミ「えぇ、私のソウル・オブ・エナジーが反応してるわ」

QB(ソウルジェムだよ…なんで勝手に改名するんだい)

マミ「近いわ!すぐそこよ!」

まどか「マミさん!ビルの屋上に女の人が!」





女「……」





106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:50:21.74 ID:ke5jtQMhO


ソウル・オブ・エナジーwwwやめろwwwww




107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 01:53:57.53 ID:Q6j3PQkR0


さやか「あ、あれ飛び降りる気じゃない!?」

マミ「くっ…メタモルフォーゼ!」

女「……」ヒュン

まどか「危ない!!」

マミ「愛を知り孤独に怯える光の使者、魔法少女マミ!」

マミ「はあっ!」ズサァァ

さやか「よかったぁ…地面すれすれでマミさんがキャッチした」

まどか「マミさん!」

マミ「大丈夫よこの人は気絶しているだけだから」





109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:03:04.28 ID:Q6j3PQkR0


マミ「これは…魔女の口付け(マウス・トゥー・マウス)」

さやか「なんですかそれ?」

マミ「一種のマインドコントロールよ。彼女はこの魔女に操られていたの」

まどか「そんな……」

マミ「とにかく魔女はこの近くにいる。二人とも、行くわよ」

「「はい!」」

マミ「そうだ美樹さん、そのバットを貸してちょうだい」

さやか「え?」

フゥッ

さやか「わっ、バットが変形した!?」

マミ「『エクスカリバー』…それを使って鹿目さんを守るのよ」

さやか「はい!」






114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:08:30.98 ID:Q6j3PQkR0


結界内

魔女「……」

まどか「あれが魔女…」

さやか「グロイね」

マミ「二人はそのまま動かないで」

まどか「マミさん!」

マミ「大丈夫、負けたりしないから」

魔女「……」

マミ「さぁ、あなたの血は何色かしら?」バキューンッ!!





115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:14:45.98 ID:Q6j3PQkR0


魔女「っ……!?」

マミ「ふふ、こうなった以上私はもう止まらないわ」

バン!!バン!!バン!!

魔女「!?!?!?!?」

マミ「痛覚はまだ生きてる?脊髄はまだ存命?脳漿はこぼれてない?」

魔女「っっっ……」

マミ「Zwei Kalt!!」バキューン!!

マミ「Scbmeiden Ende!!」バンバンバン!!

マミ「Sterben Ende!!」

ドカーン!!

さやか「やった!よく分かんないけど魔女を倒した!」






116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/07(月) 02:15:46.28 ID:OvR6Ks7C0


所々で色々混ざってるな




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:17:48.90 ID:Q6j3PQkR0


マミ「ふぅ、これで今日の仕事はひとまずおしまいね」

まどか「お疲れ様ですマミさん!」

マミ「鹿目さん、怪我はない?」

まどか「はい!」

さやか「私もありません!」

マミ「……ところで、さっきからそこで何をしてるのかしら」

まどか「え?」






ほむら「……」





118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:24:28.90 ID:Q6j3PQkR0


まどか「ほ、ほむらちゃん…」

ほむら「……」

マミ「まぁ…あなたの目的は分かっているわ。ウィッチエレメントでしょ?」

ほむら「……?」

QB「マミはグリーフシードのことを言ってるんだよ」

ほむら「いらないわ、それはあなたのものにすればいい」

マミ「あなたは一体何者なの?」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん、もしよかったら私たちと一緒に…」

ほむら「鹿目まどか、巴マミと関わるのはもうよしなさい」





121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:29:01.67 ID:Q6j3PQkR0


まどか「え?」

マミ「!?」

ほむら「昨日の話を覚えている?」

まどか「え…うん」

ほむら「ならいいわ。それと、そいつの言うことにも惑わされないようにね」

QB「……」

ほむら「それじゃ…」

まどか「あっ、待ってほむらちゃん!」

さやか「行っちゃったね……」

マミ「……」

マミ(なにあの子…私とキャラが丸被りじゃない!?)








122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:31:20.59 ID:xg9bysDi0


マミさんまったく被ってないですよwww




124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:32:59.39 ID:ZxyEYP75O


マミさん、キャラかすってもないっすwww




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:33:15.11 ID:KSQd8e4a0


何言ってんすかwwwww何言ってんすかwwwwwwwwwwwwwwww




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:35:22.09 ID:Q6j3PQkR0


さやか「なんか気に食わないね…あいつ」

まどか「でも…悪い子じゃないと思うよ?」

マミ「鹿目さん、油断しないで。彼女は危険よ」

まどか「え?」

マミ「私には分かるわ…彼女も私と同じ臭いがするんですもの」

まどか「おなじ…におい?」

マミ「この世に在ってはならない存在…眼を見れば分かるわ」

さやか「あれ、臭いじゃないんですか?」

マミ「私と同じく――因果に魂を縛られる者ね」

まどか「仲良くはできないんですか?」

マミ「それは難しいわ」




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:36:44.22 ID:+/2zL+iz0


テラ厨二w




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:42:40.10 ID:Q6j3PQkR0


まどか「でも、同じ魔法少女なのに……」

マミ「彼女の魂は鋭く尖りすぎている…」

マミ「アルファでありオメガなのよ」

さやか「QB、どういう意味?」

QB「それは僕が聞きたいよ」

マミ「とにかく鹿目さん、あの子には近づいちゃダメよ」

まどか「でも…」

マミ「あなたのために言ってるの。彼女はあなたにとって災厄でしかないわ」

QB「それに関しては僕もマミと同意見だよ。暁美ほむらは危険だ、近づいちゃいけないよ」

まどか「う、うん……」

さやか「そうそう、あいついかにも悪そうなやつだし!ね、マミさん」

マミ「さて、もう帰りましょうか」

マミ「よかったらうちによって来て。ケーキごちそうしてあげる」







141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:50:30.54 ID:Q6j3PQkR0


マミ宅

まどか「ごちそうさまでした」

マミ「もう帰っちゃうの?」

まどか「はい、お父さんも心配すると思うんで」

マミ「そう夜道は気をつけてね」

さやか「大丈夫ですよ、私もついてますし」

QB「そうだね、今日は僕もまどかの家に泊まっていくことにするよ」

マミ「QBが?」

QB「まどかは強い力を持っている。いつ何が起きても対処できるように一応ね」

マミ「ふぅん…まぁいいわ。でも鹿目さんに変なことしちゃダメよ?QB」

まどか「あはは。では、失礼します。今日はありがとうございました」

さやか「また明日ー!」





142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:57:56.67 ID:Q6j3PQkR0


マミ「はぁ…久しぶりの一人ぼっちね」

マミ「せっかくだから泊まってもらえばよかった……」

マミ「……」

マミ「まどかさんは…私が守ってあげないと」

マミ「私が…もっと強くなって…」

マミ「くっ!!誰なの!?」

マミ「私の体を乗っ取ろうとするあなたは誰!?」

マミ『ふふっ…ずいぶんと情けない顔じゃない、マミ』

マミ「あなたは…もう一人の私!?」






143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:58:49.58 ID:iMgtkfaQ0


もう一人のwwwわたしww




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 02:59:18.47 ID:YFGqBDh7P


こう言うタイプじゃエネルギー取れなさそう




145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 03:00:18.75 ID:ZhhcMNFo0


別人格www




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 03:06:07.33 ID:Q6j3PQkR0


マミ『闘いしか知らずに生きてきたあなたが、まさか恋をするなんてね』

マミ「こんな時間に出てきて、一体何の用なの!?」

マミ『あら?あなたが一人で寂しそうにしてたから来てあげたのに、ひどいわね』

マミ「余計なお世話よ!早く私から出て行って!!」

マミ『ふふ、あなたの想い人は確か…鹿目まどかっていう子だっけ?』

マミ「!?」

マミ『あの子はどんな味がするんでしょうね』

マミ「やめて!まどかさんに何をするつもりなの!?」

マミ『欲しいんでしょ?あの子が。私が手を貸してあげてもいわよ?』

マミ「ふざけないで!誰があなたの力なんか……もう早く出て行って!!」

マミ『こわいこわい、分かったわよ。けど忘れないで、私は貴女のなかにずっと潜んでいる』

マミ『あなたの身体をいつでも乗っ取れるようにね。ククク…アーッハッハッハッ!!』

マミ「くっ…もう一人の私。いつか決着をつけてあげるわ」

マミ「……」

マミ「次の必殺技はなにが良いかしら……」ブツブツ





148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/07(月) 03:11:22.28 ID:mxioW6g4O


もう一人のマミさん……学校の休み時間とかの話し相手なんだろうな……。




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 03:13:25.71 ID:lwYLwlJV0


マミさん(´;ω;`)




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/07(月) 03:15:07.10 ID:Q6j3PQkR0


まどか宅

QB「魔法少女になる決心はついたかい?まどか」

まどか「ごめん…もうちょっと待って。今日は色々と混乱してて」

QB「そうか……」

まどか「私にもできるかなぁ…マミさんみたいに」

QB「まどかが魔法少女になれば、それはすごい力を発揮するはずだよ」

QB「ついでにマミのようになる必要はないからね」

まどか「マミさん、かっこよかったなぁ。私も…マミさんみたいに……」

まどか「すぅ…すぅ……」

QB「やれやれ……」









マミ「真ティロ・フィナーレ!」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/08(火) 23:53:11.38 ID:0vz4sbn50


マミ「浄化などと生易しいことは言わないわ。消えなさい 」

ドーン!

マミ「ふぅ……」

さやか「やりましたねマミさん!魔女を倒しましたね!」

まどか「新しい必殺技、かっこよかったです!」

マミ「ありがとう、鹿目さん」

さやか「敵を倒した後に紅茶を飲むマミさん、かっこいいです!」

マミ「はしゃがないで美樹さん。そういうの、嫌いよ」





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:00:54.06 ID:tdulEh5+0


さやか「あっ……ごめんなさい」

マミ「今日の月は赤いわね……」

まどか「え?普通ですよ?」

マミ「ふふっ……私には赤く見えるわ」

マミ「魔法少女がその眼に宿してる…〝魔眼〟にはね」

まどか「そうなんですか」

さやか「かっこいいなぁ。私も早く魔女になりたいなー」

マミ「はしゃがないでって言ってるでしょ、美樹さん」

さやか「はいはい」

さやか(なんか私に対しては厳しいな…)

マミ「さて、もう帰りましょうか。右眼が疼くわ」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:07:47.51 ID:tdulEh5+0


マミ宅

マミ「くぅっ…まだ右眼が疼く……」

QB「……」

マミ「はぁはぁ…そろそろ私の体も限界なのかもしれないわね、QB」

QB「……はぁ、いつまでそんなことを続ける気だい?マミ」

マミ「なんのことかしら?」

QB「僕なりに色々調べてみたよ、君の症状を。どうやら君はこの地球で言う厨二…」

マミ「分かってるわQB、分かってる。自分の体のことは自分が一番分かってるわ」

マミ「私の体には、忌まわしい呪いがかけられている」

QB「……」

マミ「聴こえるわ…今まで倒してきた魔女の怨念が、執念が!」

マミ「この忌まわしき呪いは…全て魔女がかけたもの。そうなんでしょQB?」







9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:14:17.87 ID:tdulEh5+0


QB「君はなにを言ってるんだい?」

マミ「くっ……うぐ…」

QB「はぁ…情報不足だったよ。僕はある理由で君たち第二次性徴期の女の子を選んだ」

QB「けど、まさかこんなやっかいな病気まで持ち合わせていたなんて…」

マミ「くっ…黙って!!」

QB「……僕そんな大きな声じゃなかったと思うんだけど」

マミ「違うのQB、私の内側から聞こえるの……」

QB「それは君の妄想だ。ありはしないよ」

マミ「く…るしい……」

マミ「ハァハァ……くっ」

マミ「あ…あああああああっ!!」

QB「……」

QB「僕、今日はまどかの家で寝るね」





11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:20:16.82 ID:FiOs11B40


さすがのQBさんも引いとるで




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:20:55.20 ID:tdulEh5+0


マミ「ハァ、ハァ……」

マミ「Q…B……?」

マミ「……そう、もう行ってしまったのね」

マミ「いいわ、貴方は貴方の役割を果たしなさい」

マミ「しょせん私たちは、この世界の歯車でしかないんですから」

マミ「私たちに救済なんてものは……ない」

マミ「……」

マミ「今日もまどかさんかわいかったなぁ」





13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:22:37.43 ID:J/d2RxeAO


案外的を得てる一人語り




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:26:34.87 ID:tdulEh5+0


翌日、学校

マミ「……」ブツブツ




「ねぇ、巴さんっていつも一人でぶつぶつ何か言ってるよね」
「なんなだろうね……」




マミ「……」ブツブツ

マミ「……!!」

マミ「とうとう来たわね…」ガタッ

マミ「……」テクテク




「ど、どこか行っちゃった」
「こわいね…」





19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:30:12.61 ID:tdulEh5+0


トイレ

マミ「……」

マミ「……」

マミ「……」

マミ「逃げられた……」

マミ「ついでにすませておきましょう」

マミ「ふぅ……」

マミ「……」

ほむら「……」

マミ「っ!?!?」






21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:31:43.42 ID:nYFMfli70


前よりひどくなっとるwwwwww




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:35:02.06 ID:tdulEh5+0


ほむら「巴マミ」

マミ「あっ、ひゃいっ」

マミ(い、いつのまに!? 私が感知できない気配なんて!!)

マミ(と、とにかく落ち着かないと……ふっ)

ほむら「まだ続けているの?」

マミ「……なんのことかしら?」

ほむら「鹿目まどか、彼女には関わらないよう言ったはずよ」

マミ「……」





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:40:34.81 ID:tdulEh5+0


ほむら「とにかく、彼女にはもう近寄らないで」

マミ「……」

ほむら「彼女を、魔法少女にしたくないの」

マミ「……やれやれ、貴女も案外子供なのね」

ほむら「どういうことかしら?」

マミ「いいえ、何でもないわ」

マミ(なるほど……まどかさんと仲の良い私に嫉妬しているのね、彼女は)

マミ「ふふっ…」

ほむら「?」





27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 00:45:18.72 ID:JN6VnG7HO


ダメだこいつw




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:45:50.11 ID:tdulEh5+0


ほむら「……とにかく、用件はそれだけ」

ほむら「もし忠告を無視して鹿目まどかと接触をしようとするのなら…」

マミ「暴力(ちから)を振るってでも止めるつもり?」

ほむら「えぇ、最終的にはそうなるわ」

マミ「ふふっ…だからやっぱりまだまだ子供ね、貴女」

ほむら「……」

マミ「悪いけど、それは鹿目さんが決めることよ」

マミ「彼女が私についていくか、それとも貴女についていくか……」





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:51:13.55 ID:tdulEh5+0


ほむら「……」

マミ「…どうやら貴女も気づいているようね」(まどかさんの可愛さに)

ほむら「えぇ」(まどかの魔法少女としての力に)

マミ「どうりで…彼女をつけ回すわけだわ」

ほむら「……」

マミ「しつこい女は嫌われるわよ?」

ほむら「好き嫌いの話じゃないの」

ほむら「彼女は魔法少女になってはいけない。もしなってしまったら……っ」

マミ「なってしまったら…?」

ほむら「……あなたには関係ないわ」





33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 00:59:48.14 ID:tdulEh5+0


マミ「……」

ほむら「……」

マミ(もしまどかさんが魔法少女になってしまったら……)

マミ(魔法少女は闘いの宿命からは逃れられない……そこに待っているのは、漆黒の闇のみ)

マミ(魔法少女は…私みたいに呪いをかけられてしまう)

マミ(彼女はそんな危険な道をまどかさんに歩ませたくない…ってこと?)

ほむら「……」

マミ(なるほど……確かにまどかさんには危険な目にあって欲しくないわ)

マミ(まどかさんは暗闇の道を歩く私を照らしてくれた……エンジェルなんだから)





34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:01:37.11 ID:AfWqAD350


エンジェルwww




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:07:03.84 ID:tdulEh5+0


マミ「……気が変わったわ」

ほむら「!?」

マミ「鹿目さんは、絶対に魔法少女にはさせない」

ほむら「……本当に?」

マミ「えぇ、私も……魔法少女がどんな最期を迎えるかぐらい、知っているしね」

ほむら「!!」

ほむら「あなた……知っているの?魔法少女がどんな存在かを」

マミ「もちろん、長い間やってきたからそれぐらい分かるわよ」

ほむら「……なら、私と協力してワルプルギ…」

マミ「ごめんなさい、これ以上貴女と話すことはないわ」

マミ「私たち、仲良くはできないみたいだしね」

ほむら「……」

マミ「それでもお話がしたかったら……壁にでも話してなさい」

ほむら「……」

マミ「さようなら、今度会ったら容赦しないわよ」





41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:11:01.45 ID:TquqPZsHO


マミwwwwwwwwwwwwwwwww




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:11:21.47 ID:tdulEh5+0


ほむら「……」

ほむら(おかしい…この時間軸の巴マミは何かが違う……)

ほむら(彼女に一体何が…?)

ほむら「……」

ほむら(どちらにせよ、今回も協力的ではないみたいね)

ほむら(仕方ない……)





46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:17:57.50 ID:tdulEh5+0


放課後

マミ「お待たせ、鹿目さん」

まどか「あっ、マミさん」

マミ「さて、じゃあ行きましょうか」

まどか「はい!」

マミ「…そういえば、あの蒼い髪の子は?」

まどか「さやかちゃんなら、今日は上條君のお見舞いをしたあと来るそうです」

マミ「上條?」

まどか「はい、さやかちゃんの幼馴染なんです。事故で入院してて」

マミ「なるほど……ね」







48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:22:13.99 ID:tdulEh5+0


まどか「さやかちゃんを待ちますか?」

マミ「いえ、そんな時間はないわ。行きましょう」

まどか「はい、分かりました」

マミ「……それでね、鹿目さん」

まどか「なんですか?」

マミ「貴女に大切な話が……」

まどか「?」

マミ「……いえ、なんでもないわ。また今度ね」

まどか「は、はあ…」

マミ(今は…時期が悪いわね)

マミ(えぇ、分かってるわよQB。そんなことは絶対にさせない)

QB(僕まだ何も話しかけてないよね)





52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:30:56.13 ID:tdulEh5+0


数時間後

さやか「いやー、お待たせしました」

まどか「もう、待ちくたびれたよさやかちゃん」

さやか「ごめんごめん。それで、見つかったの?」

マミ「えぇ、使い魔がね」

さやか「なんだ、使い魔か。それじゃあグリーフシード持ってませんね」

マミ「だからってほっとけないわ。使い魔も人を襲い、喰い、貪り……やがて魔女になるのだから」

さやか「……ゴクリ」

マミ「そろそろ来るわ、準備はいい?」

まどか「は、はい!」

マミ「それじゃ…お互い命は大切にね」

マミ「メタモルフォーゼ!」





56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:37:18.01 ID:tdulEh5+0


マミ「出でよ、デスティニートリガー!」

まどか「マミさんの新しい銃だ!」

使い魔「きー」

マミ「あなたも運が悪いわね、私が相手なんて」

マミ「いえ、運が良いのかしら……楽に死ねるんだから」

バンッ!バンッ!バンッ!

使い魔「きー!?」






58 名前:>>57ミス[]:2011/03/09(水) 01:45:52.91 ID:tdulEh5+0


まどか「やった、マミさんが優勢だ!」

さやか「マミさんかっこいいー!」

マミ「下がってなさい!返り血は、浴びたくないでしょ…?」

バンッ!!

使い魔「きぃー!!」

マミ「さて、死ぬ準備はできたかしら?」

使い魔「っ……」

マミ「これで終わらせてあげる!」

マミ「出でよ、ラブ&ペナルティ!!」

使い魔「!?」

さやか「くるぞー、マミさんの必殺技がくる!」

マミ「レクイエム・ハート、フルバースト!!」

ドカーーーーン!!

マミ「……まぁ、こんなものかしら」





60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:51:55.01 ID:T3yEGTEhO


さやかちゃん扱いひどいのに律儀だな




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:52:55.28 ID:tdulEh5+0


さやか「いやー、勝った勝った。楽勝だね」

まどか「さやかちゃんは何もしてないでしょ?」

さやか「あはは」

まどか「マミさん、お疲れ様です」

マミ「鹿目さん……」

まどか「はい?」

マミ「ti amo(ティ アーモ)」

まどか「え?」

マミ「ふふっ…さてと、帰りましょうか」







64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 01:58:36.74 ID:tdulEh5+0


まどか「あの、マミさん」

マミ「なにかしら?」

まどか「参考までに聞きたいんですけど…マミさんはどんな願いを叶えて魔法少女になったんですか?」

マミ「えっ…」

まどか「あっ、ごめんなさい。答えたくないなら…」

マミ「…くっ!?」ドサッ

まどか「マミさん!?」

さやか「どうしたの!!」

マミ「な、なんでもないわ。またあの子が……」

まどか「あの子…?」

マミ「気にしないで、こっちの事情だから……うぅっ!!」

まどか「マミさん!!」

マミ「ハァ、ハァ……だ、大丈夫よ」

QB(やれやれ、またいつものアレか……)





65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 02:00:17.52 ID:S9ueG3bz0


明日大事な会議なのに気になって眠れん




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:05:20.34 ID:kBr8tr4Z0


>>65
ネロ・フィナーレ





70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:06:07.93 ID:tdulEh5+0


さやか「そんな…どう見ても大丈夫じゃないよ!」

マミ「貴女には関係ないでしょ!!」

さやか「っ!?」

マミ「……ごめんなさい、きつく言い過ぎたわ。でも、もう大丈夫だから」

さやか「はい……」

マミ「くっ…うぅ……」

まどか「マミさん……」

マミ「さっきの質問、今は答えられないわ。ごめんなさい」

マミ「でもいつか必ず教えてあげる」

まどか「いえ、やっぱりいいです。マミさんに悪いですし…」

マミ「そう…優しいのね、鹿目さん」

さやか「……あのさ、マミさん。私、大切な話があるんだけど…」

マミ「大切な話…?」

さやか「願い事って、自分のための事柄じゃないとダメなのかな?」





73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:10:44.69 ID:tdulEh5+0


マミ「…どういうことかしら?」

さやか「例えば、あたしなんかよりずっと困ってる人がいて」

さやか「その人のために願い事をする…とか」

QB「うん、できるよ。前例もないわけじゃないし」

QB「じゃあ早速…」

マミ「……無理よ」

さやか「え?」

QB「マミ?」

マミ「今の貴女に、そんな資格はない」





75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:21:21.33 ID:tdulEh5+0


さやか「ど、どうして!?」

マミ「そんなこと、自分で考えなさい」

さやか「っ!?」

マミ「誰かの願いを叶えるため……ふふっ」

さやか「な、なにがおかしいの!?」

マミ「いえ、なんでもないわ」

さやか「はっきり言ってよ!!私の何がダメなの!?」

マミ「…分からないわよ、魔眼を持たない貴女たちには。この苦しみが」

さやか「えっ…?」

マミ「一日頭を冷やしていなさい。そして、明日教えてあげる。私たち、魔法少女の真実を」

QB「!!」

さやか「魔法少女の…真実?」

QB(マミ…君はまさか魔法少女の秘密を知っているというのか?)

マミ「ふふっ、月が赤い……」

マミ「LUNA PIENA (ルーナ ピエーナ)…」






76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:22:44.27 ID:OSyblrD40


マミさんェ・・・




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:22:47.96 ID:Y4D6ByDG0


マミさん・・・




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:28:40.72 ID:tdulEh5+0


まどか宅

まどか「今日のマミさん、なんだか変だったなぁ…」

まどか「苦しそうで……」

まどか「ねぇQB、マミさんどうしたのかな?」

QB「……今の僕からは何もいえない」

QB「ただ、マミは今日だけじゃなくていつも変なんだ。気にすることじゃないよ」

まどか「そうかなぁ…」

QB「そうだよ、それより今日は早く寝たほうがいい」

まどか「うん、おやすみ」

QB「……」

QB(まさかマミが知っていたなんて…一体どこから情報を?)

QB(このままだと、まどかと契約できなくなっちゃうよ)

QB(まったく……マミ、君は困った子だね)

QB「……」





85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:32:16.75 ID:tdulEh5+0


翌日、病院

さやか「お待たせっ」

まどか「早かったね。上條くんには会えたの?」

さやか「それがさ、今は都合が悪いんだって。せっかく来たのに…」

まどか「そうなんだ…」

さやか「ま、しょうがないし帰ろっか」

まどか「うん」





87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:37:17.18 ID:tdulEh5+0


さやか「昨日マミさんが言っていたこと考えたんだけどさ」

さやか「やっぱり分からないんだよね」

まどか「私も分からなかった」

さやか「今日教えてくれるって言ってたけど、何なんだろう……」

まどか「……あれ?」

さやか「どうしたの?」

まどか「あ、あれ……」

さやか「え?」

QB「!!」

QB「グリーフシードだ!」





89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:43:49.70 ID:tdulEh5+0


まどか「な、なんでこんな所に!?」

QB「まずい、結界が出来上がろうとしている!早くここから逃げよう!」

さやか「ま、まって!この病院には恭介がいるんだよ!?」

さやか「なのにここに魔女が取り憑いたらヤバいって!!」

まどか「で、でも…そうだ、マミさんを呼ばないと!」

さやか「マミさんの電話番号は?」

まどか「知らない」

さやか「私も」





90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 02:45:12.17 ID:xiuFVA4tO


一体どうなってしまうんだ




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:47:30.51 ID:tdulEh5+0


さやか「じゃ、じゃあとりあえず私はここで見張ってる!」

QB「無茶だよ!結界に閉じ込められたら君は出られなくなっちゃう!」

さやか「でも放ってはおけないでしょ!!」

QB「……分かった、なら僕も一緒に残るよ」

QB「マミなら近くに来れば僕のテレパシーで位置が分かると思うし」

さやか「QB…ありがとう」

まどか「じゃあ私、すぐにマミさん呼んでくる!」タタタッ

さやか「任せたよ、まどか!」





94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:51:14.68 ID:tdulEh5+0


マミ「ふぅ、掃除をしていたら遅くなってしまったわ」

マミ「まどかさん達、今どこにいるのかしら…」

まどか「マミさん!」

マミ「まど…鹿目さん。慌ててどうしたの?」

まどか「ま、魔女が現れたんです!」

マミ「魔女が……くっ!」ドサッ

まどか「マミさん!?」

マミ「だ、大丈夫…私のほうでも感知したわ。とてつもなく巨大な力を持った魔女のようね」

マミ「魔眼が…疼く!」







95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:55:47.94 ID:tdulEh5+0


マミ「急ぎましょう鹿目さん。QBが危ないわ」

まどか「は、はい!」

まどか「あ、そうだマミさん」

マミ「どうしたの?」

まどか「今のうちに、電話番号とアドレスを交換させてください」

マミ「!?」

まどか「今日みたいなことがあっても、すぐに連絡がつくように」

マミ「……」プルプル

まどか「マミさん…?」

マミ(ど、どうしよう…アドレス帳に他人の名前を載せるなんて初めてだわ!!)





97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 02:58:26.18 ID:AfWqAD350


まどっち後にしろよwww
マミさんww




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:00:39.66 ID:tdulEh5+0


まどか「あ…ごめんなさい。今はそんなヒマないですよね。急ぎましょう」

マミ「まって!!」

まどか「え?」

マミ「わ、忘れないうちに…今のうちに……交換…///」

まどか「でも……」

マミ「だ、大丈夫よ、向こうにはQBもいるし。少しぐらいなんとかなるわ」

まどか「分かりました、じゃあ赤外線で」

マミ「え?」

マミ(どうしよう…赤外線ってどうやってやるのかしら)

マミ(交換なんて初めてだから分からないわ…)

まどか「じゃあ私が受け取りますね」

マミ「あ、えっと、…えっと~……?」





101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:04:56.84 ID:AfWqAD350


俺も最初は困惑した
赤外線交換




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:06:59.98 ID:tdulEh5+0


結界内

さやか「マミさん、遅いね…」

QB「怖いかい?さやか」

さやか「そりゃもちろん…」

QB「今すぐ願い事を決めてくれれば、さやかを魔法少女にしてあげられるんだけど…」

さやか「……」

QB「さやか?」

さやか「もしかしたら…マミさんはわざと遅れているのかもしれない」

QB「え?」

さやか「私に怖い思いをさせて、魔法少女を諦めさせようとしてるんだよ」

QB「それはどうかな……」





110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:10:10.65 ID:MCY4J6Zv0


寝る直前に面白そうなスレ見つけちゃうなんてどうかしてるよ




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:13:11.22 ID:yNVrXNIXO


>>110
それはとっても嬉しいなって




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:13:22.17 ID:tdulEh5+0


さやか「上等じゃん!私、こんなのへっちゃらだから!」

QB「でも、契約しておけば…」

さやか「ううん、契約はしない。意地でもマミさんに認めてもらえるまでは」

さやか「だから…ここは意地でも引き下がれない!」

QB「さやか、君もおかしくなってるよ!」

さやか「ふっ…おかしくないよ、これが私なんだって」

さやか「そう、今私は試されようとしてる……」

さやか「魔法少女になる、勇気を持つ者かどうか…!!」

QB「……」

QB(おかしい…何かがおかしい……)







113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:14:28.28 ID:zshXktmHO


お前ほどじゃない




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:20:06.16 ID:tdulEh5+0


まどか「マミさん、ここです!」

マミ「ええ!」

マミ(QB、状況は?)

QB(マミ!ようやく来たんだね!)

QB(急がなくていいからゆっくり来てくれ!あまり大きな魔法を使うと卵が刺激されてしまう!)

マミ「わかったわ」

マミ「行きましょう、鹿目さん」

まどか「はい!」





117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:21:36.79 ID:WEKAPTWbO


QBも大変だな




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:28:04.07 ID:tdulEh5+0


結界内

まどか「相変わらず不気味なところですね……」

マミ「……まどかさん」

まどか「なんです…」

まどか(あれ?今名前で呼ばれ…)

マミ「こういうぼやけた世界の方が、美しいと思わない?」

まどか「え?」

マミ「私たちの住んでいる世界の方が、よっぽど汚れているわ」

まどか「それって…どういう……」

マミ「でもね、まどかさん…綺麗な薔薇にはトゲがあるものなの」

マミ「美しいものほど、人を魅了し、誘惑し――」

マミ「――そして、絶望の底へと陥れる」





119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:33:10.36 ID:tdulEh5+0


まどか「……」

マミ「私たち魔法少女も同じなのよ」

マミ「美しさと絶望を兼ね備えた、闘うためだけの人形」

マミ「あなたが憧れている魔法少女は、そういうものなの」

まどか「で、でも…マミさんは……」

マミ「まどかさん、貴女は魔法少女には向いていない」

まどか「っ!!」

マミ「でもね、私は……」




ほむら「巴マミの言う通りよ」





121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:39:05.94 ID:tdulEh5+0


マミ「!?」

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「あなたは魔法少女になるべきでない。今すぐここから出なさい」

マミ「……暁美ほむら、どうしてあなたがここに?」

ほむら「今日の獲物は私が狩る。もちろん、先に行った二人の安全も保障するわ」

マミ「……」

シュルッ

ほむら「!!」

パシィッ!!

ほむら「くっ…何を!!」

マミ「言ったはずよ、次に会ったときは容赦しないって」

ほむら「っ!?」

マミ「でも今はそんな時間はないから、そのまま縛られていなさい」

マミ「帰りには開放してあげるわ」





122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:42:47.66 ID:tdulEh5+0


マミ「行きましょう、まどかさん」

まどか「は、はい…」

ほむら「待ちなさい!!」

まどか「ごめんね…ほむらちゃん……」

ほむら「待って!今度の魔女はわけが違うの!!」

ほむら「このままだとあなたは…!!」

マミ「それ以上お話したかったら――」

マミ「壁にでも話していなさい」

ほむら「っ!!」





123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:45:46.42 ID:tdulEh5+0


マミ「……」

まどか「……」

マミ「……」

まどか「ほむらちゃん…あのままでいいんですか?」

マミ「まどかさん、さっきの話の続きだけど」

まどか「は、はいっ…」

マミ「私は…貴女には私の翼になって欲しいの」

マミ「天使の翼に…」

まどか「……え?」







126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 03:49:51.54 ID:xiuFVA4tO


結局死んじゃうんじゃないかと思うと怖い




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:51:17.75 ID:tdulEh5+0


マミ「さっきも言ったでしょ?魔法少女は危険な存在だって」

マミ「闘うことだけを考え続け…いつか人としての感情を失ってしまう」

マミ「…今の私のように」

まどか「……」

マミ「けど…貴女が側ににいると違う」

マミ「温かい気持ちになる、生きていると実感できる」

マミ「さっき貴女とアドレスを交換したとき、とても嬉しかった」

マミ「嬉しいなんて感情…魔法少女になって初めて感じたのよ?」

まどか「マミさん……」

マミ「だから貴女には、闘わず、ずっと生きて欲しい」

マミ「生きて私の翼になってほしい」

マミ「まどかさん…貴女は人間の中で生きなさい」





128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 03:57:21.91 ID:tdulEh5+0


まどか「それって……」

マミ「闘うことだけが全てじゃないわ…」

マミ「それにね、これから見せる真実がもし怖かったら…私から逃げてもいいのよ」

まどか「真実…?」

マミ「えぇ…魔法少女の真実」

マミ「もしその醜い姿を見てしまったら、貴女は…」

まどか「わ、私逃げません!どんなことがあってもマミさんの側にいます!!」

マミ「!!」

まどか「私…マミさんの役に立ちたいんです!」

まどか「何もできない私ですけど…それでもマミさんの役に立てるのなら」

まどか「私はマミさんの側にずっといます!!」

マミ「まどかさん…!」

QB(マミ、大変だ!グリーフシードが動き出した!)

QB(卵が孵化してしまう!!)







131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:02:11.02 ID:tdulEh5+0


マミ「……行きましょうか」

まどか「マミさん…」

マミ「まどかさん……ti amo (ティ アーモ)」

まどか「マミさん…私、マミさんのこと信じます!」

マミ「…ありがとう」

QB(マミ!)

マミ「ふふっ、女の子をせかしちゃダメよQB」

マミ「……メタモルフォーゼ」





133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:06:17.74 ID:tdulEh5+0


シャルロッテ「……」

QB「大変だ!孵化が始まった!!」

さやか「くっ…マミさん!!」

――パァンッ!!

さやか「!!」

QB「マミ!!」

マミ「どうやら間に合ったようね」

まどか「さやかちゃん、大丈夫!?」

さやか「よかった~…間に合ってくれて」





135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:16:14.95 ID:tdulEh5+0


シャルロッテ「……」

マミ「あれが…なるほどね」

さやか「マミさん!ちゃっちゃとやっつけちゃって!」

マミ「……まどかさん」

まどか「…はい」

マミ「私も、まどかさんのことを信じるわ」

まどか「はいっ!」

マミ「…ふふっ」

シャルロッテ「……」

マミ「生まれてばかりのところ悪いけど、さようなら」

マミ「愛と希望の魔法少女マミが、あなたを看取ってあげる」

シャルロッテ「……」

マミ「出でよ、アカシックトリガー!」

マミ「アンジェロ・フィナーレ!!」

ドカーーーン!!





136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:18:06.45 ID:TJ/O9T1S0


               ,..-──- 、       i    `ヽ、 え、これ食わなあかんの?
 -‐ 、_         ,.:::':::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、  |   、─ '
    `゙'ー- 、,∠:::::::::::::::;.-‐-v' ⌒`ヽ,‐、ヽ.j  ┌.’
 テ    ,   ,  _,., 二>          ゙、:、lヽ===========
 ゙ー‐''"´`'7"::`''"´::::::;:ゝ   ___ ゝ   ‐'ニヽ.弋l |
      /:::::::::::::::::::::{    //‐゙i   |l .il i. l |
     /:::::::::::::::::::::::;-゙   | | l ・.l   l.ー'ノ ! | |
    /::::::::::::::::::::::::( . : : : ..!ヽー'ノ ,...._,-'゙Lノ.: :| |
    /::::::::::::::::::::::::::丶: : : : : :`ー'  (_,ひJ : : :| |   
   i:::::::::::::::::::::::::::::::::7 : : : :    _      ./| |       lヽ======
   .l::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ     ∠-‐-`  i‐/ | |       | |
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー''、     ,、__ノ/  | |       ``ー┬───┬
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー─';;:.ィ    | |         | |     │
  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: √ ̄      | |         | |     │
  .|:::::::::::::/"⌒i:::::::::::::::::::::::::::丿         ``━━━━━━.| |     │━
  .|:::::::::::::!   ノ:::::::::::( )::::/                       | |     │
 ─'──‐゙─'────"───────────────| |     │─
                                     ____| |     │_
                                   '、ヽ     ヽ───‐┘
                                 ヽ!二二二二二二二二二




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:21:26.84 ID:tdulEh5+0


さやか「やった、楽勝!」

QB「いや…」

マミ「……」

シャルロッテ「……」

さやか「そんな!?効いてないの!?」

まどか「マミさん!」

マミ「心配しないで、女は愛を吸って育つ薔薇よ……」

シャルロッテ「……!」

シュンシュンシュン!!

マミ「遅い!」

マミ「ファントムバスター、イリュージョンバスター、召喚!」

マミ「この一撃は死ぬほど痛いわよ♪」

ドガンッ!!ドガーーンッ!!





139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:27:05.32 ID:AfWqAD350


マミさんマミマミ




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:29:23.04 ID:tdulEh5+0


シャルロッテ「っ!?」

さやか「よしっ!」

――――体が軽い。

マミ「ふっ…Al cuore non si comanda. !!」

ドカーーンッ!!

こんな幸せな気持ちで戦うのは初めて

マミ「Campa, cavallo, che l'erba cresce.!!」ジャキッ!!

もう何も怖く――――


シャルロッテ「っ……」モゴッ…グググッ

ズルッ

マミ「――え?」

バクンッ








142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:30:30.38 ID:OSyblrD40


マミさん逝ったぁああああああああああああ




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:33:50.73 ID:tdulEh5+0


さやか「!!」

まどか「マ…マミさーーーーんっ!!」

シャルロッテ「……」

さやか「そ、そんな……」

QB「まどか、さやか…早く僕と契約を」

まどか「あ…あぁ……!!」

QB「早く!!」







『――その必要はないわ』





145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 04:36:45.03 ID:Weow6P7e0


マミさん⁉




147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:39:40.81 ID:tdulEh5+0


QB「……え?」

シャルロッテ「?」キョロキョロ

『ククク…どこを見ているのおバカさん』

シャルロッテ「!!」

さやか「あれは…!」

まどか「マミさん!!」

さやか「よかった、生きてたんだ!」

『マミ?フフフ……あんな弱いやつと一緒にしないでくれる?』

まどか「え?」

QB(あれはマミの脳内設定の人格…!!)

MAMI『私はMAMI!死と絶望の魔法少女MAMI!!』

MAMI『アーーッハッハッハッ!!』

さやか「えっ…どうなってるの?」

まどか「あれが…魔法少女の真実……」

QB「え?」





149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:40:19.85 ID:AfWqAD350


よかったあああああああああ




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:44:41.13 ID:tdulEh5+0


さやか「ど、どういことなのまどか!?」

まどか「マミさんが言っていた…」

まどか「魔法少女は、美しさと絶望を兼ね備えた、闘うためだけの人形だって……」

MAMI『さぁ、第二ラウンドを始めるわよ食いしん坊さん!!』

シャルロッテ「!?!?」

ドガーーーンッ!!

まどか「あれが魔法少女の真実…」

QB「……」

QB(ダメだ…今のマミは妄想の世界に浸かりすぎてハイテンションになってしまってる)

QB(もうマミをとめられる者は……いない)





156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:51:47.93 ID:tdulEh5+0


MAMI「絶望よ、闇を抱け!」

MAMI「我が血は冥界へと誘うための印!」

MAMI「さぁ、光を砕け!」

MAMI「今こそ罪魂を解き放て!!」

MAMI「貴女の運命!貴女の絶望を!!」

MAMI「フッ…貴女の希望はどこにあるんでしょうね」

ジャキンッ!!

シャルロッテ「!!?」

MAMI「ジ・エターナル・ジェノサイド 」


ドガーーーーーーーーンッ!!!!


さやか「か…勝った」

MAMI『ククク…アーッハッハッハッ八ッ!!』






159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:56:53.63 ID:tdulEh5+0


QB(なんてことだ…勝っちゃった)

まどか「マミさん……」

MAMI「ようやく…ようやく手に入れた!巴マミの身体を!!」

MAMI「これでこの身体は私のものだあああああああああ!!!」

マミ『そうはさせないわ』

MAMI「!?」

マミ『その身体、返してもらうわよ』

MAMI「な、なぜ…お前の意識は完全に……!!」

マミ『ふふっ、勘違いしないで』

マミ『私の体は貴女にあげたんじゃないわ、貸してあげただけよ』

MAMI「なんですって!?」

マミ『さぁ、もう帰りなさいもう一人の私!』

MAMI「や、やめろ…ぎゃあああああっ!!」





160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:58:20.03 ID:t+bs89YQO


※一人言




161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:58:45.68 ID:rpoz5AL3i


これは恥ずかしいwww




162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 04:59:09.99 ID:tdulEh5+0


まどか「マミさん!」

マミ「……ふう」

さやか「元に戻ったの!?」

マミ「えぇ、なんとかね」

まどか「マミさん…」

マミ「二人とも分かった?魔法少女になるってことはこういうことなのよ」

まどか「……」

さやか「……」

QB「いや、僕にはさっぱりだよ」





166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 05:09:30.41 ID:tdulEh5+0


マミ「なにをとぼけているの?QB」

マミ「今見せたのは魔法少女の成れの果て……」

マミ「私だからこそ意識を取り戻せたけど、普通の魔法少女ならあのままバーサーカーになっていたわ」

さやか「あれは…さっき闘っていたのは……」

マミ「…もう一人の私、通称MAMI」

マミ「魔法少女は闘いを経ていくうちに、こころの中に闇を溜めていく」

マミ「その闇から生まれたものが――MAMIなのよ」

マミ「闇から生まれし者たちは、いつでも私たちの身体を狙っている」

マミ「私たち魔法少女は、常に自分と闘っているの」

さやか「そんな……」

まどか「魔法少女は…みんなそうなんですか?」

マミ「えぇ、そうよ」

QB(マミ…勝手に独自設定を講義しないでくれるかな)





169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 05:13:24.70 ID:tdulEh5+0


マミ「これで分かった?魔法少女になることがどれほど危険なのか」

さやか「で、でもマミさんは元に戻れたじゃん!」

マミ「それは……ふふっ、私にはまどかさんがいたから」

まどか「え?」

マミ「まどかさんとの絆――コネクトが、私の意識を戻させたのよ」

まどか「マミさん…!」

さやか「……」

マミ「さて、もう帰りましょうか」

まどか「はい!」

QB「……はぁ」





174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 05:20:30.24 ID:tdulEh5+0


ほむら「くっ…ほどけない……」

プツンッ

ほむら「!!」

パラッ…

マミ「ご苦労さま」

ほむら「巴マミ…生きてたの!?」

マミ「えぇ、当然よ」

ほむら「なんで…」

マミ「ふふっ、さぁ…何ででしょうね」

マミ「貴女は何でだと思う?」

ほむら「っ……」

マミ「答えは――私が生きている事実、それだけよ」

マミ「行きましょう、二人とも」

まどか「はい!」

ほむら(一体……この時間軸でなにが起きているというの?)





175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 05:25:16.22 ID:tdulEh5+0


まどか宅

まどか「はぁ…マミさん///」

QB「……」

まどか「ねぇQB、今マミさんにメール送ったらすぐに返事来るかな?それとも迷惑かな?」

QB「分からないよ…僕には」

QB「マミのことはまったく分からない……」

まどか「はぁ…マミさん///」

QB「それよりまどか、君は魔法少女には…」

まどか「ならないよ!だってマミさんと約束したんだもん!」

QB「……」

まどか「はぁ……マミさぁん///」






180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 05:33:48.89 ID:tdulEh5+0


マミ宅

マミ「まどかさん…」

マミ「まどか…ちゃん」

マミ「はぁ……うふふっ」

マミ「!」

マミ「そこにいるのは誰!?」

マミ「……暁美ほむらね」

マミ「いるのは分かってるわ……まぁそれでも隠れたいのならお好きにどうぞ」

マミ「今の私は最高に気分が良いから、ね」

マミ「……」

マミ「はぁ…まどかちゃん……」







181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 05:34:49.83 ID:Gk+r0oss0


出た!第三者の気配に気づく能力




183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 05:36:05.27 ID:5t7OBW9o0


なにが酷いって実力が演技に追いついちゃってるからなにも知らない周囲から見たらマジに見えちゃうのが酷い




271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:13:56.28 ID:tdulEh5+0


翌日

まどか「……」ニヤニヤ

詢子「…まどか、早く食べないと遅刻しちゃうぞ?」

まどか「あ、うん」

詢子「食事のときは携帯しまって」

まどか「ごめんなさい」

詢子「まったく、昨日から様子が変だよ?ずっとニヤニヤしてるし……」

まどか「なんでもないよ。えへへ///」

まどか「ご飯って、こんなにも美味しいものなんだね。生きてるって素晴らしいなぁ」

詢子「?」






278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:23:01.67 ID:tdulEh5+0


登校中

さやか「まどか、おはよう」

まどか「あっ、おはようさやかちゃん、仁美ちゃん」

仁美「どうしたんですか?なにかご機嫌が良さそうですけど……」

まどか「えへへ~」

さやか「ま、まぁいいじゃん。いつものことだよ」

仁美「?」

さやか(まどか、マミさんと何かあったの?)

まどか(あのねさやかちゃん、昨日のマミさんといっぱいメールしたんだよ)

さやか(う、うん……)

まどか(それでね、私のこと…えへへ///)

さやか(……)

まどか(今朝もね、マミさんから愛の詩が送られてきてね、それでね)

さやか(わ、わかったよもう……)





279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 22:25:28.02 ID:oZvvI4uCO


愛wwwwのwwww詩wwww




280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:26:36.24 ID:N09tcfac0


染まったwww




281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 22:27:02.08 ID:z7gfYO9u0


まどか順調に毒されてきてるなwwwwwwww




282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:28:24.07 ID:tdulEh5+0


休み時間

QB「二人はもう魔法少女になりたいと思ってないのかい?」

まどか「うん」

さやか「私は…どうしようかな」

まどか「さやかちゃんはまだ迷っているの?」

さやか「うん…昨日マミさんに説教されたけど、やっぱり私……」

QB「……こう言ったらアレだけど、正直この先マミ一人に任せるのは不安なんだ」

まどか「…え?」





284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:36:29.23 ID:tdulEh5+0


QB「君たちは気づかないのかい?マミの様子に」

さやか「マミさんの様子?どうかしたの?」


QB「……マミは現実と妄想の区別がつかなくなっている」

QB「今のマミは、自分に酔っているだけにすぎない」

QB「このままヒーローを演じ続けていたら、いつかマミは死んでしまうだろう」

まどか「っ……」

QB「もう僕の手にはおえない……。頼む、二人でマミの目を覚まさせて…」

まどか「……そんなのおかしいよ」

QB「え?」

さやか「まどか?」

まどか「マミさんは私たちを守るために一人で闘っているんだよ!?」

まどか「魔女とも、闇から生まれた者とも闘いながら…」

まどか「本当は辛いはずなのに、苦しいはずなのに……それでもマミさんは頑張ってる」

まどか「なのに何でそんな人を変人扱いするの!?おかしいよQB!!」

QB「……」




285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:39:15.74 ID:Hl6aDz1j0


なぜだQBがすごくいいやつに見える…




288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:42:33.74 ID:tdulEh5+0


さやか「ま、まどか…落ち着きなよ」

まどか「ごめん…マミさんのこと悪く言われてつい……」

QB「……」

さやか「まぁ、QBだって悪気があって言ったわけじゃないって。ね?」

QB「……うん、別にそのことが間違っているってわけじゃないんだ」

QB「言い方が悪かったよ、ごめん」

まどか「私の方こそ…怒ってごめんね」

QB「…とにかく、契約したいときは僕を呼んでね」

QB「僕はいつでも準備できているから」





289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 22:44:18.57 ID:oZvvI4uCO


このQBにはちょっぴり同情する。




291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:48:26.69 ID:tdulEh5+0


マミ「……」



「巴さん、ずっと携帯とにらめっこしてるね」
「しかもニヤニヤしてる……」



マミ「……」



「あっ、寝た」
「違うよ、あれは寝たふりだよ。絶対」




マミ(はぁ…昨日は遅くまでメールしすぎたわ)

マミ(それにしても、毎日がこんなに楽しいなんて……)

マミ(今の私なら、なんでもできそう)

MAMI(ふん…せいぜいつかの間の幸せを楽しんでいることね)

マミ(あなたは…!)





297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:57:02.82 ID:tdulEh5+0


MAMI(私があの程度で消えると思ったの?だから甘いのよ、貴女は)

マミ(くっ……)

MAMI(私は消えない…貴女がいる限り、何度だって貴女の前に現れる)

マミ(……ふっ、いいわよ別に。だったら何度だって倒して見せるわ)

MAMI(いい気になるのもそれまでよ)

マミ(何ですって?)

MAMI(もうすぐ…〝零の領域〟が出現する)

マミ(!!)

マミ(零の領域って…まさかあの〝零の領域〟!?)

MAMI(ええ…貴女ならこれが意味すること、理解できるしょう?)

MAMI(クスッ……終わりが始まるのよ)

マミ(くっ…それでも私は……!!)

マミ「……」ブツブツ





「また独り言しゃべってる……」




299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 22:59:12.26 ID:LRpempwW0


零wwのww領域wwww




300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:00:32.88 ID:8sls/fyZ0


喋ってるのかwww




302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:03:19.18 ID:tdulEh5+0


放課後

さやか「まどか、帰ろ!」

まどか「あっ、ごめん…私……」

さやか「あぁ、マミさんか」

まどか「うん、ごめんねさやかちゃん」

さやか「いいっていいって。それにしてもラブラブですなぁ~、このこのっ」

まどか「えへへ…///」

さやか「さてと、じゃあ私は恭介のところにでも行こうかな」

まどか「バイバイ、さやかちゃん」

さやか「うん、バイバイまどか」





303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:07:00.08 ID:tdulEh5+0


病院

さやか「恭介!」

上條「……」

さやか「ほらこれみて!新譜のCD!」

さやか「激レアだよー、あとで聴いてね」

上條「……」

さやか「どうしたの恭介?」

上條「さやかはさ…僕のことをいじめてるの?」

さやか「え……?」





304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:13:37.53 ID:tdulEh5+0


上條「毎日毎日…特に用もないのにお見舞いに来て僕につまらない話とCDを聴かせて……」

さやか「だって…恭介音楽好きだし……」

上條「もう聴きたくないんだよ!!自分で弾けもしない曲なんか!!」

上條「ああああああああああああああっ!!!!うわああああああああああああああああっ!!!」ガシャーンッ!!

さやか「きょ、恭介…」

上條「もうこんな腕なんて…!!」

さやか「やめて恭介!きっと治るよ、だから諦めないで!!」

上條「……諦めろって言われたんだ」

さやか「……え?」

上條「もう治らないって言われた…奇跡か魔法でも起きないかぎり……」

さやか「……」

上條「……」

さやか「…あるよ」

さやか「奇跡も魔法も、あるんだよ」





309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:21:13.22 ID:tdulEh5+0


まどか「……」

マミ「お待たせ、まどかさん」

まどか「あっ、マミさん!」

マミ「ごめんね遅れちゃって。ちクラスメイトに掃除を代わってくれって頼まれちゃって」

まどか「大変ですね……でも、それぐらいマミさんの信頼が厚いってことですね!」

マミ「そんな、照れるわ」

まどか「えへへ」

マミ「ついでにさっき魔女も現れたの」

まどか「本当ですか!?」

マミ「えぇ、でも手を使わなくても倒せたわ」

まどか「やっぱりマミさんは一流だなぁー」

マミ「うふふっ…さて、行きましょか」

まどか「はいっ!」




ほむら「待って」





312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:23:26.84 ID:nYFMfli70


               ,....―..、    \貴女は、鹿目まどかのままでい/                 r.、 ri,r.i_
              /:::::::::::::::.ヽ     \ば、馬鹿 こんなことやって /                     ! v' '' ,' 'っ
   ,ヘn         !-===、::::::::!     \それには及ばないわ /            ___      ! `  / l|
  ィlj´ ' }'ト、    ./,イハ;、:,::;、::::.\   __\まどかあぁあぁッ/            /: : : : : : \   ト--イ l| l|
  ljリ -'::::l ヽ.、,.:´ lバ''. _''' 〕'::「/ ^'`ーv'´/\ ∧∧∧∧ ./            /: : ≠ ニニニ=)\/v^v/  l| 1l|
     `く、  ` ,....ノl |`T´ l |::|/,-、  '´  {.<    ほ .>                |: : (/´: : |\:´`:/  / l| l| l|
        `ー´::::::::::レ'´l` v'.l:l l::::::::`ー..‐ < 予 む .>    _____    |: : :ハ!\i シ /  /ー―──-、
        '''"ノ::;:::/ヽ ヽ  l: { \::(ヾ:::ヽ、 <    ほ. >   (\  ∞  ノ    、: : ト-'  , /  /: : : : : : : : : : : : `、
 ────────────────< 感  む >    \ヽマドカ/     ゝ: :\ /  /ー―─--、 ー`-、/
    /:::::::/      ヽ:\         <     の >      ヽ)⌒ノ       〕: :Y  /:二:二:ミ: : \: 、ー、
   /:::::::::ノ   ̄ ̄ ̄ \::ヽ         < !!!!    .>                {: {   丶  }: : : `,: ∧: l
   /__/      ∞    \',         /∨∨∨∨∨\              \: l|   l ∧: : : }  、l
  [___________]       / /  「ニニニiヽ. \               `ll|  /  } ヽ∠__r、_
  |:::::::::l::::::::/-/_|///,' |::/|:::i;:::::::|.   /  l i| |ノ/ノハノ))!   \          _イlllll|、   ∧   〈  |´E〔
  |::::,/|:::::::::l:/,__!_-`/ レ-rA::::|::|. /    | (| | ┰ ┰| |    \         / ,イlllllll|  f `二三二 ̄ ̄´
  l:::i、 |::::::r' {,J/`:::::::::::z-r.l:::|::/      | ハN、''''  ''ノN      \     /  / |    ∨_,、三三二―
  /::::::::i:::::::|  `´::::::::::::::::じ' /:/       Jノ⊂}| {.介}lつ.       \   /  /  l  ∧_\  〉
 /:::::::::::l:::::|ト、   、__ '  ノ/       Jノバく_/_l_j_,ゝ!し.         \{ 山_山_山V 山_山_ツ
/:::r -、_|l:::||ヽ、ヽ、 __ ,.. イ/             (__j__|  =3 ホムッ.       \




313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:24:53.30 ID:C+IjSe9X0


ほむほむきた!!




315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:26:59.78 ID:tdulEh5+0


マミ「!!」

まどか「ほ、ほむらちゃん……」

ほむら「これからどこに行くつもり?」

マミ「貴女には関係ないでしょ?」

ほむら「まさか…まだ鹿目まどかを連れまわす気?」

マミ「……」

まどか「ち、違うよほむらちゃん。私は自分の意思でマミさんと一緒に…」

ほむら「それがダメだって言ってるの!」





317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:34:20.13 ID:tdulEh5+0


まどか「っ!?」ビクッ

ほむら「昨日は運が良かっただけ。もしもっと強い魔女が現れたら……」

マミ「それでも私は負けないわ」

マミ「魔女にも、自分にも」

ほむら「っ……。それでも、もし死んだらどうするの?」

マミ「命なんて安いものよ、特に私のなんて…」

まどか「そんな…そんなこと言わないでください!」

マミ「まどかさん…」

まどか「マミさんの命は安くなんかありません!!」

マミ「……ありがとう」

マミ「ti amo (ティ アーモ)、まどかさん」

まどか「ti amo (ティ アーモ)…マミさん///」

マミ「うふふ」

まどか「えへへ」

ほむら(何かしら…この敗北感……)





323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 23:39:05.43 ID:xiuFVA4tO


それでティアーモってなんですか?




324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:41:04.52 ID:J/d2RxeAO


>>323
イタリア語で愛してる




325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:41:48.85 ID:tdulEh5+0


ほむら「……!!」

マミ「どうかしたの?」

ほむら「魔女が現れた…」

まどか「えっ!?」

ほむら「……」タタタッ

まどか「あっ、ほむらちゃん!」

マミ「私たちも行きましょう、まどかさん」

まどか「はいっ!」

マミ「魔眼が…疼く!!」





328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:45:02.70 ID:C+IjSe9X0


厨二ってすごい!!




329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:48:26.38 ID:tdulEh5+0


QB「…いいんだね、さやか」

さやか「うん、もう迷っていられない」

さやか「私の大切な人の心に雨が降り続いている……」

さやか「私は、その人のために真っ暗な曇り空じゃなくて太陽を見せてあげたいの!」

QB「……よく分からないけど、契約を始めるよ?」

さやか「うん……あれ?」

QB「どうしたんだい?」

さやか「あそこにいるの…」




仁美「……」フラフラ





336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:55:23.63 ID:tdulEh5+0


さやか「仁美?どうしてこんな所に?」

さやか「いつもなら稽古行ってるはずじゃ…」

QB「大変だ!あの子の首筋に魔女の口づけが!!」

さやか「なっ…!?」

QB「早く何とかしないと、大変なことになっちゃう!!」

さやか「QB、契約を!!」

QB「…念のためにもう一度聞いておくけど、本当にいいんだね?」

さやか「早く!!」

QB「…分かった」

キュピーン

QB「よし、これで契約完了だよ」

さやか「これが…私のソウル・オブ・エナジー」

QB「ソウルジェムだよ。頼むから君はまともでいてくれ、さやか」

さやか「とにかく、仁美を追わないと!」タタタッ





337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/09(水) 23:57:50.38 ID:5t7OBW9o0


クックック………邪気眼は感染する……そんな初歩的なことさえ知らんとは、愚かなQBだ……




338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/09(水) 23:58:25.48 ID:oZvvI4uCO


さやかもMAMIさんの毒電波にやられていたか……。




340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:02:21.79 ID:igVeJX6o0


仁美「……」フラフラ

さやか「仁美!!」

仁美「あら…ごきげんよう、美樹さん」

さやか「仁美、しっかりして!!一体なにしようとしてんのよ!?」

仁美「何って、決まってるじゃないですか」

仁美「私たちはこれから、素敵な世界へと旅に出ますの…」

さやか「っ…!?」

QB「魔女に操られている…早く魔女を倒さないと!!」

ブワッ

さやか「!?」

さやか「ここって…結界内!?」

魔女「……」

さやか「なるほど、あんたの仕業か。仁美に酷い事して……絶対に許さない!!」

さやか「ソウル・オブ・エナジー、セット!」

さやか「ミラクルマジカル!メタモルフォーゼ!!」





344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:03:28.65 ID:eri9exbP0


さやかも感染してたw




345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:05:49.82 ID:g7TszN3s0


そりゃ
まみさんみてたらこれが普通だとおもっちゃいますよ




346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/10(木) 00:08:49.61 ID:xzrcAlWT0


QBの頭痛の種が増えたw




347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:08:59.09 ID:+XyxrRIu0


久しぶりにQBに同情するスレ




348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/10(木) 00:09:25.50 ID:vuK1Iumj0


マミさんより酷くね




349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:09:40.63 ID:zZt8XN5a0


救いはまどかだけか……




351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/10(木) 00:11:33.41 ID:H7FRpTwJ0


まどかももう手遅れ
あとの救いはほむほむだけ




352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:12:22.94 ID:igVeJX6o0


さやか「天が呼ぶ地が呼ぶ、魔女を倒せと私を呼ぶ!」

さやか「私はさやか…愛の魔法戦士、さやか!!」

さやか「はっ!!」

QB「さやか、ポーズを決めてる場合じゃないよ!!」

さやか「心配しないで、私の身体は剣でできてるから」

さやか「出でよ!魔壊暗黒剣、トワイライトセイバー!」

QB「……」

さやか「さて、ちょっくら世界でも救いますか」





354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:13:51.74 ID:udU752VtO


すっかり末期じゃないですか




362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/10(木) 00:16:02.11 ID:SHGEoxJn0


数年後に枕に顔埋めてバタバタするレベル




366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:18:45.87 ID:igVeJX6o0


さやか「はぁーっ!!」

バキィッ!

魔女「……」

さやか「なっ…効いてない!?」

ドンッ!!

さやか「うわっ!!」

QB「さやか!!」

さやか「くっ…まだまだぁ!!」

さやか「必殺!」

さやか「必殺……えっと…何にしよう」

バシィッ!!

さやか「うわーーっ!!」





367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:19:11.61 ID:AYINYGWUi


考えるな、感じるんだ




370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:19:59.74 ID:SHGEoxJn0


ああ、馬鹿だこの子w




377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:24:17.33 ID:igVeJX6o0


さやか「がはっ…ごほっ……」

QB「さやか!!」

さやか「くっ…情けないところ見せちゃったね」

さやか「マミさんみたいにはいかないや…」

QB「もういい、もうマミの真似事は止めるんださやか!!」

QB「君は君だ!他の誰でもない、君だけなんだ!!」

QB「マミの真似なんてする必要はない!!」

さやか「私は…私……」

バキッ!!

さやか「ぐふっ!?」

QB「さやか!!」





382 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 []:2011/03/10(木) 00:26:09.05 ID:UfRIBCz/0


もしかしてQBだけなんじゃ…まともなの…




385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:27:26.63 ID:addP9j0T0


そのうちQBも「ククク………ハーッハッハ! 所詮貴様ら魔法少女は我が掌で踊る人形よ!」とか言いだす




389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:31:22.39 ID:igVeJX6o0


さやか「はぁはぁ……」

さやか(私は…私は……)

魔女「……」ブンッ!!

QB「よけるんださやか!!」

さやか「くっ…!!」

さやか「ハァハァ……」

QB「さやか…いい加減格好をつけてる場合じゃないはずだよ?下手したら死んじゃうんだ」

さやか「死……?」

QB「そう、だからマジメに戦ってくれ。今この町で頼りなる魔法少女は君しかいないんだ」

さやか「死……」

魔女「……」

ブンッ!!

さやか「いや…いやあああああああっ!!!」

ガキィンッ!!




393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:36:22.86 ID:ZXoizsXj0


QBが良い奴にみえてワロタ




394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:37:27.68 ID:Xo4J5CiU0


さやかが・・・"覚醒"するっ・・・!!




395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:38:03.23 ID:igVeJX6o0


魔女「!?」

さやか「――え?」

マミ「ふぅ、どうやら間にあったみたいね」

さやか「マ…マミさん!?」

QB「!?」

マミ「……事情は後で聞くわ。とりあえず、今はこの魔女を始末しましょう」

ほむら「……」

マミ「貴女も殺るの?じゃ、どっちが先に狩れるか競争しましょうか♪」





400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:40:15.32 ID:addP9j0T0


マミさんマジ堕天使




404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:43:25.87 ID:igVeJX6o0


マミ「ナイトメア・イリュージョン!」

ドカーン!

さやか「……」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「まどか……」

まどか「さやかちゃん、どうして魔法少女に……」

さやか「わ、私は……」

マミ「スカーレット・ヴェスペリア !」

ドカーン!!

ほむら「……」

ほむら(巴マミはさっきから何を言ってるの…?)





408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:46:12.75 ID:udU752VtO


ほむほむ困惑wwwww




415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:51:03.02 ID:igVeJX6o0


さやか「……」

まどか「さやかちゃん……」

さやか「くっ…!」

まどか「立っちゃダメだよさやかちゃん!こんなに傷が酷いのに…」

さやか「私が…私がやらなきゃ!!」

まどか「さ、さやかちゃん!?」

さやか「うわあああああっ!!」ダダダッ

マミ「美樹さん!!」

魔女「……」

さやか「食らえええええええっ!!!」

ポキンッ

さやか「あ、折れた」

バキィッ!!!

さやか「うわああああああああああっ!!?」





418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:54:22.23 ID:FIdstbP10


折れたぁ!?




421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:57:31.84 ID:igVeJX6o0


まどか「さやかちゃん!!」

マミ「下がりなさい美樹さん!今の貴女じゃ無理だわ!」

さやか「まだ…まだぁ……!!」

さやか「たかが剣一本折れただけ…」

さやか「一本がダメなら二本…二本がダメなら十本……」

さやか「十本がダメなら……百本だ!!」

魔女「!?」

さやか「魔壊暗黒剣奥義!!」

さやか「スーパーウルトラ最強超爆裂神聖剣!!!!!」

魔女「!?」

ドカーーーーンッ!!

さやか「邪気…退散!!」






422 名前: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 []:2011/03/10(木) 00:58:53.41 ID:2v4XcChD0


>>421
魔女までもが困惑しとるww




423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:59:01.52 ID:0elBNANB0


きたか…!!

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /





425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 00:59:53.51 ID:KgRVEa44i


ついにきたか





431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:02:42.73 ID:WhG1YaqqO


暗黒剣なのに神聖剣とはどういうことだ



429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:02:00.71 ID:CVKOf+EWO


魔か神聖どっちかにしようよさやかちゃん




430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:02:02.97 ID:9w0LMP2Y0


最後百獣戦隊かよwww




437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:06:21.57 ID:igVeJX6o0


まどか「た、倒しちゃった…」

ほむら(い、今のは……?)

マミ「……」

さやか「はぁはぁ…」ドサッ

まどか「さやかちゃん!!」

さやか「あはは…やったよまどか。初めてにしちゃあ上手くやったでしょ、私?」

まどか「こんなの…無茶しすぎだよ……」

マミ「…ええ、それに何?今の必殺技は」

さやか「……」

マミ「あれでは…真の必殺技とは言えないわ」

マミ「さっき美樹さんが放った一閃……あれは人を守るためではなく、死の恐怖から逃れるための一撃」

マミ「そうでしょ?」

さやか「……」

マミ「ネーミングも、まるで思いつきだしね」

ほむら(どういうこと…?)





438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:07:24.68 ID:AYINYGWUi


マミさんのもたいして変わらない件




440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:07:54.71 ID:ZAhDJ8qq0


駄目出し厳しいです><




446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:15:15.29 ID:igVeJX6o0


マミ「とにかく…色々話があるわ、QB」

QB「……」

マミ「どうして美樹さんが魔法少女に?」

QB「僕はさやかに頼まれただけだよ」

まどか「うそ…」

ほむら「うそね」

さやか「ち、違う!本当だって!」

さやか「恭介の腕を治してもらうために…私は……」

ほむら「なんて事を…」

さやか「けど、私は…私は後悔してない!!」

マミ「……」

まどか「さやかちゃん…」






450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:22:46.45 ID:igVeJX6o0


マミ「…分かったわ、とりあえず今日はもう帰りましょう。傷も癒さなきゃいけないしね」

さやか「……」

マミ「…これから忙しくなりそうね」

まどか「マミさん…」

マミ「今夜も月が赤いわ…」

ほむら「…?」

QB「僕たちも行こう、さやか」

さやか「……うん」

マミ「……」







455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:29:28.27 ID:igVeJX6o0


まどか宅

まどか「さやかちゃん…」

QB「こうなった以上仕方ないよ。魔法少女の道に進むのはさやかが決めたことだ」

まどか「そうだけど…魔法少女って危険なんでしょ?」

QB「……」

まどか「さやかちゃん大丈夫かな…マミさんがフォローしてくれるからいいけど……」

QB「マミ、か……」

QB(まさか、さやかまで彼女の影響を受けていたとは……なんて感受性が豊かな年頃なんだ)

QB「……僕、ちょっと用事があるから出かけてくるよ」

まどか「うん…おやすみ」






458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:33:17.42 ID:igVeJX6o0


マミ宅

マミ「暗黒銃……魔壊暗黒銃〝デスケルベロス〟」

マミ「うん、良い感じね」

マミ「あとは……」

マミ「スーパーウルトラ……ダメね、趣味じゃないわ」

マミ「……はぁ」

マミ「……」

マミ「まどかちゃん、今何をしてるのかしら」





460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/10(木) 01:34:52.35 ID:Ro1W2+5HO


ネタパクってやがるww




463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/10(木) 01:37:09.53 ID:IpfheDEOO


ダメ出ししてたくせにパクるなw




470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:43:32.00 ID:igVeJX6o0


某所

QB「ありがとう、来てくれたんだね」

杏子「いきなり呼んで何なの?」

QB「いやあ…実はこの町でちょっと色々問題があってね」

杏子「問題?」

QB「マミのことで…」

杏子「パス」

QB「ちょっと待ってくれ」

杏子「絶対イヤ」

QB「君だってこの地域をマミから奪いたいだろ?」

杏子「なに?珍しいじゃん、あんたが戦いを仕向けるようなこと言うなんて」

QB「……」





471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:44:29.81 ID:2g+81EaT0


あんこちゃんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!




475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/10(木) 01:45:34.50 ID:Ro1W2+5HO


やはりあの乗りには付き合いきれないかww




476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:45:43.21 ID:9w0LMP2Y0


よかったあんこちゃんはまともだ…




477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:48:35.11 ID:FIdstbP10


パス即答www




478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:50:02.41 ID:AYINYGWUi


…正直あんこちゃんになんとかできるとは思えない




479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:50:26.76 ID:igVeJX6o0


杏子「というわけだから、マミとは関わりたくないしあたしもう帰るね」

QB「待ってくれ杏子!」

杏子「あ?」

QB「頼む、この通りだ。今は君の力が必要なんだ」

杏子「……なにしちゃってるの?」

QB「土下座だよ。この世界では頼み事をする時にこうするんだろ?」

杏子「ぷっ…あっはははは!!」

QB「なにか間違っていたかい?」

杏子「いいや…くくっ」

杏子「ずいぶんと面白いもん見れたよ」

QB「……」

杏子「…いいよ、土下座に免じてこの町でちょっと暴れてあげる」

杏子「やるならやってやろうじゃん、マミをぶっ潰すくらいにね」





480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:51:05.99 ID:WhG1YaqqO


土下座wwwwwwwwwwww




484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:52:06.87 ID:addP9j0T0


もうQBの追い詰められっぷりがやべぇwwwwwww




486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/10(木) 01:53:07.88 ID:D9SkWPf40


    r'ニニ7      本当にマミさんをどうにかしたいという気持ちで…
     fトロ,ロ!___       胸がいっぱいなら…!
 ハ´ ̄ヘこ/  ハ
/  〉  |少  / |      どこであれ土下座ができる…!
\ \    /| |
 ┌―)))――)))‐―┐      たとえそれが…
  ヽ ̄工二二丁 ̄
   〉 ヽ工工/ ;′∬     肉焦がし… 骨焼く…
  lヽ三三三∫三三\;'
  h.ヽ三∬三三';.三三\';∫   鉄板の上でもっ………!
  └ヽ ヽ三,;'三三∬三;'三\'"
    ヽ |__|烝烝烝烝烝烝|__|
      lj_」ー――――‐U_」










マミ「絶望ティロ・フィナーレ」




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:21:39.00 ID:tAuMIlet0


さやか「マジックマジック…」キュッキュッ

さやか「ふぅ……」

さやか「くっ…また痛み出した…」

さやか「右腕が…魔痕が疼く……!」

さやか「うぅ…、恭介…助けて……」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:24:33.12 ID:j2gbRo6V0


自分で書いて自分で痛み出すんじゃ世話ねー




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:28:32.97 ID:tAuMIlet0


翌日

仁美「さやかさん、腕の怪我は大丈夫ですか?」

さやか「うん、全然平気」

まどか(本当なの?さやかちゃん……)

さやか(大丈夫、魔痕もこの時間なら……くっ)

まどか(さやかちゃん!!)

さやか(あのね、まどか…実は大切な話があるの……)

まどか(大切な話?)

さやか(私の…もう一人の私、SAYAKAが現れたんだ)

まどか(!?)







8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:32:38.40 ID:i3OeJOQn0


来たか…




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:33:11.54 ID:tAuMIlet0


まどか(それって……)

さやか(うん、闇から生まれし者…)

まどか(そ、そんな……)

マミ(そのことは、本当なの?)

まどか(マミさん!)

さやか(……はい。QBもその時の私を見てました)

マミ(そう……)

さやか(マミさん…お願いがあるんです)

さやか(もし私の身体が支配されてしまったら…私のことを殺してください)





13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:37:53.59 ID:tAuMIlet0


まどか(ダメだよさやかちゃん!!)

さやか(でも、そうするしか…)

マミ(……分かったわ)

まどか(マミさん!?)

マミ(けど…それはあくまで最終手段よ)

マミ(貴女には…闇から生まれし者に打ち勝つ道を進んで欲しい)

さやか(……)

マミ(大丈夫よ、自分の〝コネクト〟を信じて)

さやか(私のコネクト…恭介)

マミ(そう、その子と通じ合うことができれば……貴女は闇に支配されないわ)

さやか(……はいっ!)





ほむら「……」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:43:03.17 ID:tAuMIlet0


放課後

さやか「さてと、行こっかまどか」

まどか「うん」

ほむら「待って」

まどか「あ…ほむらちゃん」

さやか「…何のよう?」

ほむら「あなたに用はないわ、美樹さやか」

ほむら「用があるのは…鹿目まどか、あなたよ」

まどか「わ、私!?」

ほむら「えぇ、私と一緒に来て」





17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:47:08.40 ID:tAuMIlet0


さやか「まどかに何をするつもり!?」

ほむら「あなたには関係ない」

さやか「な、何を…!!」

まどか「さ、さやかちゃん落ち着いて」

まどか「分かったよほむらちゃん、一緒に行くよ」

さやか「まどか!?」

まどか「もしかしたら、これを機会に仲良くなれるかもしれないし…」

ほむら「……決まりね」

マミ「私も一緒に行ってもいいかしら?」







18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:48:21.91 ID:W4lRXQRd0


マミさん意外とでしゃばりw




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:51:32.74 ID:tAuMIlet0


ほむら「巴マミ……」

マミ「まどかさんは私のコネクト。私も一緒に行く権利はあるはずよ」

ほむら「……いいわ、あなたにも聞きたいことはあるし」

マミ「そういうわけだからさやかさん、一人になるけど見回りお願い」

さやか「……分かりました、マミさんが言うなら」

マミ「ありがとう」

さやか「……」

マミ「さやかさん、貴女なら大丈夫。きっと闇から生まれし者にも打ち勝つわ」

さやか「は、はい」

ほむら「……」





20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:52:31.00 ID:ocSCT/oE0


ほむほむは3人の会話がまったく理解できないんだろうなwww




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 03:56:50.15 ID:tAuMIlet0


ゲームセンター

QB「……」

杏子「……」

QB「……」

杏子「……なんであんたがここにいるわけ?」

QB「他に行くところがないんだ」

杏子「ふーん…以外とヒマなんだね」

杏子「そうだ、格ゲーやるからアンタ付き合ってよ」

QB「いや…僕には無理だよ」

杏子「なぁんだ、ノリ悪いの」

杏子「じゃあ鬱陶しいしどっか行ってよ」

QB「……」





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:02:22.47 ID:tAuMIlet0


病院

さやか(見回り行く前に、ちょっと恭介の顔を見るぐらいならいいよね…)

さやか(なんたって恭介は私のコネクトなんだし)

ガラッ

さやか「恭介!」

さやか「……って、あれ?いない?」

「上條君なら、今日退院したわよ」

さやか「え?」

「経過も順調だったから、予定が前倒しになったの」

さやか「そう…なんですか」

さやか(退院したんだ…よかった)

さやか(でもそれならそうと私に知らせても良いのに。コネクトなんだから)

さやか「……くっ!?」

さやか(魔痕が…ハァハァ……)

さやか(これが恭介が感じてきた痛みなんだね……共感できて、私うれしい……)





27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:02:56.47 ID:EF55sy2H0


もうだめださやかさん




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:12:23.61 ID:tAuMIlet0


喫茶店

ほむら「……」

マミ「……」

まどか「ええっと……話って何かな?ほむらちゃん」

マミ「相変わらず、哀しい眼をしているのね」

マミ「昔の私のと同じ眼……」

ほむら「……」

マミ「なるほどね……〝因果に魂を縛られた者〟、か」

ほむら「っ…」

まどか「因果に…魂を縛られた者?」

マミ「えぇ…闇から生まれし者を受け入れ、なおかつ自我を失っていない魔法少女のことよ」

ほむら「……?」






31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:17:30.81 ID:tAuMIlet0


まどか「そ、そんな人がいるんですか!?」

マミ「まぁ…才能がある魔法少女の中でもごく僅かだけどね」

まどか「ほむらちゃんって凄いんだね!!」

ほむら「……」

マミ「話がそれてしまったわ……それで、まどかさんに何の用なの?」

ほむら「聞きたいことがあるの」

まどか「なに?」

ほむら「コネクトってなに?」





32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:19:49.62 ID:W/eQpl9l0


そこかい!




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:25:25.42 ID:tAuMIlet0


まどか「え…?」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん…〝コネクト〟を知らないの?」

ほむら「ええ、だから聞いてるの」

まどか「だ、だってコネクトだよ!?あのコネクトだよ!?」

まどか「ほむらちゃんが知らないなんてありえないよ!!」

ほむら「……」

マミ「まどかさん、彼女が知らないのも無理はないわ」

マミ「なぜなら彼女は〝闇から生まれし者〟を受け入れた〝因果に魂を縛られた者〟」

マミ「逆に言えば、〝コネクト〟を持っていなかったから彼女は〝因果に魂を縛られた者〟になってしまった」

マミ「なら、〝コネクト〟を知らなくて……当然ね」

まどか「そ、そう言われれば……ごめんね、ほむらちゃん」

ほむら「だからコネクトってなに?」





40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:33:58.08 ID:tAuMIlet0


まどか「コネクトっていうのはね…大切な人との〝絆〟っていう意味なの」

ほむら「大切な人との…絆……」

まどか「うん。〝コネクト〟があれば、魔法少女は〝闇から生まれし者〟に身体を支配されずにすむ……」

まどか「〝コネクト〟は、心の闇を照らす光なんだよ!」

ほむら「……そもそも、闇から生まれし者って?」

マミ「あ、貴女…そんなことまで知らないの?」

ほむら「……」

まどか「マミさん、どういうことなんでしょう…」

マミ「……なるほどね」

マミ「導き出される結論は一つ……」

マミ「暁美さん、貴女は…生まれつき〝因果に魂を縛られた者〟だったのね」

ほむら「私は闇から生まれし者について聞いているの、答えて」





47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:45:26.89 ID:tAuMIlet0


まどか「〝闇から生まれし者〟っていうのは、魔法少女の心の中に存在するもう一人の自分…」

マミ「私たち魔法少女は闘えば闘うほど、心の中に憎しみや怒りといった負の感情が溜まっていく。自分で気づいていなくてもね」

マミ「それぐらいなら、貴女も知っているでしょう?」

ほむら「……」

マミ「その負の感情から生まれるのが、〝闇から生まれし者〟よ」

マミ「〝闇から生まれし者〟は、常に魂の所持者の身体を狙っている」

マミ「自分のモノにするためにね」

マミ「そしてそれは…私の中にもいる」

マミ「もう一人の私、MAMIが……」

まどか「マミさん…」

ほむら「……」

ほむら(分からない…二人の言っていることが全く)

ほむら(まさか…全然違う世界に来てしまった?)





53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:53:30.02 ID:tAuMIlet0


まどか「大丈夫ですマミさん、一緒に頑張りましょう!」

まどか「MAMIさんなんかに絶対マミさんの身体を支配はさせません!」

マミ「まどかさん…ti amo (ティ アーモ)」

まどか「ti amo (ティ アーモ)、マミさん」

ほむら「……」

ほむら(けど二人はここに存在している…間違いなく)

ほむら(なら……この時間軸は一体…?)

ほむら「……」

ほむら(コネクトは…絆)

ほむら(私にとってそれは……)

まどか「どうしたの?ほむらちゃん」

ほむら「…なんでもないわ」






54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:54:49.16 ID:nynPhHIt0


ああ、早速毒されはじめた……
QBが心労で倒れる日も近いな




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 04:56:38.41 ID:+58+c6GI0


ほむほむまでwwwwww




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 04:59:22.41 ID:tAuMIlet0


マミ「それで、他に聞きたいことは?」

ほむら「……ないわ」

マミ「そう…私からも話があるんだけど、いいかしら?」

ほむら「……」

マミ「沈黙は了解ってことね」

マミ「なら、単刀直入に言うけど…私たちの仲間にならない?」

ほむら「……」





59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:08:02.66 ID:tAuMIlet0


マミ「これ以上、お互いに敵対していてもしょうがないわ」

マミ「私たちの共通の敵――それは魔女。そうでしょ?」

ほむら「……」

マミ「私は守りたい、この町を…大切な人を」

まどか「マミさん…///」

マミ「だから、守れるのなら私はどんな手段だって使うのをいとわない」

ほむら「っ…」

マミ「貴女だって、何か守りたいものがあるから闘っているんでしょ?」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「……残念だけど、まだ決められないわ。あなた達と共に戦う決心が」





62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:17:46.69 ID:tAuMIlet0


まどか「ほ、ほむらちゃん何で…」

マミ「……」

ほむら「今のあなた達といるのは…色々不安があるの」

まどか「そんなっ…!」

ほむら「今日は時間をとらせてしまってごめんなさい。それじゃあ…」

まどか「ほ、ほむらちゃん待って!」

マミ「行かせてあげなさい、まどかさん」

まどか「でも…」

マミ「〝因果に魂を縛られた者〟は…私たちの想像もつかない業を背負っている」

マミ「他人に頼れないぐらい、辛いはずよ……だから一人にさせてあげて」

まどか「……」

マミ「…心配しないで。もし彼女がピンチに陥ったときは必ず助けるわ。貴女はそれを望んでいるんでしょう?」

まどか「マミさん……ありがとうございます」

マミ「いいのよ、貴女がいるから今の私もいるの。むしろ私が感謝したいわ」

マミ「grazie di cuore (グラツェ ディ クオーレ)、まどかさん」





64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 05:20:17.97 ID:yNH3mChO0


マミさん言ってる事は大体あってるっていう




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:28:43.46 ID:tAuMIlet0


さやか「でやああああっ!!」

バシュッ!!ズバババッ!!

使い魔「きー!」

さやか「これで終わりにしてあげる!ライフ・オブ・エナジー、セットアップ!!」

さやか「出でよ!魔壊暗黒剣、フーリッシュマーメイド!!」

さやか「チャージアップ!!」

さやか「ギュインギュインギュイン……ズシュー」

さやか「チャージ完了!超フーリッシュマーメイド!!」

さやか「この一閃からは逃れられない…!!」

さやか「必殺、〝ジャスティス・スラッシュ〟!!」

使い魔「!!?」

さやか「でいやーっ!!」

ズバババババババ!!バシュッ、ズサッ!!
チャキィン…

さやか「ジャッジメント!」

ドカーーーーーーーンッ!!!





67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 05:30:01.69 ID:Y7be6bvT0


さwwwwwwwwやwwwwwwwwwかwwwwwwwwwwwwww




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:30:17.12 ID:d7PhAUEF0


これはひどい




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:32:36.78 ID:533JlFSrO


フーリッシュマーメイド…愚かな人魚か




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:33:02.11 ID:nynPhHIt0


さやかちゃんがいかにも厨二って感じで素敵




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 05:37:08.62 ID:ocSCT/oE0


>>72
マミさんは厨二通り越して完璧に仕上がってるけど
さやかちゃんは真っ最中だからなぁwww




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:37:14.73 ID:lYkx/ao8O


いい感じに痛々しい
足をバタバタしたくなる




76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:39:59.73 ID:tAuMIlet0


さやか「ふぅ…退治完了っと」

さやか「だいぶ闘い慣れた気がするわ……」

さやか「……」

さやか「でも何だろう…このモヤモヤ感……」

さやか「なんか…気味が悪い」

『目覚めよ――――』

さやか「え?」

『――――その内に秘めた怒りを解き放て!』

さやか「くっ……魔痕が!!」

さやか「まさかっ…もう一人の私の仕業?」

さやか「うぅっ……上等じゃない」

さやか「私は貴女なんかに絶対負けないんだから」

さやか「恭介がいる限り……私は…!!」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:43:44.79 ID:nynPhHIt0


なんで厨二になると二重人格に憧れちゃうんだろう




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:45:02.41 ID:UE24Yr05O


マミさん外してるのにストライクってすごいwww




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 05:53:15.29 ID:tAuMIlet0


まどか「さやかちゃん、大丈夫かなぁ…」

マミ「そうね…あの子、まだ力をセーブできてないみたいだし少し心配だわ」

マミ「魔痕のこともあるし…」

まどか「さやかちゃん…」

マミ「…ねえ、その上條君って子とさやかさんは仲が良いの?」

まどか「え?はい、たぶん…」

マミ「たぶん?」

まどか「幼馴染ですから、たぶん仲は良いと思います」

マミ「幼馴染…ね」





83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 06:02:32.54 ID:tAuMIlet0


まどか「どうしたんですか?」

マミ「幼馴染……まだ恋人とかそういう関係じゃないの?」

まどか「どうなんでしょう…?」

まどか「でもさやかちゃんは上條君がコネクトだって言ってたし、たぶんそういう関係なんじゃ…」

マミ「憶測で決め付けるのは危険だわ、まどかさん」

まどか「え?」

マミ「もし恋人じゃなかったら」

まどか「それって…?」

マミ「さやかさんの一方的な想いだったら、それはとても危険なことなの…」

マミ「〝コネクト〟は…お互いの心が繋がり合わないと発生しないのだから」

まどか「!?」





86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 06:08:20.40 ID:Y7be6bvT0


だいたいあってるwwwww




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 06:10:50.70 ID:tAuMIlet0


まどか「じゃ、じゃあもしかしてさやかちゃんは…!!」

マミ「……可能性はあるわね」

まどか「ど、どうしましょうマミさん…」

マミ「とにかく、今は闘いを控えさせたほうがいいわ」

マミ「もしこれ以上心の闇が蓄積されると…取り返しのつかないことになる」

まどか「わ、私メールしておきます!」

マミ「ええ、お願い」

マミ「私も迂闊だったわ…早く気づいてあげれば」

まどか「さやかちゃん…」

マミ「私たちで彼女をなるべくフォローしましょう」

まどか「は、はい!」





91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 06:14:53.06 ID:tAuMIlet0


恭介宅

さやか(恭介、いるかな…)

さやか(退院のお祝いした方が…)

さやか「……」

~♪

さやか「!」

さやか(これ…恭介のバイオリン?)

さやか(退院したばっかだっていうのに、もう練習してるんだ……)

さやか「…邪魔しちゃ悪いかな」

杏子「会いもしないで帰るのかい?」

さやか「っ!?」





99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 06:26:57.42 ID:tAuMIlet0


            デス・クリムゾン
さやか「お前は…〝真紅の死神〟!?」

杏子「その呼び方やめろって……」

さやか「なんでお前がここに!!」

杏子「知ってるよ、この家の坊やなんだろ?あんたが契約した理由って」

杏子「まったくバカだね。一回きりの奇跡をこんなくだらない事に使うなんて」

さやか「黙れ!お前になにが分かる!!」

杏子「…惚れた男をモノにするなら、もっと手っ取り早い方法があるじゃないか」

杏子「せっかく手に入れた魔法でさ、あの坊やの手足を使い物にできなくして」

杏子「一生あんたナシでは生きられない身体にすればいいんだよ」

さやか「なっ…!?」





101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 06:33:03.54 ID:tAuMIlet0


杏子「なんならアンタの代わりにあたしがやてやろうか?」

杏子「同業者のよしみで」

杏子「なぁに、お安いごようさ」

さやか「もう喋るなぁ!!」

杏子「……」

さやか「お前といると……魔痕が…私の中の闇が抑えきれなくなる」

さやか「お前が私の〝闇〟を呼ぶことになるぞ…!」

杏子「……ま、闇でもなんでもいいけどさ」

杏子「場所変えよっか、ここじゃ目立つだろ?」





145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 14:53:16.50 ID:533JlFSrO


闇の力が解放されて大地が震えている…!




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 14:54:43.19 ID:LM35LavsO


大地も脅えているというのか…

我々の強大な闇の力に…




147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 14:56:47.39 ID:hZ4ozLX00


奴が…来た…




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 14:59:28.49 ID:jPfYI3vB0


この揺れ!私の知っているワルプルギスの夜よりもずっと強い暗黒の波動を感じる……ッ!!




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 15:08:54.37 ID:+E01TGHzO


「奴」が来る…!




152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 15:14:39.51 ID:JuVQ2n6v0


まさか・・・最悪の魔女が・・・!




153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 15:18:10.75 ID:y5Asq1ZW0


ククク……始まったようだな




155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 15:21:06.48 ID:hqk5Ow4o0


『破滅の祈り』か…!?
これが最後の戦いとなればいいのだが…




156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 15:24:03.54 ID:ZM5RpmZx0


これも因果に魂を縛られた者達が放つ、哀しみの産声という訳ね…




157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 15:31:16.70 ID:o+Yc359C0


それでも魔法少女なら…魔法少女ならきっとなんとかしてくれる…




163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 16:12:20.67 ID:rbsv/pjL0


地震やべーよ





182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 17:55:11.09 ID:533JlFSrO


まさか>>1はカタストロフィに巻き込まれたのか…!!




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 18:21:44.03 ID:j2gbRo6V0


このスレから邪悪な気配を感じる




206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 20:23:01.77 ID:TNobUYHC0


東北地方太平洋沖地震―放送中止―




207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 20:31:19.36 ID:jPfYI3vB0


公式でこんなの見つけたんだが・・・

【twitter@mbadoka_magika】 本日のTBS第10話の放送は地震関連ニュースの為、休止となります。 ご了承ください。  #madoka_magica

http://www.mbs.jp/madoka-magica/




237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:29:14.06 ID:tAuMIlet0


ほむら「……」

QB「こんな所にいたのか」

ほむら「……なんの用?」

QB「君とならまともに話せると思ってね、暁美ほむら」

ほむら「あなたと話すことなんてないわ」

QB「そんなこと言わないでくれ。僕は君に聞きたいことがあるんだ」

QB「君は、マミたちについてどう思う?」

ほむら「……」






238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:29:58.03 ID:RsvTvYFr0


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
生きててくれてありがとう




240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 23:30:14.80 ID:TbSlzAHX0


無事だったか




244 名前: [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/11(金) 23:31:17.19 ID:3gEuaiIWP


今はマミさんに希望を貰いたい気分で一杯だ




247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:38:18.01 ID:tAuMIlet0


QB「気になって僕なりに調べてみたよ」

QB「彼女たちはこの国でいう、厨二病という症状にかかっているようだ」

ほむら「……」

QB「妄想から来る根拠のない自信、強烈な思い込み、若さゆえの無鉄砲さ」

QB「これだけならまだいいんだ」

QB「けど、彼女たちは魔法少女としての力を持ってしまった…」

QB「僕も驚いたよ…まさか厨二病と魔法少女の力が合わさると、とてつもない力を発揮するなんて」

QB「恐らくこの力にはまだまだ僕の知らない未知のパワーがある。この先一体どうなることやら……」

ほむら「……」

QB「ふぅ、なんだか久しぶりに誰かと話した気分だよ。ところで君の意見を聞きたいんだが…」

ドガーーーーーーーンッ!!!

QB「」

ほむら「あなたと話すことなんてないわ」






248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:41:05.27 ID:nynPhHIt0


>ふぅ、なんだか久しぶりに誰かと話した気分だよ。

QB……お前は泣いていい……




249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:41:56.07 ID:Fahe8l5m0


きゅ… キュウべえーーーーっ!!




250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:42:30.03 ID:z/KeypSzO


QBさん・・・
流石に可哀相に思えてくるわ・・・




251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:43:04.32 ID:M9ovczo+O


無事で安心した

なんかこのスレだとQBざまぁwwwと言えない




256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:48:54.37 ID:tAuMIlet0


まどか宅

まどか「どうしよう…さやかちゃんの電話つながらないよ」

まどか「メール見てくれたかな…」

詢子「どうしたんだい、まどか」

まどか「あっ…お母さん」

詢子「なにか悩み事があるみたいだね」

まどか「うん…」

詢子「話してごらん」

まどか「友達がね、大変なの…」

まどか「コネクトを…コネクトを失くしそうなの」

詢子「コネクト…?」





263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/11(金) 23:55:06.34 ID:tAuMIlet0


まどか「うん…」

詢子「コネクトって…なに?」

まどか「あっ、お母さんは知らなくて当然だよね」

まどか「〝コネクト〟この世ならざぬ者にとって大切なものなの」

詢子「……」

まどか「でも友達のコネクトが…闇から生まれし者が…」

まどか「このままだと…さやかちゃんが魔壊暗黒騎士になっちゃう!」

詢子「……」

まどか「お母さん、どうしたらいいかな…?」

詢子「まどかがしたいようにしな」

まどか「……うん」

QB(まどか、大変だ!)





272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 00:02:03.48 ID:gU9Ggack0


詢子「まどかがしたいようにしな」

このセリフの破壊力がヤバいwwwwwwwwwww




274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:03:19.97 ID:tAuMIlet0


まどか「QB?どうしたの!?」

詢子「っ!?」ビクッ

QB(さやかが、杏子と戦おうとしているんだ!)

まどか「そんな…さやかちゃんが!?」

QB(早く止めに行かないと!)

まどか「分かった、マミさんにも連絡しておくね」

QB(いや、マミはいい。話がややこしくなる)

まどか「ダメだよ!相手があの子なら、マミさんの戦力は必要だよ!」

まどか「お母さん、私お母さんに言われたとおりやってみる!」

まどか「ちょっと出かけてくるね!」

詢子「うん、いってらっしゃい。ほどほどにね」

まどか「待っててさやかちゃん、今行くからね!」タタタッ

詢子「……」

詢子「どこで間違えたかなぁ……」





275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 00:04:52.95 ID:9rsW/dR50


親も苦い経験思い出してたりしたら泣ける




281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:11:18.84 ID:k3aF8Ngw0


杏子「ここなら遠慮もいらないよね?いっちょ派手にいこうじゃん」

さやか「はぁ…はぁ…」

杏子「なに?戦う前からもう疲れてるの?」

さやか「……黙れ」

杏子「は?」

さやか「早く決着をつけよう…でないと、私の闇がこの町を飲み込んでしまう……」

杏子「……なんでもいいけどさ、ちゃっちゃと始めようよ」

さやか「…ライフ・オブ・エナジー、セット」

まどか「待ってさやかちゃん!!」





286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:18:16.90 ID:k3aF8Ngw0


さやか「!」

杏子「あんた…」

まどか「ダメだよさやかちゃん、こんな無意味な争いは哀しみしか生まないよ!」

まどか「マミさんも今こっちに向かってるし、さやかちゃんはこれ以上変身すると…」

さやか「まどかには関係ないわ…」

まどか「さやかちゃん!」

杏子「はっ、ウザいやつにはウザい仲間がいるもんだね」

ほむら「じゃあ、あなたの仲間はどうなのかしら」

杏子「!?」

まどか「ほむらちゃん!」





292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:24:08.48 ID:k3aF8Ngw0


ほむら「話が違うわ、二人には手を出さないでって言ったはずよ」

杏子「あんたのやり方じゃ生ぬるいんだよ」

杏子「それに、どのみち向こうは殺る気だぜ?」

ほむら「じゃあ私が相手をする。あなたは手を出さないで」

さやか「ぐっ……!」

まどか「さ、さやかちゃん…?」

さやか「いいの?私と遊んで大火傷しても知らないよ……?」

ほむら「……」







295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:27:51.91 ID:k3aF8Ngw0


まどか(ダメだ…二人とも闘う気だ……)

まどか(私…どうしたら…)

詢子『まどかがしたいようにしな』

まどか(そうだ…お母さんがそう言ってたんだ!)

まどか(さやかちゃんを闘わせないようにするには…変身させなければいい)

まどか(さやかちゃんのソウル・オブ・エナジーをどこか遠くに投げれば…!)

まどか「さやかちゃんゴメン!!」ダッ

さやか「っ!?」

まどか「えーいっ!」ポイッ

さやか「」




301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:30:51.90 ID:zSHMpFWm0


ああぁあぁぁぁぁぁぁ!




302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:33:46.73 ID:k3aF8Ngw0


ほむら「!!」ヒュンッ

まどか「ごめんねさやかちゃん、今はこうするしか…」

さやか「」

まどか「さやかちゃん…?」

QB「まどか、今のはまずかったよ」

まどか「え…?」

QB「友達を投げ捨てるなんて酷いよ」

まどか「私は…」

杏子「おい…どういうことだよこれ」

杏子「こいつ…死んでるじゃねえか!!」

まどか「!?」

            デス・クリムゾン
マミ「そこまでよ〝真紅の死神〟!さやかさんから離れなさい!!」







303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 00:35:08.28 ID:EGuWAL1+0


マミさんが出てきただけでこの安心感
なんかもうすべてを知っててみんなを傷つけまいとする天使に見えてきた




304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 00:35:23.64 ID:rME6/Sov0


この状況でこのマミさんは話をややこしくするからかえっていい




308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:45:20.80 ID:k3aF8Ngw0


杏子「マミ…」

マミ「……どうしたの?」

まどか「マ、マミさん…さやかちゃんが…」

マミ「さやかさん…これは一体」

QB「さやかはさっきまどかが投げたじゃないか。これはただの抜け殻だよ」

まどか「え?」

杏子「どういうことだよ!?」

QB「君たちの身体は…」

マミ「なるほどね、薄々気づいていたけど…」

マミ「私たちの魂は、ソウル・オブ・エナジーにされていたのね」

杏子「なっ…!?」






309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 00:46:44.21 ID:EGuWAL1+0


薄々気づいてたんすかwwwwwwwwwwwww




320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 00:53:49.60 ID:k3aF8Ngw0


まどか「ど、どういうことですかマミさん!?」

マミ「つまり私たち魔法少女にとって、身体なんて外付けのハードウェアでしかないの」

マミ「魔力を効率よくコントロールするためには、魂の形を変えなければいけない」

マミ「そして研究されたのが、〝ディヴァリアーレ・プロジェクト〟」

杏子「な、なんだよそれ…」

マミ「まさかとは思っていたけど……あの計画がこんな形で発動していたなんて」

QB「……」

杏子「おい、!ちゃんと説明しろ!!」

マミ「…それよりまず、さやかさんのソウル・オブ・エナジーを探さないと」

ほむら「それには及ばないわ」

まどか「ほむらちゃん!?」

さやか「あ、あれ?私……」





321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 00:54:56.86 ID:4uRxcNXH0


ほむらちゃん大事なトコ聞き逃しちゃったね




333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:00:33.65 ID:k3aF8Ngw0


まどか「さやかちゃん!生き返ったんだね!!」

さやか「なに?何なの?」

マミ「あとでもう一度説明するわ」

マミ「それよりQB…あなたは一体何者なの?」

QB「……」

マミ「やはり……〝機関〟の者なのね」

まどか「どういうことなのQB!?」

QB「マミから聞けばいい…僕はもう帰るよ」

マミ「……」








335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:01:21.41 ID:bHMrfE7d0


QB…もう休め…




345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:08:59.48 ID:k3aF8Ngw0


まどか「QB……」

杏子「マミ、お前はあいつの正体を知ってるのか?」

マミ「詳しいことは分からないわ。でも、〝機関〟から送り込まれた者ってことは確かよ」

杏子「その機関ってのは何なんだよ!」

マミ「それも…詳しいことは」

杏子「はぁ!?」

ほむら「……」

杏子「何なんだよ…結局あいつは味方なのか?敵なのか?」

マミ「まだ情報が不足しすぎているから分からないわ。とにかく迂闊なことはしないで」

さやか「あの、マミさん……」

マミ「……さやかさん、よく聞いてね」

マミ「この世界の真理を…」





349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:12:15.47 ID:cOHnKq6n0


あれ?これもしかしたらほむほむが渇望した全員生存ルートじゃね?




352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:16:39.52 ID:k3aF8Ngw0


――――――――――――
―――――――
――――

さやか「そ、そんな……」

杏子「じゃあ私たち…ゾンビにされたみたいなもんじゃねえか!!」

             デス・クリムゾン
マミ「落ち着きなさい、〝真紅の死神〟」

杏子「これが落ち着いていられるか!!」

さやか「……」

ほむら「…巴マミ」

マミ「何かしら?」

ほむら「あなた…その情報をどこで?」

マミ「秘密よ、ごめんなさい。言えないの」

ほむら「……」

ほむら(多少の相違はあるけど、大筋は合っている…)

ほむら(けど機関って?ライフ・オブ・エナジーって?)

ほむら(〝ディヴァリアーレ・プロジェクト〟……この時間軸には私の知りえない情報が多すぎる)





353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 01:17:28.99 ID:1U1kh8db0


ほむほむ落ちたwwwwwwwww




354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:18:00.70 ID:ke5R3PcP0


スピード解決したと思ったらまたややこしくしたwww




355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:18:19.25 ID:BYRZ/A4w0


陥落確認!




360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:25:25.05 ID:k3aF8Ngw0


杏子「ちくしょう……

さやか「ぐっ…!?」

まどか「さやかちゃん!?」

さやか「あぁ…ああああああああああっ!!!」

ほむら「!?」

まどか「さやかちゃんしっかり!!」

マミ「大変…暗黒エネルギーが暴走を起こそうとしているわ!」

まどか「さやかちゃん!〝闇から生まれし者〟に負けちゃダメだよ!!」

杏子「……」

杏子(無理もねえよな…普通こんなこと知らされたら発狂もんだぜ)

さやか「うわあああああああっ!!」

(どうせバケモノの身体なんだ…私にその身体をよこせ!!)

さやか(やめて!!私は…私は!!!)

さやか「うわあああああああああああああああ!!!」

杏子(今の話がそうとうショックだったんだな・・・こいつ)





363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 01:26:19.16 ID:cmrk53i00


間違ってないけど間違ってる
こんなの絶対おかしいよ




375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:34:28.22 ID:k3aF8Ngw0


まどか「さやかちゃん、上條くんのことを思い出して!」

さやか「きょ、恭介……」ガクッ

まどか「さやかちゃん…」

マミ「…さやかさんは、私が家まで運んでいくわ」

マミ「貴女たちはもう帰りなさい」

まどか「は、はい…」

ほむら「……」

ほむら(闇から生まれし者…)

ほむら(それが美樹さやかが発狂した原因……?)

マミ「……刻が動き始めようとしている」





390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:43:26.03 ID:k3aF8Ngw0


翌日

まどか「さやかちゃん、今日は学校休むって…」

ほむら「そう」

まどか「マミさんもQBを探しに行くからって、今日休んでて…」

ほむら「そう」

まどか「QB…なんであんな酷いことするんだろう」

ほむら「あいつは酷いとさえ思っていない。人間の価値観が通用しない生き物だから」

まどか「でも、そのせいで魔法少女の身体は……」

ほむら「……もう諦めなさい」

まどか「っ……」

ほむら「……」







392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:46:07.87 ID:BYRZ/A4w0


感情がないはずの奴が諦めるという選択肢を選ぶって相当だと思うの




394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:48:57.85 ID:k3aF8Ngw0


さやか宅

さやか「はぁ…はぁ…」

さやか(魔痕が疼く……)

さやか「くっ……」

さやか「……」

さやか「まさか私がこんな身体になるなんて…」

さやか「でも、世界を救う代償としてはしょうがないのかな」

さやか「……それよりも、今一番問題なのはもう一人の私」

さやか「SAYAKAが…目覚めようとしている」

杏子(お前なに独り言ぶつぶつ言ってるんだよ)

さやか「!?」





400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:56:13.77 ID:k3aF8Ngw0


     デス・クリムゾン
さやか「真紅の死神……なんでうちに」

杏子「よかった、思ってたより元気そうじゃん。あんた」

さやか「……どういうつもり?」

杏子「話がある、面貸しな」

さやか「私にはないわ」

杏子「いいから出てこいって。部屋にいるよりマシだぞ」

さやか「……」

杏子「今日は事を構えるつもりはないからさ、安心しろよ」

さやか「…分かったわ、ちょっと待ってて」

さやか「マジックマジック…」

さやか「……」キュッキュッ







403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:57:52.45 ID:r9rZYtRu0


キュッキュッwww




405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 01:58:58.35 ID:QBuMHNX+O


さやか・・・もう重傷なんだね・・・・・




407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:02:55.38 ID:k3aF8Ngw0


教会

杏子「あんた、まだ昨日の話を気にしてるのかい?」

さやか「……」

杏子「まぁ無理もないか」

さやか「こんな所に連れ出して、どういうつもり?」

杏子「私は…」

さやか「つまらない話なら帰るわよ」

杏子「ちょいと長い話に…」

さやか「もういいわ、聞きたくない」

杏子「食うか…」

さやか「さようなら」

杏子「おい!聞けよ!!」

さやか「……」

杏子「せっかくここまで来たんだし聞いてくれたっていいじゃんか……」





409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:05:36.60 ID:q1Wdkv450


杏子ちゃん頑張れ超頑張れ…




412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:07:49.06 ID:k3aF8Ngw0


さやか「・・・…わかったわ」

杏子「聞いてくれるのか!」

さやか「少しだけね」

杏子「じゃあ早速……ん?」

さやか「なに?」

杏子「なんで包帯巻いてるんだ?怪我してるのか?」

杏子「けど怪我なんて魔法で治せば良いのに…」

さやか「これは…」シュルリ

さやか「この黒い模様は、魔痕よ」

杏子「はぁ?どう見ても油性マジックじゃん」

さやか「!?」






414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:08:30.48 ID:X47D8b9W0


やめてwwwwwwwwwwww




416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:08:51.95 ID:BYRZ/A4w0


禁忌に触れやがった……




420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 02:12:11.25 ID:q1Wdkv450


あかん!あかんて杏子ちゃん!




421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:13:09.03 ID:k3aF8Ngw0


さやか「な、何を言ってるの!?」

杏子「いやだってこれ…どう見ても……」

さやか「違う!!魔痕なの!!!」

杏子「なんだよ魔痕って…ほら腕貸しな」グイッ

さやか「!!」

杏子「こんな汚して何考えてんだ。ほら、消毒用のアルコールで拭いてやるよ」

さやか「や、やめ…」

杏子「いいからいいから、ほら落ちた」

さやか「あ…あぁ……」

杏子「魔痕なんてわけの分からないこと言ってないで、とりあえず…」

さやか「うわあああああああああああああああああああああ!!!!!」

杏子「な、なんだよ…」

さやか「魔痕なの!!!これは魔痕なの!!!!!」

さやか「うわああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」





422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:13:34.09 ID:BYRZ/A4w0


うわああああああああああああああああああああああああああああ




425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 02:14:06.03 ID:KRlbpx1N0


やめたげてええええええええええええええええええええええ




430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:18:15.99 ID:k3aF8Ngw0


杏子「お、おい…落ち着けよ」

さやか「いやああああっ!!いやああああああああああ!!!」

杏子「落ち着けって…落ち着けよ!」

さやか「あんた…なんてことを……!」

さやか「うぐぁぁあ!?」

杏子「ど、どうした?気持ち悪いのか?」

さやか「目覚める…」

杏子「は?」

さやか「SAYAKAが…目覚める!!」

さやか「もう終わりよおおおおおお!!!」

杏子「……」

杏子(ど、どうすれば…)





432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:18:54.77 ID:X47D8b9W0


もうSG真っ黒でオクタヴィアSAYAKAちゃん目覚めるだろwwwwwwwwww




438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:23:01.97 ID:k3aF8Ngw0


杏子「そ、そうだ。もう一度マジックで書いてやれば…」キュッキュッ

杏子「ほ、ほら!魔痕が元に戻ったぞ!」

さやか「ハァハァ……」

杏子「ほら見ろ!魔痕だろ?な??」

さやか「魔痕…」

さやか「…・・」

杏子(よかった…落ち着いた)

さやか「……あんたが助けてくれたの?」

杏子「えっ?」ドキッ

さやか「私のこと、助けてくれたんだ…」

さやか「…ありがとう」

杏子「ま、まぁな……」





448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:29:17.26 ID:k3aF8Ngw0


さやか「……」

杏子「ほ、ほら、とりあえずりんごでも食えよ」

さやか「……」

杏子「……ここからはちょいと長い話になる」

~中略~

杏子「ってことなんだ」

さやか「……」

杏子「おい、聞いてるのか?」

さやか「聞こえる…SAYAKAの声が…」

杏子「……」

さやか「……行かなくちゃ」

杏子「あっ、おい待てよ…」

杏子「……」

杏子(何なんだよ…あいつ…)





450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:33:17.46 ID:k3aF8Ngw0


マミ「ふぅ…ここにもいないみたいね」

杏子「おい」

    デス・クリムゾン
マミ「真紅の死神?どうしてここに…」

杏子「その呼び方はやめろって言ってんだろ。私は佐倉杏子だ」

マミ「それで、何のよう?」

杏子「あいつのことで話がある……。さやかってやつのな」

マミ「さやかさんがどうかしたの?」

杏子「お前だろ、あいつに色々変なことを吹き込んだの」

杏子「おかげで頭おかしくなってるぞ、あいつ」





462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:40:04.91 ID:k3aF8Ngw0


マミ「……」

杏子「ったく、なに考えてんだよお前。ソウルジェムのことをソウルオブなんたらとか言ってるし」

マミ「さやかさんが…そうなの」

杏子「あのままにしておいていいのかよ?」

マミ「彼女は闘っているのよ、もう一人の自分とね」

杏子「は…?」

マミ「こればっかりは彼女の問題だから…私にはどうにも」

杏子「おい!何だよそれ!?」

杏子「わけの分かんないことばっか言いやがって!!」

         デス・クリムゾン
マミ「……ねぇ真紅の死神、あなたは上條恭介って子のこと知っている?」






470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:48:59.99 ID:k3aF8Ngw0


杏子「上條?確かあいつが惚れてる坊やのことだろ?」

マミ「そうよ。さやかさんはその子を自分のコネクトだと思い込んでいる」

マミ「けど、どうやらそれが問題になっているみたいなの」

杏子「ど、どういうことだよ?」

マミ「でも恐らく、上條って子はさやかさんのことをコネクトとして見なしていない」

マミ「さやかさんはその事を知らない…いえ、もしかしたら薄々感づいているのかもしれない」

マミ「そのことが不安で…精神に異常をきたしているんだわ」

杏子「だ、だから…コネクトって何なんだよ?」

マミ「〝コネクト〟は〝絆〟」

マミ「つまり簡単に言えば、さやかさんは心の支えになる人がいないことを恐れているのよ」





472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 02:50:18.46 ID:1U1kh8db0


>つまり簡単に言えば、さやかさんは心の支えになる人がいないことを恐れているのよ

何で核心突くんだよwwwwwwww




478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 02:59:36.01 ID:k3aF8Ngw0


杏子「なんだそりゃ…あの坊やに気に入られてないからあんな風になっちゃったのか?」

マミ「まぁ…そういう言い方もあるわ」

杏子「だ、だったらお前らが支えてやればいいだろ!仲間じゃないのかよ!?」

        デス・クリムゾン 
マミ「違うの、真紅の死神。コネクトっていうものはそういうのじゃないの……」

マミ「例えば…貴女のコネクトが親だとするわ」

マミ「その親に、自分の身体はすでに人間じゃないって言える?」

マミ「もし言ってしまって…拒絶されてしまったら、あなたは立ち直れる?」

杏子「っ!!」

マミ「……立ち直れても、きっとその先は辛い道しか残されてないわ」

マミ「その先にあるのは、絶望か…死か…」

杏子「……」

マミ「最悪の場合、〝闇から生まれし者〟に身体を支配されてしまう」

杏子「闇から…生まれし者?」






480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:01:49.30 ID:BYRZ/A4w0


言い方変えてるだけでマミさんの設定はほとんど真実だから性質が悪いwwwwwwwwwww




485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 03:04:43.22 ID:3gGwBqbZ0


怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。

ニーチェ




486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:05:30.22 ID:bHMrfE7d0


>>485
十分厨二だな




487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:07:34.53 ID:k3aF8Ngw0


マミ「〝闇から生まれし者〟…それは心の中にひそむもう一人の自分」

杏子「そいつ身体を支配されたら…どうなるんだよ」

マミ「実際に直面したことがないから私にも分からないけど…」

マミ「最悪の事態になることは間違いないわ」

杏子「っ……」

杏子「……どうにかならないのか」

マミ「珍しいわね、貴女が他人の心配をするなんて」

杏子「そうじゃねえけど…けど、あいつの独り言を聞いちまったんだ」

杏子「世界を救うとかどうとか…」

杏子「バカらしいよな、魔法少女が何言ってんだよって感じじゃん?」

マミ「……」

杏子「でもさ…あいつのことなんかほっとけなくて…」

杏子「考えてみりゃ私も…そういう事がしたくて魔法少女になったんだよな……」





488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:08:24.31 ID:IHNOMVC/0


杏子ちゃんの優しさがいけない方に転がっちゃったw




489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 03:08:57.56 ID:1U1kh8db0


落ちたああああああああ




490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 03:09:39.62 ID:4uRxcNXH0


杏子ちゃんも感染し始めたwwwwwwww




494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:10:37.11 ID:bHMrfE7d0


デデーン、あんこ、アウトー!




496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:14:11.96 ID:k3aF8Ngw0


マミ「……ふふっ」

杏子「なんだよ…」

マミ「変わったわね、貴女」

杏子「え?」

マミ「眼が、優しくなった」

杏子「……」

マミ「さやかさんを救う方法ならあるわ」

杏子「本当か!?」

マミ「彼女に…新しいコネクトが生まれれば、元に戻るかもしれない」

杏子「新しいコネクト…」

マミ「でもそれはとても難しいことよ。コネクトは、お互いの心が通じ合わなければいけないのだから」

杏子「……」

杏子「まぁいいさ…大体分かった」





497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:15:49.70 ID:LjwKdsp1O


マミさん・・・やりやがった
死亡フラグとか屁みたいなもんだな




498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:17:14.00 ID:BYRZ/A4w0


マミさんつえええええええええwwwwwwwwwww




502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:18:29.07 ID:k3aF8Ngw0


杏子「…おい、一つだけ聞いていいか?」

マミ「何かしら?」

杏子「お前にも…その、コネクトっているのか?」

マミ「ええ、もちろん」

杏子「そうか…」

まどか「マミさーん!」

マミ「あら、まどかさん。もう学校は終わったの?」

まどか「はい!それより、私もQBを探すの手伝いますね」

杏子「……」

まどか「あれ?デスクリちゃん…どうしてここに」

杏子「……なんでもねえよ。じゃあな」

まどか「?」





506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 03:20:14.81 ID:Seshnm3M0


デスクリwwwもうダメだwww




508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/03/12(土) 03:20:20.44 ID:DeEm7nA/0


略すなwwww




515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/03/12(土) 03:58:43.95 ID:sd+974ui0


デスクリはwwwww
せこいwwwwww




530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (内モンゴル自治区) [sage]:2011/03/12(土) 08:02:46.86 ID:rKbRwsKfO


被災者の絶望をティロ・フィナーレ

1人でも多く無事でいてくれ・・・




531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (catv?) []:2011/03/12(土) 08:21:31.94 ID:IjxKQFBEi


おまいら
ti amo(ティ アーモ)




532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (dion軍) [sage]:2011/03/12(土) 08:23:02.22 ID:pYXM64XzP


コネクトを……信じるんだ







マミ「ティロ・フィナーレ零」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 21:47:02.73 ID:P3kZRohL0


さやか「……」

QB「調子はどうだい?さやか」

さやか「QB……」

QB「君なら昨日のことでさすがに頭を冷やしていると思ってね」

QB「少しは理解できたかい?自分の運命が」

「……黙れ」

QB「え?」

――――スパッ

QB「」

「……」

さやか「はっ…私、何を……QB!?」

QB「……」

さやか「まさかこれ、もう一人の私……SAYAKAがやったの?」

さやか「うぅ……あああああああああああああああああ!!!!」





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 21:52:08.19 ID:P3kZRohL0


まどか「QB、見つかりませんね…」

マミ「そうね……今日のところはこれまでにしましょうか」

マミ「まどかさん、よかったらウチに寄っていく?」

まどか「いいんですか?」

マミ「ええ、どうせ誰もいないし」

まどか「じゃ、…じゃあお邪魔しちゃいます!」

マミ「…手、握ってもいいかしら?」

まどか「え?」

マミ「ダメ…?」

まどか「そ、そんな!嬉しいです!!」

ぎゅっ

マミ「…まどかさんの温もりが伝わってくるわ」

まどか「…///」





10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) []:2011/03/12(土) 21:53:37.59 ID:xPQPVghn0


あんこちゃんはやくさやかちゃんとコネクトを結んでくれええええええええ!!




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:00:55.25 ID:P3kZRohL0


マミ宅

マミ「どうぞ、アールグレイよ」

まどか「ありがとうございます」

マミ「……」

まどか「どうしたんですか?」

マミ「ううん…まどかさんの顔が見れて嬉しいなって思って」

まどか「へ?」

マミ「本当はね…ディヴァリアーレ・プロジェクトのことを知ったとき、私怖かったの」

まどか「そ、それはそうですよ。自分の身体がゾンビみたいにされたって知ったら…」

マミ「そうじゃないの。私が怖かったのは……」

マミ「私の身体のことを知られたら、まどかさんに嫌われるんじゃないかって…それが何より怖かったの」





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:07:29.91 ID:P3kZRohL0


まどか「マミさん……」

マミ「…ごめんなさい、変なこと言って」

まどか「いえ、そんなことないです」

まどか「こういうことを言うのもあれなんですけど…マミさんの本音が聞けてちょっと嬉しいなって」

マミ「え?」

まどか「だってマミさん、いつもカッコよくて素敵なのに、私の前だとなんていうか…可愛く見えて」

マミ「……」

まどか「あ…ご、ごめんなさい!失礼しました!」

マミ「……ううん、そう言ってもらえて嬉しいわ、まどかさん」

まどか「そ、そうですか…?」





25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:11:58.95 ID:P3kZRohL0


マミ「まどかさん…貴女が私のコネクトで本当によかった」

まどか「私も…良かったと思っています」

マミ「…一つお願いしてもいい?」

まどか「なんですか?」

マミ「私に…勇気をちょうだい」

まどか「勇気…?」

マミ「ええ」

まどか「……分かりました。お母さんには今日友達の家に泊まるって言っておきます」

マミ「ありがとう、まどかさん」

まどか「マミさん…ti amo (ティ アーモ)」

マミ「ti amo (ティ アーモ)…まどかさん」








ほむら「……」




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:18:59.69 ID:P3kZRohL0


ほむら「……」

ほむら(まどか…あなたが幸せに暮らしているのならそれでいいの)

ほむら(それでいいけど……)

ほむら「……」

ほむら(とにかく、ワルプルギスの夜までに情報を集めないと)

ほむら(ソウル・オブ・エナジー、ディヴァリアーレ・プロジェクト、機関…闇から生まれし者)

ほむら(全てが今までのイレギュラーな出来事)

ほむら(そして何より…巴マミの様子が明らかにおかしい)

ほむら(今までなら自分の身体のことを知ったら乱心してもおかしくなかったのに…)

ほむら(この時間軸は一体……)





32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:22:47.17 ID:P3kZRohL0


翌日

仁美「さやかさん、腕の具合はどうですか?」

さやか「うん…大丈夫」

まどか(魔痕、まだ痛む?)

さやか(……)

まどか(さやかちゃん?)

仁美「あら?あれは……」





上條「……」





35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:28:43.11 ID:P3kZRohL0


さやか「!!」

仁美「上條君、退院なさったんですの?」

さやか「……」

さやか(なんで…私に連絡きてないのに……)

まどか「よかったね、さやかちゃん」

さやか「……」

まどか「さやかちゃん、声かけなくていいの?」

さやか「くっ…!?」

さやか「魔痕がっ…!!」

まどか「さやかちゃん!?」

さやか「きょ…恭介……」

仁美「……」





41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:37:39.79 ID:P3kZRohL0


放課後

さやか「……話ってなに?」

仁美「前からさやかさんに秘密にしてきたことがありますの」

さやか「……」

仁美「私、上條恭介くんのことをずっとお慕いもうしていたんですの」

さやか「っ…!?」

仁美「今日はそのことをお話しておきたくて…」

さやか「……ノーマル(魔法少女ではない者)のくせに」

仁美「え?」

さやか「……なんでもないわ」

仁美「さやかさんは上條くんと幼馴染ですわよね?」

仁美「私、抜け駆けはしません。一日待ちますわ」

仁美「私は明日、上条君に告白をします」

さやか「……」







45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:48:12.31 ID:P3kZRohL0


路地裏

さやか「ぜあああああああっ!!!

バシュッ!!ズサッ!!

使い魔「きー!」

さやか「魔壊暗黒剣、ブラッディソード」

さやか「ブラッディチャージ…」

さやか「ブオンッ……ガシャンッ」

さやか「チャージ完了……」

使い魔「!!」

さやか「必殺……『ダークネス・ダンス』」

シュバッ!!バリバリバリバリ!!!
スバババババババッ!!
ガキィン!!
ズガンッ!!!ズバッ!!
ヒュンッ……チャキィン

さやか「消えろ…塵一つ残さず」

ドカーーーーーーンッ!!!!





56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (チベット自治区) []:2011/03/12(土) 22:54:09.25 ID:fjc3ZXNVP


>さやか「ブオンッ……ガシャンッ」

効果音wwwwwwwwwwwww




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:53:57.95 ID:P3kZRohL0


さやか「……」

さやか(勝った…なのにこの気持ちはなに?)

さやか(嬉しくない…なんかモヤモヤする……)

杏子「いやー、お見事だねー」

さやか「あんた…」

杏子「でもさー、使い魔相手にそこまでする必要なくない?」

杏子「グリーフシード持ってないじゃん」

さやか「……」

杏子「あっ、おい!どこ行くんだよ!」

さやか「お前には関係ない…」

杏子「まぁまぁ待てって」

杏子「実はさ、なんて言うか私も……その…」

杏子「マミやお前みたいに必殺技を考えてみたんだ」





57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (大阪府) [sage]:2011/03/12(土) 22:55:05.99 ID:IusSZwBU0


必殺技……だと……




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (dion軍) [sage]:2011/03/12(土) 22:55:17.65 ID:WP/32GA0P


杏子陥落




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (青森県) []:2011/03/12(土) 22:58:20.97 ID:mN6RH/vx0


あんこちゃんも感染してしまった…




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 22:59:33.31 ID:P3kZRohL0


さやか「……」

杏子「いやぁ、最初はあんまり乗り気じゃなかったんだけど…少しはお前のことも理解しておこうかなって思って」

杏子「それにあれだな、叫びながら闘うってのも悪くないかもしれないしな」

さやか「……」

杏子「で、でさ…そのことについて私と話でも」

さやか「興味ないわ」

杏子「あっ、おい!」

さやか「魔痕もないくせに…気安く必殺技なんか使おうとしてんじゃないわよ」

杏子「っ…」

さやか「そこをどいて、私は魔女を追わなくちゃいけないの」

さやか「それとも…あんたが私の相手する?」





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 23:08:37.08 ID:P3kZRohL0


杏子「お前…」

さやか「さようなら」

杏子「ま、待てよ!お前今日は様子が変だぞ!?」

杏子「いやいつも変だけど…今日はずっと変だ」

さやか「……」

杏子「なぁ、それって闇の何とかってやつが原因なのか?」

さやか「あんたには関係ないって言ってるでしょ…」

杏子「そうかもしれねえけど…」

さやか「どいて。あなたと過ごす時間なんてこの世にないの」

杏子「っ…」

さやか「私の前に…二度と現れるな」

杏子「……」

杏子「なんだよ…話ぐらい聞いてくれてもいいじゃんか……」





80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 23:16:11.53 ID:P3kZRohL0


杏子「ちぇっ…次の作戦はどうしよか」

ほむら「佐倉杏子…」

杏子「っ…!?」

ほむら「……」

杏子「と、突然現れるんじゃねーよ!!」

ほむら「美樹さやかはどうしたの?」

杏子「はぁ?お前もあいつのことが気になるのか?」

ほむら「……」

杏子「よく分かんねえけど…なんか雰囲気暗いんだよ」

杏子「殺気立ってるっていうか…」

ほむら「……」





81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) []:2011/03/12(土) 23:17:28.96 ID:xPQPVghn0


QBが切り殺されたというのにだれ一人ざまああああwwwwwと言わない異常性




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (愛知県) []:2011/03/12(土) 23:18:32.41 ID:sdSWc7MW0


>>81
むしろあれでQBは解放された




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 23:21:28.20 ID:P3kZRohL0


杏子「なぁ、お前なにかアイデアはないか?あいつの頭治す方法」

ほむら「さぁ、知らないわ」

杏子「なんだよ…」

ほむら(けど…このまま放っておけば、またよく分からないうちに魔女化する恐れがある)

ほむら(そしていつものパターンね…)

ほむら「佐倉杏子、あなたは美樹さやかのことを助けたいの?」

杏子「……まぁ、結果的にそうなるかな」

ほむら「いいわ、私も美樹さやかの頭を治す方法を考えてあげる」

杏子「本当か!?」






89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (中部地方) []:2011/03/12(土) 23:22:58.69 ID:t4S//fBk0


頭を治す方法でいいのかwwwwwww




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (dion軍) [sage]:2011/03/12(土) 23:25:01.69 ID:WP/32GA0P


キチガイ扱いかよwww
さやかとあんこのコネクトとか胸熱




95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 23:28:57.63 ID:P3kZRohL0


杏子「以外と良い奴だな、お前」

ほむら「そうでもないわ」

杏子「とりあえずマミが言うには、新しいコネクトが必要だなんだとさ」

ほむら「コネクト…絆」

杏子「おっ、なんだお前も知ってるのか」

ほむら「ええ、魔法少女なら知ってて当然よ」

杏子「マジかよ…あたしは昨日まで知らなかったのに」

ほむら「それで、美樹さやかの新しいコネクトだけど」

杏子「ああ、それがさ…」

ほむら「なにか良い案があるの?」

杏子「私が…さやかの新しいコネクトになるとかどうかな?」

ほむら「いいわよ、好きにして」

杏子「あ…うん」





99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西) []:2011/03/12(土) 23:31:39.48 ID:TlXo2ggAO


>ほむら「ええ、魔法少女なら知ってて当然よ」

おいwwwwwww




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 23:41:12.38 ID:P3kZRohL0


ほむら「けど、コネクトはお互いの心が通じ合わないと発生しない」

ほむら「あなた、美樹さやかと心を通じ合わせているの?」

杏子「それが問題なんだよな…」

杏子「私の方は歩み寄ってやろうかなと思ってはいるんだけどさ…肝心のアイツがな」

杏子「まったく、どうしたらいいもんか……」

ほむら「諦めたらダメよ」

杏子「え?」

ほむら「美樹さやかのことが好きなら、諦めないで何度でも近づきなさい」

杏子「いっ…いいいいきなり何言ってんだお前!?」

ほむら「別に…とにかく事を起こすのなら急いだ方がいいわ」

ほむら「このままでは美樹さやかは…」

杏子「闇に飲まれる、ってか…?」

ほむら「……まぁ、最終的にはそうなるわ」

杏子「ちっ……あ~ぁ、手間のかかるやつだなぁ」

杏子「…まっ、しょうがねえか」






115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/12(土) 23:54:44.35 ID:P3kZRohL0


マミ「……」

MAMI『今日はあの娘はいないの?』

マミ「MAMI…」

MAMI『ふっ…なに恐れている』

マミ「私は…」

MAMI『そんなに怖いか…闘うことが』

マミ「っ…」

MAMI『闘って死ねば…あの娘とは二度と会えなくなるから、か』

マミ「……」

MAMI『マミ…私は嬉しいわ。貴女は愛を知って弱くなった』

MAMI『今の貴女なら、いつでも身体を狙える』

マミ「私を甘く見ないことね」

MAMI『ふっ…強がるな、本当は弱いくせに』

MAMI『せいぜい、気を抜かないことね』

マミ「……」





116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関東・甲信越) []:2011/03/12(土) 23:55:59.75 ID:RFFFoRW8O


独り言じゃなくて本当にMAMIさんがいるんじゃないかと思えてきた




120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 00:00:27.40 ID:qPyP5SvH0


さやか「魔女は…どこに…」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「まどか…どうしてここに」

まどか「マミさんに、さやかちゃんのフォローを頼まれて」

さやか「マミさんに…?」

まどか「うんっ」

さやか「そういえば…マミさんは?」

まどか「今日は調子悪いんだって」

さやか「え?」

まどか「仕方ないよ、女の子は月に一度そういう日があるんだし」





128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 00:05:06.63 ID:qPyP5SvH0


さやか「そっか…」

まどか「ねぇさやかちゃん、あんまり無茶しちゃだめだよ?」

さやか「分かってるよ…」

まどか「マミさんも言っていた。闇から生まれし者は油断できないって」

まどか「だから、なるべく…」

さやか「…いないわよ」

まどか「え?」

さやか「闇から生まれし者なんて…私の心の中にはいない」

さやか「だって…恭介が私のコネクトなんだもん……」

さやか「恭介がいるかぎる…私には闇から生まれし者なんかに……」





131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 00:11:30.26 ID:qPyP5SvH0


まどか「さ、さやかちゃん…?」

さやか「でもね…本当は怖いの……」

さやか「恭介って…私のこと好きなのかな」

さやか「好きになってくれるのかな」

まどか「……」

さやか「このままじゃ…仁美に恭介を取られちゃう……」

さやか「でも私…何もできない」

さやか「だって私の腕…魔痕があるんだもん。真っ黒なんだもん」

さやか「こんな身体…恭介に見せられないよ」ポロポロ

まどか「さやかちゃん…」





132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (大阪府) [sage]:2011/03/13(日) 00:14:56.93 ID:kQqSawVm0


>さやか「だって私の腕…魔痕があるんだもん。真っ黒なんだもん」

そっちかwwwwwwwwwwwwww





138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 00:18:55.71 ID:qPyP5SvH0


マミ「はぁ…今日は女の子の日とか嘘ついちゃった」

マミ「けど、まどかさんにはMAMIと関わらせたくないし……」

マミ「……あら?」

杏子「あっ!」

ほむら「……」

マミ「あなた達…ここで何を」

ほむら「もうすぐこの近くに、魔女が現れる」

マミ「…なるほどね。それで待ち伏せをしてるってわけなの?」

杏子「いや…まぁそうなんだけど」

マミ「?」

ほむら「佐倉杏子は美樹さやかを救おうとしているの」







144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 00:28:03.02 ID:qPyP5SvH0


杏子「おまっ…マミには言うなよ!!」

マミ「どういうことなの?」

ほむら「作戦はこうよ」

ほむら「魔女が現れたところに美樹さやかがたどり着く」

ほむら「美樹さやかは弱い。当然魔女に苦戦する」

ほむら「そこに佐倉杏子が助けに入る」

ほむら「魔女を二人で協力して見事討伐、そして二人の間にコネクトが生まれる」

ほむら「作戦成功」

マミ「なるほどね…」

杏子「う、うるせえ…こっち見んな」





152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 00:38:23.43 ID:qPyP5SvH0


マミ「だからここで時間が来るまで待っているわけなのね」

杏子「なんだよ…文句あるのか?」

マミ「いいえ。それなら私も手を出さないようにするわ」

ほむら「助かるわ」

マミ「でも、まさか貴女が本気でさやかさんを救いたいと思うなんて…」

杏子「うるせーな、暇つぶしだ」

                   デス・クリムゾン          クリムゾン・マザー
マミ「貴女のことは今日から〝真紅の死神〟じゃなくて、〝真紅の聖母〟って呼ばないとね」

杏子「私は佐倉杏子だって言ってんだろ」

ほむら「…!」

ほむら「魔女が来たわよ」





158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (埼玉県) []:2011/03/13(日) 00:42:51.60 ID:GxzG26Kc0


デスクリちゃんからクリマザちゃんにクラスアップ




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 00:47:02.04 ID:qPyP5SvH0


結界内

さやか「邪ぁぁあああああああっ!!!!」

ズバズバズバズバズバズバッ!!!バッシュッ!!
グサッ!!バキィッ!!

魔女「っ!?」

さやか「うあああああああっ!!!」

まどか「さ、さやかちゃん……」

さやか「死を…邪魔なものには死をぉぉおお!!!」

さやか「『デス・コンツェルト』」

ヒュンッ…ズバアアアアアアアアアアアアアッ!!!

さやか「あっ…ははははははは!!!」

さやか「勝ったー!!勝ったよ恭介ー!!!」

さやか「あはははははははははは!!!!」

まどか「さ、さやかちゃん……」



杏子「……」





174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 00:53:26.54 ID:qPyP5SvH0


杏子「おい…勝っちゃったぞあいつ」

ほむら「どうやらそのようね」

杏子「なに冷静になってんだよ!?作戦失敗したじゃんか!!」

ほむら「なら魔女に勝てた美樹さやかを褒めてあげればいい。喜ぶかもしれない」

杏子「ほ、ほめるってどうやって…」

マミ「あの状態……マズいわ!!」

杏子「え?」





まどか「さやかちゃん…」

さやか「……」

まどか「ねぇさやかちゃん…どうしちゃったの?」

まどか「今日のさやかちゃん怖いよ……」





180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:00:10.37 ID:qPyP5SvH0


さやか「怖い…私が?」

まどか「こんな闘い方ないよ…見てられないよ…」

さやか「じゃあ見なきゃいいじゃない」

まどか「!?」

さやか「勝手について来たのはアンタでしょ?」

まどか「私は……」

さやか「自分は闘わないくせに…私の闘い方に口出ししないでよ」

まどか「さ、さやかちゃん…」

マミ「さやかさん!」

まどか「マミさん!!」

さやか「……」

マミ「貴女、その眼…!!」

杏子「お、おい…どうなってんだ」





186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:06:09.80 ID:qPyP5SvH0


さやか「ねぇマミさん…マミさんは前に、月が赤く見えるって言ったよね?」

マミ「……」

さやか「今なら私にも見えるよ、赤い月が」

さやか「血の色をした…真っ赤で綺麗な月が……」

杏子「お、おいお前…」

マミ「赤い月が見えるってことは…とうとう貴女の中の〝闇〟が動き出したのね」

まどか「さやかちゃんの闇…」

さやか「……」

マミ「さやかさん、一先ず冷静になりなさい。今の貴女は…」

さやか「十分冷静だよ。むしろ頭の中がスカッとして気持ち良い」

さやか「こんな気分初めて…」

マミ「ッ…」

杏子「ど、どういことだよこれ…」

ほむら「さぁ」





187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) [sage]:2011/03/13(日) 01:07:10.46 ID:02ecfviI0


「さぁ」wwwww




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (大阪府) [sage]:2011/03/13(日) 01:08:17.58 ID:kQqSawVm0


ほむほむさじ投げたwwwwwwww




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:18:21.86 ID:qPyP5SvH0


さやか「……」

マミ「分かったわ…さやかさん」

マミ「メタモルフォーゼ」キュピーン

まどか「マ、マミさん何を…!?」

マミ「出てきて、魔壊暗黒銃〝デスケルベロス〟」ガチャッ

さやか「……」

マミ「覚えているかしら?以前貴女が言ったこと」

マミ「もし自分が〝闇から生まれし者〟に支配されてしまったら…殺してもいい。貴女そう言ったわよね?」

まどか「っ!?」

さやか「そういえば…そんなことも言ったわね」

マミ「約束、果たしてあげるわ」

まどか「マミさんダメです!!」

マミ(大丈夫…ただ、威嚇射撃をして様子を見るだけだから)







210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:22:39.63 ID:qPyP5SvH0


マミ「『ティロ・アルビトゥラーレ』!」

バンッ!

さやか「……」

マミ「……」

マミ(眉毛一つも動かさない…貴女本当に…)

さやか「どうしたの?当てないの?」

さやか「まぁ…当てる勇気なんてないよね」

さやか「今のマミさん…弱者の眼をしているもん」

マミ「っ!?」

さやか「昔より弱くなったんじゃない?」

マミ「……」






219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (dion軍) [sage]:2011/03/13(日) 01:27:13.06 ID:xMQfeWsTP


ティロ・アルビトゥラーレ

やだ……かっこいい……




221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:31:51.82 ID:qPyP5SvH0


まどか「マ、マミさん…?」

さやか「それとも、私が強くなりすぎちゃったのかな…?」

マミ「ッ…」

杏子「おい!いい加減にしろ!!」

杏子「アンタはこんな事して満足なのかよ!?」

さやか「満足よ…もう最高の気分」

杏子「なんだと…!!」

          クリムゾン・マザー
マミ「…ムダよ、真紅の聖母」

マミ「今のさやかさんには…コネクトの言葉以外通じない」

杏子「っ!?」

マミ「さやかさん、貴女のコネクトは…」

さやか「…今日はもう帰るわ」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「ついて来たら…殺すよ?」

まどか「うっ……」ビクッ





226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:41:43.43 ID:qPyP5SvH0


マミ「さやかさん…」

まどか「マミさん…どうしよう…」

まどか「さやかちゃんがぁ…」ポロポロ

マミ「……」

杏子「くそっ!!」

杏子(私の言葉じゃ伝わらないってのかよ…)

ほむら「……」

ほむら(マズいわ…このままだと美樹さやかは魔女になるかもしれない)

ほむら(魔女になる前に始末するか…)

ほむら(けど殺したら殺したで、後でこの時間軸の巴マミに何を言われるか分からない…)

ほむら(……まだ様子見ね)

まどか「ヒッグ…マミさぁん…」

マミ「ごめんなさい…こうなってしまったのは全て私の責任だわ」

マミ「私がもう少し早く気づけたら……」







230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:46:37.09 ID:qPyP5SvH0


QB「……」

QB(いやあ、面白いものが見れたよ)

QB(まさか人間の思い込みがあそこまで魔法少女の力を引き上げるなんて…)

QB(でも、今のさやかのソウルジェムは黒く濁っているんだろうなぁ)

QB(このままあの調子で戦い続ければ、さやかは魔女になる)

QB(それはとても都合の良いことだなって)

QB「……」

QB(ようやく…ノルマを達成できる活路が見えてきた)




231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) []:2011/03/13(日) 01:47:17.49 ID:g9E/Z7m30


QB、それ死亡フラグや




239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:52:39.49 ID:qPyP5SvH0


さやか「……」フラフラ

さやか(私…何しているんだろう…)

さやか(なんであんなことに…)

さやか「……」

さやか「もう…みんなに合わせる顔がないよ…」ポロポロ

『なんで泣いてるの?』

さやか「うぅ…私は…」

『殺しちゃえば良いじゃん、邪魔者なんて』

さやか「……」

『今の貴女には…それをするだけの力がある』

さやか「力……」

『恭介を救えるんだよ?』

さやか「恭介…私のコネクト…」

さやか「恭介……」





248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 01:58:46.15 ID:qPyP5SvH0


翌日

まどか「さやかちゃん、昨日家にも帰ってないみたいで…」

マミ「そう…」

ほむら「…手分けして探すわよ。でないと、大変なことになる」

マミ「そうね…」

まどか「マミさん…」

マミ「…心配しないで。さやかさんは必ず助ける」

マミ(けど…今の私に引き金が弾けるかしら)

マミ(もしさやかさんを撃ってしまったら、まどかさんは……)

マミ(私は…それが怖い)

ほむら「……」

ほむら(もし見つけて抵抗するようなら…殺してしまおう)

ほむら(殺ったのは魔女のせいにすればいい。そうすれば大丈夫なはず…)





259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:03:28.92 ID:qPyP5SvH0


公園

上條「志筑さん…」チュッチュ

仁美「やだ…名前で呼んでくださいまし…」チュッチュ

上條「仁美…仁美ぃ!!」チュッチュ

仁美「あぁ…恭介さぁん!」チュッチュ










さやか「……」





260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) [sage]:2011/03/13(日) 02:03:54.03 ID:02ecfviI0


おいやめろ




261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) []:2011/03/13(日) 02:04:26.29 ID:FUwp5kN90


うわぁぁぁぁ




265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (静岡県) []:2011/03/13(日) 02:04:59.12 ID:4iux+TML0


オクタヴィアさん出番です




266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (catv?) [sage]:2011/03/13(日) 02:05:38.59 ID:E39iybgK0


ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i






267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) []:2011/03/13(日) 02:05:49.17 ID:g9E/Z7m30


闇が……来る!




268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (catv?) []:2011/03/13(日) 02:06:12.27 ID:896b3qUt0


うわぁぁぁ!!!




271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (愛知県) []:2011/03/13(日) 02:07:33.52 ID:+DDrYkU20


それでも・・・それでもマミさんなら・・・!




273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:11:41.94 ID:qPyP5SvH0


某所

さやか「『ヒトミ・ゴロシ』」

使い魔「きー!?」

シュンッ!!ズバアアアアアアアアッ!!
ヒュッ……チャキィン

さやか「……滅」

ドカーーーーーーーンッ!!!

さやか「……」

ほむら「ここにいたのね」

さやか「あんた…」

ほむら「ソウルジェムはもう限界よ、私のグリーフシードを使いなさい」

さやか「誰があんたのなんか…」

ほむら「……」





275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (静岡県) []:2011/03/13(日) 02:12:54.36 ID:4iux+TML0


ネーミングセンスの変遷に余裕のなさが垣間見えるな




278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) [sage]:2011/03/13(日) 02:14:10.56 ID:02ecfviI0


ヒトミゴロシwwww




287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:20:43.18 ID:qPyP5SvH0


さやか「あんたの眼…気持ち悪い」

さやか「何もかも諦めた眼をしている…」

さやか「空っぽの言葉ばかり…」

ほむら「……」

さやか「私を助けようとするのも、本当は私のためじゃないんでしょ?」

ほむら「……ええそうよ、あなたのためじゃない。全てまどかのため」

ほむら「でも残念ね、こうなった以上あなたを殺すしかない」

さやか「……」

ほむら「あなたは通りすがりの魔女に殺されたってことにしてあげる」

ほむら「みんなにそう言えば、最低限の混乱は起こらないはずだから」

さやか「……」

ほむら「さようなら…美樹さやか」

さやか「やれるものなら……」

SAYAKA「やってみなよ」





296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:23:41.07 ID:qPyP5SvH0


杏子「はぁはぁ…」

杏子「さやか…どこにいるんだ」

杏子「くそっ…」

杏子(なにがコネクトの言葉しか通じないだ)

杏子(絶対に私の言葉をあいつに聞かせてやる…!)

杏子「さやか…待ってろよ」







301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西地方) []:2011/03/13(日) 02:24:25.77 ID:AtkeyZbu0


すごいSAYAKAを感じる。今までにない何か熱いSAYAKAを。




305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:28:35.35 ID:qPyP5SvH0


――――――――――――
――――――――
――――

ほむら「がはっ……」

ほむら「そ、そんな…私が美樹さやかに負けるなんて…」

ほむら「くっ…」ドサッ

ほむら(あの力は…一体…)

ほむら「このままでは…彼女は…」

QB「かなり強い魔女になるかもしれないね」

ほむら「!?」

QB「まさか厨二病の力がここまでとは…ぼくも驚いたとしか言えないよ」

QB「いまだに理解はできないけど」

ほむら「ぐっ…!」

バンッ!!

QB「」

ほむら「早く…後を追わないと…」





310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西地方) []:2011/03/13(日) 02:30:21.34 ID:AtkeyZbu0


QB「わけがわからないよ」




315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:34:48.27 ID:qPyP5SvH0


電車内

さやか「……」

さやか(あいつ…何者なの)

さやか(…少し力を使いすぎた)

さやか(だるい……)

翔さん「言い訳とかさせちゃダメっしょ稼いできた分は全額きっちり貢がせないと」
       
翔さん「女って馬鹿だからさ。ちょっと金持たせとくとすっぐ下らねぇことに使っちまうからねぇ」

「いや~ほんと女は人間扱いしちゃダメっすね」

「犬かなんかだと思って躾けないとね。アイツもそれで喜んでる訳だし」

「顔殴るぞって言えば、まず大抵は黙りますもんね」


さやか「……」





321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:41:11.08 ID:qPyP5SvH0


翔さん「けっ、ちょっと油断するとすぐ付け上がって籍入れたいとか言いだすからさぁ、甘やかすの禁物よ」

翔さん「ったくテメーみてーなキャバ嬢が10年後も同じ額稼げるかってーの」

翔さん「身の程弁えろってーんだ。なぁ?」

「捨てる時もさぁホントウザいっすよね」

「その辺翔さん巧いから羨ましいっすよ。俺も見習わないと」

さやか「ねぇ、その女の人の話詳しく聞かせてよ」

翔さん「ん?」

「お嬢ちゃん中学生?夜更かしは良くないぞ」

さやか「その女の人あんたの事が大事で、喜ばせようと思って頑張ってたんでしょ?」

さやか「なのに犬と同じなの?」

さやか「ありがとうって言わないの?」

さやか「役に立たなきゃ捨てちゃうの?」





325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:46:13.29 ID:qPyP5SvH0


翔さん「何こいつ…知り合い?」

「いや…」

さやか「ねぇ、この世界って守る価値あるの?」

さやか「私なんのために闘ってたの?」

さやか「教えてよ…今すぐあんたが教えてよ」

さやか「でないと私……ぐっ!?」

翔さん「なんだよコイツ…」

「翔さん、隣の車両行きましょうよ」

翔さん「そうだな」

さやか「はぁはぁ……」

さやか「さっきの戦闘ダメージが…」

さやか「まだ力を使いこなせてないっていうの…?」





翔さん「ヤベえよあいつ」

「あの年頃はしょうがないっすよ」





336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (埼玉県) []:2011/03/13(日) 02:51:20.27 ID:GxzG26Kc0


よかった…最後の一線は越えなかった…





341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 02:55:50.17 ID:qPyP5SvH0


まどか「さやかちゃん…見つかりませんね」

マミ「……」

まどか「マミさん…さやかちゃん死んだりしませんよね?」

マミ「……」

まどか「マミさん……」

マミ「まどかさん…今回ばかりは難しいわ」

まどか「そ、そんな…」

マミ「せめて上條君って子が、さやかさんと話できたら…」



恭介「仁美…好きだよ仁美」チュッチュ

仁美「恭介さぁん!」チュッチュ



まどか「マミさん…」

マミ「……覚悟を決めましょう、まどかさん」





350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:04:17.45 ID:qPyP5SvH0


さやか「……」

杏子「やっと見つけた!」

さやか「……」

杏子「はぁ、お前を探すのに苦労したんだぞ?」

さやか「……」

杏子「なに黙り込んでるんだよ、腹でも減ってるのか?」

杏子「ほら、食うかい?」

さやか「……」

杏子「この辺で一瞬ソウルジェムの輝きを見たんだけど、やっぱりあれってお前のなのな」

さやか「ソウル・オブ・エナジー…」

杏子「ソウルジェムだ。ちゃんと覚えような」

さやか「ソウルジェム……」

さやか「クックックッ……黒ソウルジェム」





355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:08:42.16 ID:qPyP5SvH0


杏子「っておい!お前のソウルジェム真っ黒じゃんか!?」

さやか「……」

杏子「かせっ!」パシッ

杏子「ったく、ソウルジェムはちゃんと綺麗にしておかないとダメだぞ?」シュゥゥ…

杏子「ほら、綺麗になった」

さやか「……」

杏子「今日のは貸しだかんな、後でちゃんと返せよ?」

杏子「そうだなぁ…何で返してもらおうかねえ……」

杏子「これはどうだ?ファミレスでお前が私に奢るってのは!」

さやか「……」

杏子「よし!じゃあ決定な!」

杏子「絶対におごれよ。約束だからな」





356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (チベット自治区) [sage]:2011/03/13(日) 03:09:33.00 ID:6jjT4NWA0


割とあっさり助かってしまったな
いいのかそれで




358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西地方) []:2011/03/13(日) 03:09:51.35 ID:B5G5QAOA0


あんこちゃんマジ天使




364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) []:2011/03/13(日) 03:12:17.45 ID:g9E/Z7m30


あんこちゃんマジマザー




365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (徳島県) []:2011/03/13(日) 03:12:41.74 ID:vnSQQ7Wj0


あんこちゃんマジ浄化




366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (愛知県) []:2011/03/13(日) 03:13:12.22 ID:+DDrYkU20


あんこちゃんマジあんこちゃん




367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) [sage]:2011/03/13(日) 03:13:53.60 ID:/wWPd8do0


あんこちゃんマジクリクリ




370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:14:30.42 ID:qPyP5SvH0


さやか「……ありがとう」

杏子「え?」

さやか「私のソウル・オブ・エナジー…おかげで綺麗になった」

杏子「な、なんだよ…やけに素直じゃん」

さやか「……」

杏子「ま、まぁ…いいけどさ」

杏子「それより、あいつらの所に戻ろうぜ。心配してるぞ?」

杏子「大丈夫だって、怒ってる奴なんかいない…」

さやか「これで…」

SAYAKA「これで全力を出せる」

杏子「――え?」







371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) []:2011/03/13(日) 03:15:18.52 ID:g9E/Z7m30


さwwwwwwwwwやwwwwwwwwwwwwwwかwwwwwwwwwwwwwww




372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (中部地方) []:2011/03/13(日) 03:15:27.58 ID:Y9VZ/B040


なんだってー




383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:21:19.53 ID:qPyP5SvH0


バシュウウウウウウッ!!!

杏子「うわっ!?」

SAYAKA「クックック……」

杏子「さ…さやか!どうしたんだ!?」

SAYAKA「違う…私はさやかじゃない」

SAYAKA「私は……〝魔壊暗黒騎士 さやか〟」

杏子「なっ…!?」

SAYAKA「待ってて恭介…今行くよ」

杏子「お、おいさやか!!」

SAYAKA「……」

――ヒュンッ

杏子「うわっ!?」ドサッ

SAYAKA「恭介…待っててね…」

杏子「さやか…さやかーーーっ!!」





384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) []:2011/03/13(日) 03:21:39.51 ID:ZVtf/Tu60


だんだんとクセになるさやかの厨二っぷりwwwwww




385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) [sage]:2011/03/13(日) 03:22:16.64 ID:02ecfviI0


マミさんの厨二は安心するけどさやかの厨二はゾクゾクするwwwww




395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:26:08.99 ID:qPyP5SvH0


マミ「…!!」

まどか「マミさん?どうしたんですか?」

マミ「…お、恐ろしいほど邪悪なエネルギーを感じるわ」

まどか「え?」

ほむら「巴マミ!」

まどか「ほむらちゃん!?」

マミ「あなた…どうしたのその傷!」

ほむら「美樹さやかが…っ」

マミ「まさか…!!」

まどか「マ、マミさん…」

マミ「……気配はこっちね」

マミ「二人とも急ぎましょう」

マミ「早く手を打たないと――世界が終焉を迎えてしまう」







401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西地方) []:2011/03/13(日) 03:28:07.21 ID:WQoAZXOw0


マミさんの察知能力すげえ




410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:33:46.87 ID:qPyP5SvH0


上條宅

ギシッギシッ…

上條「はぁはぁ…仁美のここ凄いよ…」

仁美「あぁっ…もっと付いてくださいましぃ!」

パンパンパン

上條「くっ…締まるッッッ!!」

仁美「な、中はまだ…口に、口に出してくださいまし!」

上條「あぁっ!出る!出るよ仁美!!」

ドガアアアアアアンッ!!

上條「!?」

SAYAKA「やっほー、恭介。迎えに来たよ」






411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (愛知県) []:2011/03/13(日) 03:34:35.65 ID:pN9/wdIC0


もうだめだwwwww




415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) []:2011/03/13(日) 03:35:35.41 ID:MRwqMaWW0


あ~あこれ二人とも逝ったな




424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:41:03.24 ID:qPyP5SvH0


上條「えっ…え???」

仁美「さやか…さん?」

SAYAKA「……」ニヘラ

上條「な、なんでさやかが…」

SAYAKA「ふっ…『ヒトミ・ゴロシ』」

仁美「あっ――」

ガキィン!!

SAYAKA「…?」

杏子「さやか、てめぇ…!!」

SAYAKA「チッ…邪魔者…」

仁美「あっ…あぁ…」ガクッ





426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) []:2011/03/13(日) 03:42:09.66 ID:g9E/Z7m30


技名のせいで締まらねぇwwwwwwwww




437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:47:51.14 ID:qPyP5SvH0


上條(な、なんだこれ…)

上條(一体…なにが…)ガクッ

SAYAKA「恭介!!」

上條「……」

SAYAKA「よかった…気絶してるだけだ…」

杏子「さやか……何してるんだお前」

杏子「一般人を巻き込みたくないって言ってたのはお前だろ!?なのに何やってんだ!!」

SAYAKA「恭介…もう少しだよ…」

SAYAKA「もう少しで私たちの世界が…」

杏子「このっ…!!」

マミ「そこまでよ!!」

杏子「マミ!!」

SAYAKA「……」

まどか「さ、さやかちゃん…?」





449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 03:55:06.48 ID:qPyP5SvH0


SAYAKA「さやかじゃない…私は魔壊暗黒騎士」

杏子「魔壊…暗黒騎士?」

マミ「…かつて、魔法少女と同じく魔女を狩っていた戦士よ」

マミ「けど魔壊暗黒騎士は、闇の力を多大に使うため危険な存在として見なされていた」

マミ「その大きすぎる力はいつしか魔法少女までもを脅かしていった」

マミ「そして…その力を危惧された騎士達は、大昔に魔法少女によって殲滅されたの」

杏子「そ、そんなことがあったのか!?」

ほむら「……」

ほむら(どういうこと…)






453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) [sage]:2011/03/13(日) 03:56:38.83 ID:02ecfviI0


どういうこと…




454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (dion軍) [sage]:2011/03/13(日) 03:57:14.88 ID:xMQfeWsTP


風呂敷広げ過ぎて回収できねえwww




457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西) []:2011/03/13(日) 03:58:33.44 ID:sPpWrbIdO


俺達もわからねぇwww




461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 04:01:14.60 ID:qPyP5SvH0


まどか「さやかちゃん、私まどかだよ!覚えてるでしょ?」

SAYAKA「……」

まどか「ねぇ、さやかちゃんだってこんな事はイヤだったでしょ?」

まどか「もうやめようよ…」

SAYAKA「……ふんっ」スッ…

マミ「まどかさん危ない!!」

ほむら「っ!?」

バンッ!!バンッ!!

SAYAKA「遅いよ」ヒュンッ

ほむら「なっ!?」

ほむら(いつの間に背後に――)

ズバッ!!

ほむら「きゃあっ!?」





465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (大阪府) [sage]:2011/03/13(日) 04:03:39.37 ID:kQqSawVm0


さやか強くなりすぎワロタwwwwww
思い込みの力ってすげーなwwwwwwww




470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 04:06:22.88 ID:qPyP5SvH0


まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「う…ぐっ…」

ほむら(こうなったら時間を止めて…)

SAYAKA「ムダだよ」ガシッ

ほむら「っ!!」

SAYAKA「捕まってるとその力、使えないんでしょ?」

マミ「さやかさん!!」

SAYAKA「動くなぁ!!」

SAYAKA「動くとこの子の命…ないよ?」

ほむら「っ…」

杏子「てめぇ…!!」






QB(今来てみたけど…何がどうなってるんだい…)




472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (catv?) [sage]:2011/03/13(日) 04:07:30.19 ID:E39iybgK0


魔壊暗黒騎士のくだりを聞かずに済んだQB




485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 04:12:29.79 ID:qPyP5SvH0


QB(なんだ…さやかはまだ魔女になっていないのか)

QB(でもこの様子だと時間はかからないだろうね…)

SAYAKA「ねえQB!そこにいるんでしょ?出てきなよ!!」

QB「!!」

マミ「QB…!」

杏子「まさか…てめえがさやかに変なことしたのか!?」

まどか「酷いよQB!!」

QB「いや、僕はなにも…」

杏子「言い訳すんじゃねえ!!この野郎!!」

ズバッ!!

QB「」

杏子「よし、これでさやかも元に戻って…」

SAYAKA「あはははははははは!!」

杏子「くっ…ダメか」





487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (大阪府) [sage]:2011/03/13(日) 04:13:21.85 ID:kQqSawVm0


QB哀れwwww




489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) []:2011/03/13(日) 04:13:33.90 ID:MRwqMaWW0


QBェ…




490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (内モンゴル自治区) [sage]:2011/03/13(日) 04:13:35.98 ID:Nd8/0NYZO


QBとばっちりwwwww




492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) [sage]:2011/03/13(日) 04:13:49.06 ID:/wWPd8do0


今のは悪くないwww




493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (愛知県) []:2011/03/13(日) 04:13:55.59 ID:+DDrYkU20


二度あることは三度ある




498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (長屋) []:2011/03/13(日) 04:16:06.81 ID:Y79xLd810


QBに同情せざるを得ない




502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (catv?) [sage]:2011/03/13(日) 04:16:29.83 ID:E39iybgK0



         ___       i.:|:|:|:|::| || | |!       ___     )     ___
         iヽ  `  --‐┼|:|:ト|、!」L|_|      }  \_.. -┴- ../  /
.         ヽ\        |:|:|:| | //      '. /         \ /
        / /       u :!:!:!:l V/        /〉       ノL   '.i 
.        / ′          '.i      / {  ノL    ⌒   }   
       / .∧              ハ      ′ . ⌒        /:|
.     __/  ′\i ● 、_,_, ●/| |      .i   |\.r―――― 、' :|     どうなってるんだい?
.     」 ′ i   /| |ト----ァ≦._」 |     ((| ___|/`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨\!))   キミの担当した星は
    ((7 \ | /   | }‐/ 7⌒7 \    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
    /.   \ >  | / :i: /  / ./>、   ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.  <_, . ./ノ ∨../|'.:::::|/ .., Y/:::::::::\ /`:::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::\
  / し{__/    ∨/!:::::/ / ハ:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::\ 
.  |    |      ∨l::://  /  V/::::::::/::::::::::::::::::> :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::ヽ      
.  |    /`     ハ|/'   Y  ∧:::::::::i:::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::〉
.  |   :|        〉   |  /  \:::::::::::::/\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::::::::::::::/
.  |   :|      /\  :|: ′   \_/   ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::/
.  ト---|     //   ヽ |__」             / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::/ :/





511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 04:26:27.93 ID:qPyP5SvH0


マミ「…SAYAKAさん、貴女の目的は何なの?」

SAYAKA「決まってるじゃん…恭介と私以外の生き物はを全部殺すんだよ」

SAYAKA「そうすれば恭介は私のことだけを見てくれる…私だけを愛してくれる!」

SAYAKA「そして私たちはこの世界のアダムとイブになるの!!」

SAYAKA「二人で愛し合って…愛を愛を愛を!!この世界に広げるの!!」

マミ「そう…言いたい事はそれだけ?」カチャッ

SAYAKA「…あ?」

まどか「だ、ダメですマミさん!ほむらちゃんが!」

マミ「彼女が剣を突き刺すより早く、撃ち抜いてみせる」

SAYAKA「できるの?今のアンタに」

マミ「……貴女は間違っている」

マミ「こうも心配している友達がいるのに、なぜ気づかないの?」

マミ「あの男の子が好きな気持ちは分かるわ。けど、もう少し周りを見なさい!」

SAYAKA「……」

マミ「今の貴女には…愛を語る資格はない」





512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西地方) []:2011/03/13(日) 04:27:36.84 ID:Fi0rPRr00


マミさんかっけえええええええええええ




522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 04:34:47.30 ID:qPyP5SvH0


SAYAKA「……そうよ、今の私は闘うためだけの人形」

マミ「……」

SAYAKA「昔のアンタと…同じよ!!」バッ

まどか「さやかちゃんやめて!!」

マミ「『ティロ・デゾランテ』」

バンッ!!

キィンッ!!

SAYAKA「!?」

SAYAKA(しまった、剣を撃ち落とされて…)

マミ「誰も身体を狙うなんて言ってないでしょ?」

ほむら「くっ…!」ドスッ

SAYAKA「がはっ!?」

杏子「今だ…おりゃあっ!!」

バシッ!!

杏子「捕まえたぜさやか!!」





524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西) []:2011/03/13(日) 04:36:47.03 ID:2+SbHPfoO


これが慢心しないマミさんの力なのか……




529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 04:44:54.06 ID:qPyP5SvH0


SAYAKA「くっ…離せぇぇえええええええ!!」

まどか「さやかちゃん…」

マミ「……」

ほむら「どうしたの?トドメをささないの?」

マミ「いえ…その必要はないわ」

ほむら「?」

SAYAKA「うあああああああああああああああっ!!!」

杏子「……さやか」

――――ギュッ

SAYAKA「!?」

杏子「もう…自分を傷つけるのはやめろよ」






530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (埼玉県) [sage]:2011/03/13(日) 04:45:20.90 ID:GxzG26Kc0


これが絆…コネクト




531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (沖縄県) [sage]:2011/03/13(日) 04:45:56.81 ID:bcIXzujn0


あんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお




533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西) []:2011/03/13(日) 04:47:39.19 ID:sPpWrbIdO


アシストまで決めるなんて・・・かっこいい

マミさん厨二、厨三を通り越して主人公になっとるwww




543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 04:54:02.28 ID:qPyP5SvH0


杏子「お前はみんなのために…あの坊やのために戦ってきた」

杏子「それは偉いよ」

杏子「けど…自分を傷つける必要はないだろ?傷つけちゃダメなんだよ」

SAYAKA「……」

杏子「もういいんだ、お前はよく頑張った」

杏子「これからは…もう少し自分に優しくなろうな?」

SAYAKA「でも…私こんな身体じゃ…」

SAYAKA「バケモノの身体じゃ…誰も…」

杏子「バケモノじゃねえ!!」

杏子「ちゃんと笑ったり泣いたり怒ったりしてるだろ!?」

杏子「そして…誰かのことを大切に想える気持ちを持っている…」

杏子「お前は……私たちは、人間だ。人間でいいんだよ、さやか!!」





544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) []:2011/03/13(日) 04:54:40.69 ID:g9E/Z7m30


あんこちゃんがマザーすぎて生きてるのが辛い




559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 05:11:00.17 ID:qPyP5SvH0


SAYAKA「あ…あぁ…っ…」

杏子「お前はただ闘うためだけの人形じゃない!!」

SAYAKA「うぅ…っ…」

杏子「お前が絶望しているのなら、私が希望を分けてやる」

杏子「私が絶望していたら、お前が私に希望をくれ!」

杏子「そうすれば…誰も傷つかないだろ?」

SAYAKA「ぐぅっ…っ…!!」

杏子「もうお前は一人じゃないんだ!元に戻ってくれさやか!!」

SAYAKA「あ…あああああああああああっ!!」

まどか「さやかちゃんっ!!」

マミ「闇が…明けていく…」

ヒュンッ――――シュゥゥゥ……

杏子「さやか!!」

さやか「…きょう…こ……」







568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 05:22:01.38 ID:qPyP5SvH0


杏子「さやかぁ…」

さやか「私は……」

杏子「ばかやろう…手間かけさせやがって……」ポロポロ

さやか「……ありがとう、杏子」

ほむら(意識が…戻った?)

まどか「さやかちゃん!!」

マミ「ふぅ…何とかなったわね」

ほむら「……巴マミ、こうなると分かっていたの?」

マミ「可能性に賭けただけよ」

マミ「あの時…私が銃を撃ったとき、さやかさんの手が一瞬止まった」

マミ「微かだけどさやかさんの意識はあったの。彼女は、完全に闇に飲み込まれていたわけじゃなかった」

ほむら「……」

マミ「きっと…彼女の心の中に優しさが残っていたおかげね」





570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関西) []:2011/03/13(日) 05:23:49.33 ID:sPpWrbIdO


ヤバい・・・説得力がありすぎてほむらちゃんが落ちちゃうwww




571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (沖縄県) [sage]:2011/03/13(日) 05:24:01.25 ID:bcIXzujn0


これ演技じゃなくて素が厨二病だろ・・・じゃないとありえん・・・




572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 05:25:39.17 ID:qPyP5SvH0


まどか「よかったぁ…本当によかった!!」

さやか「まどか……うぐっ…!?」

杏子「さやか!?」

ほむら「!?」

ほむら(マズい…ソウルジェムが濁っている!)

まどか「ど、どうしたのさやかちゃん?」

ほむら「どいて、彼女のソウルジェム早く浄化しないと!!」

まどか「え…?」

ほむら「……」シュゥゥゥ…

さやか「うっ……」

ほむら「……」

杏子「お、おい…さやかは大丈夫なのか?」

ほむら「ええ、もう平気よ…」






581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 05:36:58.99 ID:qPyP5SvH0


杏子「おい、今のは…?」

ほむら「……」

ほむら(…全てを話していいのだろうか)

ほむら(全てを話してしまったら…彼女たちは…)

マミ「……ソウル・オブ・エナジーは、定期的に浄化しなければいけない」

マミ「一つの理由として、魔力を十分に使えるために」

マミ「もう一つの理由は…魔法少女があるモノに変化するのを防ぐため」

まどか「ある…モノ?」

マミ「この地上最悪の厄災――〝魔女〟」

ほむら「!?」

マミ「私の予想、当たってるかしら?」

ほむら「……知っていたの?」

マミ「大体の予想がついただけよ。魔法少女が成長したら魔女になるなんて文字通りじゃない」

杏子「なっ…!?」

マミ「〝ディヴァリアーレ・プロジェクト〟……なんて恐ろしい計画なの」





589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (東京都) []:2011/03/13(日) 05:46:55.62 ID:qPyP5SvH0


杏子「ど、どういうことだよ!?私たちが魔女になるって…」

マミ「その事については…私より、彼女のほうが詳しいはずよ」

マミ「そうなんでしょ?いい加減、素性を教えてちょうだい」

マミ「〝因果に魂を縛られた者〟である貴女なら、知っているのでしょう?」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「…いいわ、今のあなた達になら何を話しても大丈夫そうね」

ほむら「とりあえず場所を変えましょう。私の家に来て」

ほむら「そして全てを教えるわ、QBのこと――」

ほむら「いえ、インキュベーターのこともね」





592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (千葉県) []:2011/03/13(日) 05:50:24.96 ID:BKyaJK8l0


とうとうここまで来たか




593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (神奈川県) []:2011/03/13(日) 05:50:52.13 ID:0v+gTl3q0


これは大団円行けちゃうかもね



続く



【次記事】
コッペパン 
マミ「終焉のティロ・フィナーレ」 マミ「終焉のティロ・フィナーレ」 感じるパン速報




 ランダム記事 
 週間人気記事 
 新着記事 
マミ「ティロ・フィナーレ!」へのコメント
662 名前: 名無しのパンさん 投稿日:2011/03/14 20:57:50(月)
おもしろい
663 名前: 名無しのパンさん 投稿日:2011/03/14 21:00:27(月)
最後まで読んじまったぜ・・・
664 名前: 名無しのパンさん 投稿日:2011/03/14 23:28:07(月)
クソワロタwwwwwwwwwwwwww
続きが楽しみwwwwwwww
671 名前: 名無しのパンさん 投稿日:2011/03/17 08:42:49(木)
これは名作w
726 名前: 名無しのパンさん 投稿日:2011/03/31 17:05:23(木)
面白いwww
あとこれデスクリちゃん改めクリマザちゃんとの出会いのシーンが抜けてるように思うんだけど
804 名前: 名無しのパンさん 投稿日:2011/04/28 23:13:32(木)
これ一部抜けてるところあるな
841 名前: 名無しのパンさん 投稿日:2011/06/18 12:37:26(土)
このマミさんメンタル強すぎるだろw
878 名前: 名無しのパンさん 投稿日:2011/09/22 22:19:47(木)
これTRPGのダブルクロス思い出すwww
“コネクト”を“ロイス”って言うゲーム用語に置き換えたら完璧だw
884 名前: 名無しさん 投稿日:2011/10/23 22:29:45(日)
このssの後まさかアニメで円環の理とかいうセリフがでるとは誰も思わなかったよなwww
コメントの投稿




 AAが崩れず投稿できます 
 名前欄は空白でも投稿できます 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイトについて

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (完全受注限定生産版) 「限定契約BOX」 特典 生フィルムコマ&特製カスタムテーマセット付き


コメントありがとうございます
励みになります
はてなブックマークも合わせて
していただけると幸いです


このブログについて



この日記のはてなブックマーク数
QRコード
QR
リンク

このブログをリンクに追加する

Thanks!
プラグイン


あわせて

フィードメーター - 考じるパン速報
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。