H E A D  L I N E    -    まとめちゃんねる    2chnavi    まとめの杜    ブーンアンテナ  
ス ポ ン サ ー ド リ ン ク
--/--/-- --:--(--)   スポンサー広告   コメント(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/11/25 17:53(木)   ニュー速VIP   コメント(0)

知っておきたい大東亜戦争豆知識



知っておきたい大東亜戦争豆知識(後編)

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:03:07.04 ID:owWMm3eu0

最近気になって大東亜戦争について調べていたのですが我々のご先祖様がいかに偉大だったかを思い知らされました


日本の善い行い悪い行いも含め
おまいらが知っている範囲のことを教えてくれ
日本に限った話じゃなくてもどんとこいだ

うむ・・・日本に生まれてよかった







2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:05:53.75 ID:L5l1lHFxO

日本はエロいからすごい


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:07:55.03 ID:owWMm3eu0

>>2すべてエロに結びつくのかwwwww


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:08:16.30 ID:Wpu+w408O

大東亜学園の鋼は打ちづらい


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:09:22.27 ID:owWMm3eu0

基本だけど日本のおかげで人種差別がなくなった


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:11:12.91 ID:owWMm3eu0

コピペはってく


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:12:01.79 ID:owWMm3eu0

■イギリス
◎アーノルド・J・トインビー 歴史学者
「第2次大戦において、日本人は日本のためというよりも、
むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したといわねばならない。
その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、
過去200年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。」
(1956年10月28日/英紙「オブザーバーL)




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:12:54.73 ID:owWMm3eu0

■アメリカ
◎ジョイス・C・レプラ コロラド大学歴史学部教授
「日本の敗戦、それはもちろん東南アジア全域の独立運動には決定的な意味をもっていた。
いまや真の独立が確固とした可能性となると同時に、西洋の植民地支配の復活も、許してはならないもう一つの可能性として浮び上がってきたのである。
民族主義者は、日本占領期間中に身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の植民地支配復帰に対抗した。
そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求はもはや引き返せないところまで進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後になって思い知ることになるのである。」    (「東南アジアの解放と日本の遺産」)





10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:14:06.72 ID:owWMm3eu0

◎ジョージ・S・カナヘレ 政治学博士
「日本占領軍がインドネシア民族主義のために行った種々の仕事のなかで、最も重要なものの一つは、
正規軍及び准軍事組織を創設して、それに訓練を与えたことである。
…このような機会がなかったならば、戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう。」
    (「日本軍政とインドネシア独立」)



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:14:07.61 ID:91YBH3PS0

これがネットデシンジツ症候群か・・・重症だな


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:16:44.69 ID:owWMm3eu0

>>11うーんそうだったのか・・・・
自分はすぐにネットの情報を信じてしまうから間違ったことがあれば教えてくれ
みんなの意見が知りたいんだ



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:18:20.85 ID:owWMm3eu0

ソースは

http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html

なんだが


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/11/25(木) 08:18:39.23 ID:kTaWyzOk0

構わんよ
面白いからそのまま続けたまへ


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:19:25.12 ID:owWMm3eu0

>>14ありがとう続けるよ


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:20:46.14 ID:owWMm3eu0

■オランダ
◎サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。
日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。
その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分をさげすむことを止め、…その誇りを取り戻すべきであります。」
(1985年日本傷痍軍人会代表団がオランダを訪問した時行われた市長主催の親善パーティの歓迎挨拶)





18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:21:38.73 ID:owWMm3eu0

■タ イ
◎ククリット・プラモード 元首相
「日本のおかげで、アジアの諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジア諸国民が、アメリカやイギリスと対等に話ができるのは、一体だれのおかげであるのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあったためである。
12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大決意された日である。
さらに8月15日は、われわれの大切なお母さんが、病の床に伏した日である。
われわれはこの2つの日を忘れてはならない。」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:24:00.41 ID:owWMm3eu0

■マレーシア
◎ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。
敗れて逃げてゆく英軍を見たときに、今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかも、マレーシアを占領した日本軍は、日本の植民地としないで、将来のそれぞれの国の独立と発展のために、
それぞれの民族の国語を普及させ、青少年の教育をおこなってくれたのです。」





20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:24:47.20 ID:91YBH3PS0

■インド
◎マハトマ・ガンディー

私は、あなたがた日本人に悪意を持っているわけではありません
あなたがた日本人はアジア人のアジアという崇高な希望を持っていました
しかし、今では、それも帝国主義の野望にすぎません
そして、その野望を実現できずにアジアを解体する張本人と
なってしまうかも知れません
世界の列強と肩を並べたいというのが、あなたがた日本人の野望でした
しかし、中国を侵略したり、ドイツやイタリアと同盟を結ぶことによって
実現するものではないはずです
あなたがたは、いかなる訴えにも耳を傾けようとはなさらない
ただ、剣にのみ耳を貸す民族と聞いています
それが大きな誤解でありますように
あなたがたの友 ガンジーより



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:25:04.52 ID:owWMm3eu0

◎ガザリー・シャフィー 元外務大臣
「日本はどんな悪いことをしたと言うのか。
大東亜戦争で、マレー半島を南下した時の日本軍は凄かった。
わずか3カ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。
私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。
日本は敗れたが、英軍は再び取り返すことができず、マレーシアは独立したのだ。」





22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:27:22.37 ID:owWMm3eu0

◎ザイナル・アビディーン 歴史学者
「日本軍政は、東南アジアの中で最も政治的意識が遅れていたマレー人に、その種を播き、成長を促進させ、
マラヤにおける民族主義の台頭と発展に、大きな〝触媒″の役割を果たした」





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:28:51.41 ID:owWMm3eu0

■インドネシア
◎モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
大東亜戦争は、私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:32:35.90 ID:fpbhyCAPO

日本史の教科書に従軍慰安婦ってあるけど文部省は単語しか載せてない

やっぱエロいからか…………




>>27おまえがどれだけエロが好きなのかは分かったww


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:42:18.19 ID:ll9O9IlxO

どう見ても、小林よしのりの漫画か、それに影響されたblogかなんかに影響されてるな


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:43:26.39 ID:owWMm3eu0

>>44
なんかごめんまだスレ立てできるような立場じゃなかったわ
修行積んでこようかな



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:43:50.94 ID:kABSRPau0

そもそも「大東亜」って言ってる時点でどうなの?
意味分かってて言ってるんだろうが


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:45:00.20 ID:owWMm3eu0

>>46アジア全部を日本の支配下に置こうとしたんだよな



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:50:12.26 ID:owWMm3eu0

じいちゃんたちも日本が悪かったなんて口をそろえて言うからな


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:50:48.11 ID:zTJwfKwW0

>>58
お前のじいちゃんいくつ?


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:53:07.31 ID:owWMm3eu0

87か86かな現役で駄菓子屋やってるよ
もう一人は80前後



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:55:25.75 ID:zTJwfKwW0

>>63
うちの婆ちゃん83歳だけど
「たくさん人が死ぬから戦争はやらないほうがいい」
としか言わないぜ


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 08:58:43.17 ID:S8zHML/A0

大東亜戦争がなかったらアジア諸国は西欧諸国の植民地であり続けたことは容易に想像できる。
アジアとアフリカの現状の差はアフリカには日本のような国がなかったからだろうね。
大東亜戦争がなかったらアフリカはもっと露骨な植民地であり続けてるはず。



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 08:58:51.87 ID:owWMm3eu0

戦争にもルールがあってだな


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:01:16.31 ID:S8zHML/A0

戦争放棄なんて言ってるからまともな外交出来ない。
戦争なんか放棄してるって言っても起こるときは起こるもんだろw


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:03:53.47 ID:R87F54oeO

豆知識っていうからさ

もっとトリビア的なのを思ってたのに、なんでこんな流れ?



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 09:06:00.87 ID:owWMm3eu0

>>80おれもそういう流れを期待してたんだが書き込みがなくてコピペ作戦に出たらこうなった
俺もトリビア知りたいな



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:06:32.97 ID:qjZ56uSu0

>>80
じゃぁ誘導ミサイルの実験中に温泉旅館を吹き飛ばしてしまったこととか
しかも女湯にまっしぐらだったらしく、「助平爆弾」といわれたとかなんとか








95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 09:09:43.51 ID:owWMm3eu0

>>87助平爆弾わろたwwwwwww


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:06:40.05 ID:+oqfzP8i0

太平洋戦線に投入された連合軍の戦力は全戦力の9%
補給能力だと6%







103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:13:06.11 ID:EoQFKX1pO

>>88
そりゃ単純に陸上兵力だけの話しだろ
海軍の艦艇数や排水量、航空機の総数も含めて考えたらもっといくはず






129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:34:11.33 ID:+oqfzP8i0

>>103
すまん言われて調べ直したら>>88は全然違った

「連合軍全戦闘力の15%」(マーシャル、キング)
「総補給の9%以下、一人あたりだと欧州戦線の3分の1」(マッカーサー)が正しい
キングもいるからには海軍も入れて戦力評価してこれだろう

こいつらは「これしかもらってないぞもっとよこせ」と主張してるから
日本の戦力はほぼこれに近いくらいだろうな


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:09:28.00 ID:qjZ56uSu0

新幹線があんなに静かに走れるのは、零戦と紫電で振動による軸折れが多発してその対策を研究していた成果の流用


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:12:01.67 ID:zTJwfKwW0

田舎ではそこまで食料は不足してなかったらしい


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:12:27.31 ID:+oqfzP8i0

夕方、西から攻撃されると日本軍機はよく落ちた
敵機を金星と勘違いしたため

どこの国でもありそうだけどな



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:12:38.80 ID:HsJWwcX9O

どうでもいいが大東亜戦争って呼ぶと右翼扱いされて太平洋戦争って呼ぶと左翼扱いされる
なんか客観的な呼び方は無いのか



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:13:21.23 ID:zTJwfKwW0

大東亜が正式じゃないの?


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:13:40.77 ID:qjZ56uSu0

>>101
第二次世界大戦太平洋戦線でいいじゃないか


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 09:14:13.44 ID:owWMm3eu0

>>105同意だ


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 09:16:35.04 ID:owWMm3eu0

日本は最初の目的がなんであれとりあえずはアジアの救世主になったってことでいいのか?


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 09:18:41.33 ID:owWMm3eu0

ゼロ戦は俺の厨二魂をくすぐるんだ


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:21:50.33 ID:kABSRPau0

特攻平和会館のところにある石灯籠に刻まれてる顔は
1人1人違う

これ豆な



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:23:09.78 ID:qjZ56uSu0

陸軍が潜水艦も空母も魚雷も護衛艦も自主開発しようとする国、それが日本
しかも空母持ってたし・・・



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:27:41.91 ID:qjZ56uSu0

信号無視で捕まった二等兵が上官にチクったらそれが師団長まで上がっていって、師団長と警察本部長の対立を生んだ
しかもそこからさらに上にあがって結局軍部と内務省の対立を生んだ、と言われている




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:40:24.94 ID:+oqfzP8i0

>>123
ゴーストップ事件てやけにかっこいいよな


>>134

名前は、な・・・
くだらねぇ話で歴史が変わっちゃうのは良くある事



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:30:43.50 ID:qjZ56uSu0

旧帝国陸軍の戦車兵操典には「戦車はみだりに対戦車戦闘をするべからず」と書かれていた
そりゃ対戦車用の戦車じゃないけどさぁ・・・



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:31:59.41 ID:x23uybBW0

戦争中に作られた桃太郎のアニメは良作


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:34:43.10 ID:qjZ56uSu0

>>127
これだね
「桃太郎 海の神兵」1944年
http://www.youtube.com/watch?v=suRt7Dtdsmg


一方アメリカは1943年にこれを作っていた
Der Fuehrer's Face
http://www.youtube.com/watch?v=iumEGAUceDg

勝てる気がしねぇ





194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/11/25(木) 11:03:58.78 ID:f3HXlYM60

>>130
これ絶対1970年代に作られたやつだろ



>>194
ところがしっかり44年にアカデミー賞とってんだからビックリだ



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:32:31.27 ID:ZsOiZj+90

陸軍は兵站の重要さを知らなかった
あらゆるところに軍を派遣し、あらゆるところで補給切れ
日本の輸送船の数かぞえりゃわかりそうなものだが



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 09:35:41.85 ID:owWMm3eu0

第二次世界大戦じゃないが
南アフリカ戦争で苦戦したイギリス人は
日露戦争の日本の従軍看護婦と軍との連携プレイを見習ったんだ



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 09:38:12.77 ID:owWMm3eu0

おまいらありがとう
おれ今日試験あるけど学校行かないことにしたよ



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:39:43.36 ID:qjZ56uSu0

補給の失敗と飢餓で有名なガダルカナル島の戦い
どうしても食料を補給したい陸軍が考えついた作戦、その名も「鴨葱作戦」
沖合の輸送艦から野菜を背負った牛を海に放りこんで自力で海岸まで泳がせてそれを現地の兵が回収する・・・
流石に実施はされなかったものの後に陸軍で採用された某作戦に似たものを感じてしまう




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:47:57.17 ID:EoQFKX1pO

>>133
インパールで普通に象に物資背負わしてるしね


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:42:44.77 ID:qjZ56uSu0

陸軍の士官学校入校後、最初に教えられるのは朝の洗面、歯の磨き方、うがい、水洗便所の使い方だった

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:46:00.02 ID:8tZBCi9J0

日本を怒らせたらダメ


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:46:11.12 ID:fLOpPqRc0

もし勝ってたら植民地だった台湾とか朝鮮はどうなってたのだろうか





161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:11:41.54 ID:+oqfzP8i0

>>139
こないだテレビで朝鮮の古老が
「あれがもうちょっと続いてれば特に疑問もなく普通に日本人になってたと思うよ」
みたいなこと言ってた

北海道や沖縄みたいな感じかな


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:50:13.90 ID:qjZ56uSu0

そろそろ海の反対側からも

大戦中のアメリカの艦隊には、アイスクリーム製造機が付いた戦艦や空母が多々あった
通称ゲダンク・バーと言ってもちろんアイス大好きなヤンキーたちには大人気
いつも行列が途切れなかったそうな

そんな時、新米の少尉二人組がアイスを食べに行ったのだが行列が長すぎる
そこで権力乱用とばかりに下士官達に割り込んだと
すると後ろから「列の後ろに付け!!」と罵声が飛んできた
士官に楯突くとは何者だ、と振り返るとなんと第3艦隊司令官のハルゼー提督ご本人だった、という話

他にもB-29の後ろに砂糖牛乳いれた缶を繋げて飛ぶと丁度アイスが出来るとか
移動アイスクリーム製造艦があって、しかもそれを喜んだ兵がダッシュして足を折って本国送還になったとか
どんだけメリケンはアイス好きなんだよ



x144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 09:51:42.55 ID:owWMm3eu0

>>142アイスKOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:53:12.76 ID:R87F54oeO

>>142
日本にもあったよね、羊羮だっけ?


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:54:54.22 ID:F5c6gSV10

>>145
ラムネはともかく羊羹ってそんなたくさん食べたいものじゃないと思うんだけどな・・・当時は違うか


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:55:29.52 ID:zTJwfKwW0

>>148
当時は甘いものってのが好くないからな







155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:01:04.34 ID:R87F54oeO

>>148
カロリー高いし甘いし溶けないし
自転車の旅とかには現代でも便利だよ


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:58:50.26 ID:EoQFKX1pO

>>142
こんな話しもある
ガダルカナルに上陸した米軍は日本軍が残していった製氷施設を使ってアイスクリームを作ったらしい。
それはトージョー・アイス・カンパニーと呼ばれ将兵に「パープルハート勲章(本国送還の機会が得られる)よりもほしい」といわしめるほど羨望の的だったという。



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 09:59:53.73 ID:zTJwfKwW0

メリケンアイス好きすぎワロタ


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:00:40.39 ID:qjZ56uSu0

さらに、アイスに加えてコーラもないとダメなのがヤンキー

なんとコカ・コーラ社から「コーク大佐」なる軍属コーラ配給専門職が派遣されいた
基本的には各部隊に配って回ったり、野戦ディスペンサで配給するのが仕事だった
だが日本軍から奪還したフィリピンで現地の工場を確保、再稼働させて現地供給を始めたり・・・
現地生産一本目にはマッカーサーがサインして今も本社に保管されいるとか
しかもこの「コーク大佐」、約2名が戦死しているという

ちなみに他の炭酸飲料では、「ファンタ」
じつはこれ、戦争で原液を輸入できなくなったドイツのコカ・コーラ社が戦時中に開発した物



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/11/25(木) 10:07:40.66 ID:uvtICffZ0

大東亜戦争の本質であると日本が主張していた東亜解放は、
実は太平洋戦争開戦後の1943年の大東亜共同宣言でようやく改めて公式に発表されるに至った、らしい



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:07:52.12 ID:qjZ56uSu0

非常に強い訛りで知られる薩摩弁
戦時中日本軍はこれをそのまま暗号通信として使用した
しばらくは一体何を言ってるのか米軍側では聞き取れず暗号として通用したのだが、最後にはバレてしまった

一方アメリカはネイティブアメリカンの部族語を採用した
こっちは終戦まで暗号として使用され、現代でもその功績と従軍した通信兵に敬意を払って祝日が制定されている



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:12:15.29 ID:qjZ56uSu0

日本の油槽船(タンカー)第三図南丸は、アメリカの潜水艦から発射された魚雷が5本命中しても沈まなかった。
なんと全て不発弾だった
しかもこの船は魚雷が突き刺さったまま無事(?)に帰ってきた
いくら不良が多かったアメリカの魚雷とは言え・・・



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/11/25(木) 10:18:01.81 ID:uvtICffZ0

コピペ

アメリカ海軍潜水艦「タング」は1944年10月25日廈門沖で日本の商船「松本丸」に対し、浮上して魚雷2本を発射した。

そのうち1本の魚雷が不良品で左へ旋回、左舷側の波の上をチャプチャプ跳ねながら
約50メートルの旋回半径の半円を描いて発射20秒後、「タング」の艦尾にドッカン。「タング」は轟沈した。



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 10:18:58.32 ID:owWMm3eu0

>>166自滅かよwwwwww


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:19:14.95 ID:qjZ56uSu0

>>166
アメリカの魚雷はホントにヒデェ



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:24:02.95 ID:qjZ56uSu0

第二次世界大戦中の飛行機技師であり、日本の宇宙開発史に多大な功績を残し糸川英夫氏(はやぶさの小惑星イトカワもこの人)
戦後はなんとバイオリンを作ってたりする
しかもさらに晩年ではなんと北朝鮮でロケット開発の助言をしていたり・・・



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:27:55.70 ID:9KwRkeWV0

ウチの爺ちゃん、嬉々として真珠湾攻撃のニュースの号外を書いてた。


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 10:30:20.76 ID:owWMm3eu0

ばあちゃんはじいちゃんが戦争の話をしだすとじいちゃんを殴ってくるよ
じいちゃんが戦争の話をいい笑顔で誇らしげに自慢してくるんだ
でも最後に

絶対あんなことはもう二度とあってはならん
でもそれを言う顔も笑顔なんだ・・・・



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:37:06.78 ID:qjZ56uSu0

日本軍では運転マニュアルを丸暗記しないと一切車にも触らせてもらえなかった
そのため陸軍でトラックを運転できる兵は非常に貴重だった

一方アメリカ軍は免許関係なしに運転させてたせいで結構交通事故で死者が出てる



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 10:38:08.28 ID:owWMm3eu0

>>177アメリカらしいな


176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/11/25(木) 10:37:01.01 ID:uvtICffZ0

爆弾ぶらさげた犬を突っ込ませて戦車倒すって作戦があったなぁ
失敗したらしいけど



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:41:40.05 ID:qjZ56uSu0

>>176
ソ連の対戦車犬か
訓練を味方の戦車を使ってやったのが問題で、実戦で放った時も味方の戦車の下に潜り込んでしまったとか
もっとも欧州東部戦線の話なんだけどね

ちなみに脱線ついでに
第二次世界大戦開戦以前、日本は結構な量の武器をソ連に輸出していた
巡り巡って日本製の武器がなんと冬戦争でも使用されてフィンランド軍にも鹵獲されて使用されたとか
しかも評判が良くて、重砲は尾栓が馬鹿になってもハンマーで叩いて射撃できたり
三八式歩兵銃がよく当たると人気だったとか
ひょっとするとかの「白い死神」シモ・ヘイヘが三八式歩兵銃で戦う、なんてことが起こり得たわけだ



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:44:20.91 ID:qjZ56uSu0

トリビアの泉で紹介されて有名になった「ビールの泡はビールかどうか」裁判
実はアレは戦時中の出来事
しかも判決が出たのは終戦も近い1944年10月
もはやビールどころじゃない



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 10:44:26.18 ID:owWMm3eu0

qjZ56uSu0 なんかやけに詳しいな このスレに来てくれてありがとう


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:49:47.96 ID:qjZ56uSu0

>>186
こういうの趣味なんでね


真珠湾攻撃が成功してその発表が全国で大々的に行われた
もちろんラジオニュースでもよく流れた
ところがそのBGMに「聞こえがいいから」とある音楽を使用したら後日政府からとんでもなく怒られた
使った曲は「星条旗よ永遠なれ」



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 10:51:59.74 ID:owWMm3eu0

>>187なんだよそれ選曲したやつ勇者だなwwwww


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:53:16.29 ID:ll9O9IlxO

>>187
糞ワラタ


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:56:49.26 ID:qjZ56uSu0

ジョージ・ブッシュ Sr.
東西冷戦を終結させた一人として有名なアメリカ大統領だが、大戦中戦闘機で撃墜されて味方潜水艦に救助されている
だがもしこの時少しでも風の向きが違えば父島に降下していただろう、と本人が語った
ひょっとしたら風の向きで20世紀の歴史は大きく変わっていたのかもしれない・・・


>>188
ここは右翼が街宣車で「インターナショナル」を流す国だぜ・・・


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 10:57:49.66 ID:Hqx6KeEeO

大戦末期のアメリカは財政破綻寸前だった
一方イギリスはレンドリースの支払いをつい最近までやってた



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/11/25(木) 11:00:52.48 ID:cK9OylRG0

一方のドイツも戦後賠償をつい最近返し終えた


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:05:37.67 ID:qjZ56uSu0

正確には終戦後の話だけど一応

マッカーサーが厚木に降り立った1945年8月28日の事
日本側の関係者と話していた将校の軍団から一人取材陣の方へ向かってきた米兵
記者たちに「羽左右衛門(当時の人気歌舞伎役者)は元気か?」と聞いた
しかも綺麗な日本語で
戦時下でも敵国の文化に目を向ける・・・なかなか出来ることじゃない
ちなみにこの人のちにマッカーサーの通訳兼秘書になったバワーズ少佐だとか





196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 11:10:04.95 ID:owWMm3eu0

>>195天候ひとつでだいぶ違うんだな


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:18:44.50 ID:qjZ56uSu0

1945年、四式戦闘機疾風に乗った脇森中尉という方が飛行中に酸素切れで意識を喪失
そのまま燃料切れまで飛び続けて気がついたら女医さんの家のベットで寝ていたとか
自然と千葉の田んぼに不時着していたらしい



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 11:21:10.03 ID:owWMm3eu0

>>199なにそれこわい 戦闘機には燃料切れになっても無事着陸できるような機能が備わってんの?


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:22:43.82 ID:qjZ56uSu0

激戦地で有名なペリリュー島やグアム島だが、なんと現地の慰安婦方まで戦闘に参加していたらしい
しかも強制ではなく自ら
どうやら恋仲になった兵が玉砕命令を受けたのを知って一緒にいようと腹をくくって一緒に戦ったとか
ちなみに無事に二人とも生還したそうだ

>>200
もちろん無いけど、四式戦闘機は日本でも珍しい頑丈な機体だったんだ
それで助かったのだろうと本人が書いてた





205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 11:27:38.76 ID:owWMm3eu0

>>202恋仲って・・・・そっちの筋の人だったのか


211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/11/25(木) 11:35:36.54 ID:cK9OylRG0

>>202に関連して、現地の人は日本軍と一緒に戦うことを声高に主張したが
貴様ら土人と帝国軍を一緒にするなと決して戦わせようとしなかった。
もちろん生かすため。



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 11:36:31.01 ID:owWMm3eu0

>>211なにそれかっこいい


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:27:29.93 ID:qjZ56uSu0

日本軍の捕虜収容所で足りない食料をなんとか工夫して食料をたらそうと
収容所長がごぼうを料理して出していた
ところが戦後「木の根っこを食べさせた、捕虜虐待だ」として戦犯で裁かれた
しかも実刑30年

逆に捕虜収容所で配食のおばちゃんと仲良くなって結構いい物食べて日本食好きになった某少佐もいる



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:28:03.65 ID:sivsO24DO

北海道留萌近辺の廃坑に今でも武器弾薬が隠されてるらしい。
化学兵器があるらしく、事情を名乗り出たじっちゃんの記憶があやふやなのと、廃坑が多すぎて特定は出来んらしい。


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:32:46.29 ID:qjZ56uSu0

さっきも誰かが出してた「大空のサムライ」だけどこんな話が

エースパイロットして有名な坂井三郎氏はなんと米軍基地の真上で二機の僚機を引き連れて三連続宙返りを披露した
これには驚いた米軍も対空砲火のような野暮な真似はせずに無事帰還
しかも後日別の基地に手紙が投下され
「今度来るときはマフラー付けてくれ、間違わないようにするから。楽しみにしてる」
とか書かれてたとか
もちろんその手紙でバレて上から相当絞られたとか


パイロット関係は面白いエピソードが多い

>>206
結構な量の兵器や武装が今だ行方不明らしいねぇ・・・


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:36:42.68 ID:qjZ56uSu0

映画「プライベートライアン」冒頭でも描かれているが、銃弾が頭に命中してもヘルメットの中を一周して助かったというのは結構あったらしい
特に日本軍と米軍のヘルメットが適していたらしく、101空挺のアノ人とかガ島のアノ人とか結構例が多い



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:42:30.36 ID:qjZ56uSu0

秋月型駆逐艦、ネームシップ「秋月」
1944年のエンガノ沖海戦で沈没したのだが、その原因が
「自らの高射砲弾の破片が魚雷管に命中したため」という説がある



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 11:43:56.27 ID:owWMm3eu0

魚雷wwwwwどんだけ迷惑かけてんだwwwwwwwww


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:45:07.41 ID:zTJwfKwW0

新しい死亡フラグ 魚雷


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]:2010/11/25(木) 11:46:15.22 ID:owWMm3eu0

俺これからは魚雷に気を付けながら生きていくよ・・・


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:48:42.44 ID:qjZ56uSu0

1942年に英領から日本に占領されたシンガポール
ここにあったラッフルズ博物館・植物園という施設があるのだが、ここももちろん日本が管理することになった
だが、なんと数名の英国人が運営スタッフとして残ったのだ
しかも捕虜の身分でありながら市内の行動も自由で自動車も問題なく使用していたらしい



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:48:46.36 ID:pDED0+8F0

どうも映画やドラマなんかだと、大日本帝国陸軍は突撃しては返り討ちに遭うような描写が目立つが、
日本陸軍の本来の一般的な戦闘方法は、後方からの支援射撃を受けつつ徐々に肉薄、一斉射撃をした後に支援を受けながら突撃する、
というもので、どこの国でも行われていた戦術だった(ちなみに現代でも)。

よく言われる「万歳突撃」は、自決の手段であって戦術ではない



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:52:55.43 ID:qjZ56uSu0

パールハーバーでは真珠湾攻撃で沈んだ艦艇からいまだに油が漏れている

>>225
しかし戦車がいると攻撃手段が肉薄ばっかりだから・・・


229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:57:36.33 ID:qjZ56uSu0

キスカ島からの撤退時、撃墜された連合軍パイロットの埋葬箇所に撃墜された日時やその状況を英語で書いた立て札を立てておいた
上陸してくる米軍が判別出来るようにである




232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:02:34.48 ID:pDED0+8F0

>>228
機械化が遅れてたからなぁ……

しかも戦線の拡大が予想以上だったから、対戦車装備が殆ど配備できなかったし


>>229
確か、ただ撤退するのも癪だからってんで、倉庫に英語で「伝染病患者 隔離施設」とか書いて
上陸してきた連合軍が一時パニックになった、って話もなかったっけ?www



>>232
病院の屋根に「ペスト注意!」って書いといたら偵察機が来て撤退してったてのもあるぞ


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:09:31.75 ID:pDED0+8F0

>>235
そうだそうだ、「ペスト感染者隔離施設」とか書いたんだったなwwww

何でも、日本人以上に欧米人は「ペスト」って言葉に敏感らしいな


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 11:59:30.93 ID:pDED0+8F0

開戦前、昭和天皇に鋭く問い詰められた人って誰だっけ?

昭和天皇「すぐに決着がつくという根拠は何か。支那事変も数ヶ月で収拾できると申したが、未だにできていないではないか」

?「支那は国土が広く、思ったよりも事態が長期化し……」

昭和天皇「支那は広いと言うが、太平洋はもっと広いぞ。絶対に勝てるという根拠があるのか」


みたいなやり取りで





238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:10:36.62 ID:5Akul4Us0

>>230
杉山元だったかな



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:00:30.37 ID:qjZ56uSu0

太平洋戦争一の悲惨な戦場とも言われるインパール作戦だが
日本兵は地面に耳を当てて寝、僅かな振動で戦車の接近を感知して生き延びたらしい



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:03:27.01 ID:pDED0+8F0

>>231
同じことを長年やっていた小野田さんは、それで鼓膜を蟻に食い破られたとか……

想像するだけで鳥肌が立つわ



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:04:20.49 ID:qjZ56uSu0

さっきからちょくちょくネタになる米軍潜水艦だが、潜水艦なのにこともあろうか沿岸砲台に沈められた艦がある
1944年5月松輪島沖で船を三隻沈めた米潜水艦「へリング」
浮上してるとこを沿岸砲台に見つかり、砲撃を受け命中、撃沈
潜水艦なのに・・・



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:06:28.92 ID:qjZ56uSu0

1941年7月発行の実戦手引書21-100『合衆国歩兵操典』より

各歩兵の居住区について

『「居住区準備、テントを左(あるいは右)へ」の命令と共に副官は嚮導の右につく。
  嚮導は前の隊列の右側の兵の右につく。(中略)
  小隊長の指示に従い、奇数番の者は銃剣を抜きそれを左足かかとの外側、甲近く
  の地面に突き刺す。
  これをテント前面のポールの位置とする。(中略)
  「テント張れ」の命令で各員は、右足を大きく右斜め前へ一歩踏み出す。
  奇数番の者は後方のガイピンを、後方三角ピンからテントピンの長さで2.5個分離れた
  所に打ち込む。
  通常、テントは敵に発見されない位置に設営し、戦闘中はこの原則に従うが、テントの
  整列は必ずしも要求しない』

テント張るだけでこれだよ・・・







237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:10:27.94 ID:qjZ56uSu0

戦争末期、アメリカのSF雑誌「Astounding Stories」に一編の未来戦記が投稿された
その内容は「原子爆弾」
当時国家機密であったはずの原爆を題材にしたSFが書かれていたのだ
しかもかなり正確に
これに驚いたFBIは作者と編集長の自宅、及び編集部を家宅捜索したとか



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/11/25(木) 12:14:51.81 ID:qjZ56uSu0

実は戦中米軍も特攻を推奨していたとか

「コリン大尉以下10名の搭乗せるB-17は、圧倒的な日本空軍の攻撃を 排除しつつ、ビガンの敵上陸地点を襲った。
(中略)
敵艦載機数十の包囲攻撃を受け、故障を生じたコリン大尉は、B-17をそのまま降下させて、ハルナに体当たりを敢行しこれを撃沈せしめた。
コリン大尉の勇戦こそは全軍の範とすべきである」

というプロパガンダが流れたとか
もちろんどっちの戦艦もアメリカがでっち上げたものでいわゆる「大本営発表」であった




以下 ニュー速VIPサーバー移転のためスレ落ち





知っておきたい大東亜戦争豆知識(後編)









 ランダム記事 
 週間人気記事 
 新着記事 
知っておきたい大東亜戦争豆知識(前編)へのコメント
コメントの投稿




 AAが崩れず投稿できます 
 名前欄は空白でも投稿できます 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイトについて

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (完全受注限定生産版) 「限定契約BOX」 特典 生フィルムコマ&特製カスタムテーマセット付き


コメントありがとうございます
励みになります
はてなブックマークも合わせて
していただけると幸いです


このブログについて



この日記のはてなブックマーク数
QRコード
QR
リンク

このブログをリンクに追加する

Thanks!
プラグイン


あわせて

フィードメーター - 考じるパン速報
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。